韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ51話+52話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 51話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 52話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく51話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ51話

今ならあなたの気持ちがわかるわとドルモクを抱きしめるソジュ。

「悪いのは特権階級の人間だ」

自分を責めるドルモクに、悪いのは特権階級の人間だと言い寄り添うソジュ。

た坊助2

特権階級の人間を懲らしめるため、Jとして活動していた気持ちが少しは伝わった?
ソジュも協力してくれたら心強いけど、彼女を危険な目にあわせたくないからやっぱり巻き込みたくないよね。

「もしも俺に何かあったら、引き出しにある通帳を渡してくれ。」

パンスから連絡があったソンシクは、何かあったのかと焦ってドルモクたちに報告。

スポンサーリンク

父が工具箱を持ってどこかに出かけたと聞き、何かしでかす気だと焦る。

自分のせいでチャンギを死に追いやってしまい責任を感じるパンスは、せめてジュンテを殺して自分も死のうとハンマーを握りしめ家から出てくるジュンテを狙う。

ギリギリのところでドルモクがやってきてパンスを引き留める。

自分を責めるパンスに「俺を育ててくれたのは父さんだ。せめて父さんは俺の傍に居てくれよ。」とドルモクは本音を語る。

「可哀想に、一人でずっと抱え込んで生きてきて・・・。」

ドルモクは父を抱きしめ気持ちを伝える。

た坊助2

ドルモクは父の死について知ってショックを受けていましたが、パンスが自分を育ててくれた命の恩人だと言う事は理解していますし感謝しています。
チャンギの事を言わなければ・・・とパンスは相変わらず自分を責めていますが、仕方なかったとドルモクは理解してくれたと思います。
家族三人の絆が壊れたらどうしようと焦りましたが、ひとまず大丈夫そう。

ジュニの裏切りを疑うジュンテは彼を試し、わざとニセ情報を与える。

ドルモクとつながっていると疑っていたジュンテだったが、自分の勘違いだったのかと考えを改める。

た坊助2

危うく繋がりがバレそうになりましたが、結果的にバレずにすみました。
でもそれとは別に、ソンジンがスパイとして潜入している事はジュンテにバレてしまいました。

キム・チャンギ名義でジュンテ宛に速達で荷物が届く。

中には音声テープが入っており、「私を追い詰めるつもりか・・・」とドルモクがこれを送り付けてきたのだと勘違いするジュンテ。

彼を抹殺しようと考えたジュンテはチェ室長を呼びだし、株を取引条件にドルモクを抹殺しろと指示する。

ドルモクを呼びだしたチェ室長は、「一度裏切られた奴を信じても無駄だ。」と説得し、協力してジュンテを捕らえようと持ち掛ける。

防弾チョッキの中に血のりを仕込み、拳銃を携帯して山奥へ向かっていくドルモク。

チェ室長から連絡を受けたジュンテも、拳銃を持ってその場所へ向かう。

ドルモクから連絡を受けたジュニも捜査官を引き連れて現場へ向かう。

ついでに、ドルモクを尾行していたソジュも現場へ向かう。笑
(危ないから帰ってくれ~(+_+))

チェ室長に撃たれたドルモクは崖を転がり落ち、今度はジュンテがチェ室長に銃口を向ける。

銃声を聞いたソジュ、ジュニ達が駆けつけ、何事もなかったようにごまかすジュンテと逃げるチェ室長。

た坊助2

ドルモクは何を考えていたのかちょっとわかりません。
ジュンテを捕まえようとしたんだろうけどこれは失敗か?
防弾チョッキ着てたので、多分生きてるとは思うんですが・・・。

一方、ホン会長の名前でメールが届くミエは気が動転。

幽霊が出たわけでもないと冷静になった彼女は、こんな嫌がらせするのはシネに決まってると高をくくる。

スヒョン探しを諦めきれないジョンへは、幼い頃の写真をもとに現在の成長を予測して作るモンタージュを申し込む。

51話の感想

た坊助た坊助

モンタージュ写真の申し込みしてましたが、本当にこういうのあるのかな?
これで現在の顔がわかって、ドルモクがスヒョンだって気づくパターン?
今のところジョンへはドルモクに対して悪い印象を持ってますから。
(会長の遺言執行者になったから)
彼がJだと知って、色々変わってくるんでしょうか。
どちらにせよ、ドルモクの記憶だけではジュンテを追い詰めることは難しい。
ジョンへが持っている数々の証拠(テープとか?)が必要になってきますから、早いうちに仲間にしときたいですね。

恋する泥棒 あらすじ52話

崖を転がり落ちたドルモクを捜索するソジュ達。

ジュニも一緒に捜索しようとするが、「お前は私についてこい」とジュンテに言われて仕方なく現場を離れる。

た坊助2

実行犯はチェ室長、指示したのはジュンテ、とジュニは理解しています。
今すぐドルモクを探したいのに、ジュンテの手先のふりをしなければならないので、ついて帰るしかありませんでした。

一方、ジュニがジュンテの手先だと思い込んでいるソジュは「一体なにを隠しているんですか?」と詰め寄るが、彼女を危険な目にあわせないよう何も話さないジュニ。

ジュンテは検事総長に就任し、さっそく事件について記者会見で説明する。

スポンサーリンク

ドルモクを撃ったのはチェ室長で、チョンムングループ内の私的な怨恨だと記者たちに話す。

「チャン弁護士の無事を祈ります。」と白々しくコメントし、チェ室長に関しては指名手配される。

た坊助2

よく平気な顔で嘘つけるよなこの男。
殺そうとしたのお前だろ。
チェ室長にドルモクを殺させて、それが済むと今度はチェ室長を抹殺しようとし、銃口を向けた瞬間にソジュが来てしまったのでごまかしましたが。
よくこんな顔でみんなの前に出られるな。

山の中でドルモクと思われる遺体が発見されるが、損傷がひどく顔を確認できないほどだった。

腕と脇腹の銃の痕を確認したソジュは、間違いなくドルモクだと絶望する。

た坊助泣

骨格をもとに顔を映し出してたけど、本当にこんなことできるのかな?
ばっちりドルモクだったけど、本当に死んじゃったの?
いや、きっと生きてるよね・・・?

ドルモクの遺体が発見された報告を受け、あの時強く引き留めていればと後悔するジュニ。

ジュンテに対してすさまじい憎悪を抱き、今すぐにでも殺してやりたいと思うが、確実に奴を仕留めるため、手下のふりを続けチャンスを伺う。

一方、息子を失ったパンスは生きる気力を無くし、「あいつが死んだ気がしない。いつか帰ってくる気がする」と棺桶に入れることを拒む。

「このままじゃドルモクが可哀想だわ」

彼を息子の様に思ってきたジョンヒも、「私だって悔しい」とパンスを励ましながら大泣きする。

モンタージュを作成したジョンへは、どこかで見たことある顔だなと思い携帯を開く。

ドルモクの顔にそっくりだと気づいた彼女は、現在の写真を提出し本人かどうか確認する。

た坊助2

このモンタージュ写真が絶妙に似てないように感じるんですが・・・。笑
似てると言えば似てるけど。

検事総長になった夫に「一時休戦しましょう」と取引を持ち掛けるシネ。

離婚をしない代わりに、ミエについて徹底的に捜査し逮捕することでチョンムンを手に入れようと作戦を練る。

た坊助2

ジュンテとしても、検事総長になった今、離婚などの話題は避けたいところ。
離婚しない代わりにミエを逮捕し、そうすれば自然と後継者はシネになり、ゆくゆくはファヨンに受け継ぐといった作戦です。

ドルモクから荷物が届いたソジュ。

先日試着した後、ドルモクはこっそりドレスの注文をしていた。

お直しされたドレスが送られてきて、ドルモクの事を忘れるどころか余計につらくなってしまうソジュ。

た坊助泣

この状況でドレスが送られてきたらツラすぎる・・・。

シネが離婚しないことを知ったミエは、最近携帯に送られてくる嫌がらせメールもシネの仕業だと思い込み、彼女を引き殺そうとする。

スポンサーリンク

友人と酒を飲んで帰ろうとしたシネは、何者かが(ミエが)運転する車に轢かれそうになったところを、ジョンへに助けてもらう。

た坊助2

ミエは本当に轢き殺すつもりはなかったみたいで、攻撃してやろうと脅しのつもりだったようです。

轢き殺されそうになったシネは、「検事総長になって私の事が邪魔になったの?白々しい演技しないで」とジュンテの犯行を疑う。

実行犯はチェ室長だが、指示したのはジュンテ。

息子を殺されたパンスは「この手で殺してやる」と恨みを募らせるが、「俺が必ず敵を討つから。」とジュニは父をなだめる。

52話の感想

た坊助た坊助

指名手配になったチェ室長は、独り言で「ニセの銃で撃ったのに死んだのか?」と言っていましたから、きっとドルモクは死んでないと思うんです。
てか、死なれたら困るんです・・・。
これもドルモクの作戦なんだと思いたい・・・。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←49~50話     53~54話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆