韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ
105~106話

貴婦人

今回の韓国ドラマはこちら!
貴婦人
さっそく105~106話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それではさっそく、貴婦人・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ105~106話

ジョンミンとユヌの遺伝子検査の結果を見るソンジュ。
ジョンミンの仕業だという。
まさか、と言うミナ。

ヨンミンはジョンミンに、ソン社長の病院に行けと言う。
そんな感情に浸っている間に、ホームショッピングの売り上げが落ちたらどうなるのか、
社長は社員を守る必要があると言うジョンミン。

ソンジュはジョンミンに会おうと電話するが、台湾に向かう途中だという。
ホームショッピングの件ならミョンガに相談するべきではと言うが、
なぜミョンガの許可を得なければならないのかと言うジョンミン。

ソン社長の病院に行くが、門前払いされるヨンミンとシネ。
チヌクにソン社長の会社を助ける方法はないかと聞く。

ペク代表はミナに、ジョンミンは台湾にホームショッピングの件で行ったと言う。
対策を準備しないといけないのではないかと言うペク代表。

シンジュンは初月給を貰うから、ヨンミンとシネに夕食をおごると言う。
母親に高麗人参をプレゼントすると言う。
シネはミョンスンが今でも事故の後遺症があるから、高麗人参を買うと言う。
シンジュンはジョンシムとソッキョンも呼び出す。
ジョンシムはヨンミンがいるのを見て、外に出る。
私はどうしてもミョンスンのいる家にシネを送れないと言う。
僕は今日帰りますから、シンジュン兄さん達と一緒に食事して下さいと言うヨンミン。
ご飯は食べて行かないと、と言うジョンシム。

自分が情けない、と言うヨンミン。
シネは、ミル化粧品が直接ソン社長の会社を引き受けることはできないかと言う。
チョン博士の研究中の化粧品が開発されたら量も増えるからと言う。

ソンジュはペク代表の母を訪ねて、ジョンミンの態度が度を過ぎると言う。
ジョンミンが代表になって売り上げを上げているのに、防ぐ理由がないと言う。

ソンジュはミナに、ファヨンと手を組んだ理由を聞く。
ファヨンの子供がペク代表の子供だという。

ローヤル百貨店の社長がジョンミンに、契約を保留しようと言う。
ソンジュの仕業だった。

ヨンミンは、ソン社長の会社を引き受けると言う。
手続きを教えてくれとチヌクに言う。

ギョンジャがユヌの病院に行くと、ペク代表と母親に会う。
ジョンミンの母親が何の用かと言う。

ファヨンはミナに電話して、自分を探すなと言う。
もうすぐ私達は離婚すると言うミナ。
ファヨンとミナが電話するのを聞くペク代表。
誰が勝手に離婚するのかと言う。

ジョンミンはソンジュに、百貨店からミル化粧品は撤収すると言う。

ペク代表はギョンジャに、もう病院には来ないで欲しいと言う。

ジョンミンはローヤル百貨店のソン社長に、
ミル化粧品を独占でローヤル百貨店に入店する提案をする。
正確な判断をされることを願いますと言う。

ギョンジャがユヌの病院でペク代表の母と会ったことを聞く。
ジョンミンはギョンジャに、田舎に帰って欲しいと言う。

ミョンスンはシネに、高麗人参を取りに来させる。
こんな物を持ってきて、この家に帰ってこようと思っているのかと言う。
他の意図はありません、体のことを考えてお召し上がりくださいと言うシネ。

離婚は絶対だめだというソンジュに、今すぐではないが離婚すると言うミナ。

ヨンミンはジョンミンに、ミョンガ百貨店からミル化粧品を撤収するなんて、
何を考えているのかと言う。
ソン社長のイアン会社の引き取りなんて、
社長の許可も得ずに何をしているのかと言うジョンミン。

ミナはユヌが退院したら一緒に実家に行くと言う。
離婚の準備でもするのかと言うペク代表。
離婚するにしても、僕の思う通りにすると言う。
それまでデヨンの嫁としての役割をきちんと行えと言う。

ジョンミンはミョンスンの家に来て、約束どおり母を連れて出て行くと言う。
部屋に上がるとギョンジャはいない。
ジョンシムの家に来ていた。

シネは弁当を持ってソン社長の病院に行くと、社員がシネにたて突く。
ヨンミンが大声を出しそうになるが、我慢して金は返すと言う。
会社の引き受け問題は解決しそうだというヨンミン。
チヌクと一緒に夜勤だというヨンミンに、この弁当をチヌクにと言うシネ。
なぜチヌクのためにそんなに気を使うのかと嫉妬するヨンミン。笑うシネ。
百貨店のミル化粧品売場に行って、職員と一緒に働くというシネ。
百貨店から撤収すると言う噂を聞いているはずだから、不安がっているはずだという。

ジョンミンはソンジュに、これ以上妨害しないで欲しいと警告しに来たと言う。
やってはいけないことをされましたね、と言う。
いつまで昔のことを根に持ってたて突くのか、
その時私がやったことと今ジョンミンがやっていることは、何が違うのかと言うソンジュ。
今になって認めるのですか?
ミョンガが落ちていくのを見物しますと言うジョンミン。

ペク代表はジョンミンを事務所に呼ぶ。
ミョンガはまだ私の妻の実家だということを忘れないでくださいと言うペク代表。
ユヌの母方の家でもあります。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「貴婦人」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←103~104話     107~108話→

韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ