韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ36話

家族なのにどうして

今回の韓国ドラマはこちら!
家族なのにどうして
さっそく36話をご覧ください
家族なのにどうして・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ36話

傷ついた母が家を出ようと思いつめ、何とかしなければと焦るヨンソルとソ君は、スンボンの元にやってくる。
「こんなの追い出されるも同然。母親同然に接してきたのに、この仕打ちは酷すぎる。」と、訴えかけるヨンソル。

今日は土曜日で、早めに仕事を終えたテジュとガンシム。
「1%の可能性を開くために、今日は家族で初めて食事するんだ。」と、笑顔で帰っていくテジュ。
そんな常務が可愛らしく思えてしまうガンシムは、無意識にニヤけるが、いつものように「ハッ、落ち着けガンシム。」と、我に返る。

喫茶店で待ち合わせした兄妹三人は、生前贈与の話でもちきりになる。
話しが盛り上がる中、タイミングよくスンボンから電話で呼び出され、「もしかして生前贈与の話しかしら・・・?」と、期待しながら三人そろって帰宅する。

初めての家族での食事を前に、一人で行くのが心細いテジュはウノの元を訪ねる。
変な信頼関係が生まれ始めてるな・・・。笑

今日もスンボンの元を訪ねるウナン。
「休日は子供たちの洗濯や、掃除をしています」と、暗い表情で語るスンボンを「悩みがあるなら美味しい空気を吸いに、今度登山に行きましょう?」と、誘う。
子供たちが帰ってきてしまい、ウナンは「連絡待ってますね。」と、言い残し、笑顔で帰っていく。

スングムに謝罪させようと、ガンジェとガンシムを呼び出したスンボン。
店番を任されたダルボンだが、生前贈与の話だと勘違いする彼は、内容が気になってしまい店番どころではない。
「私も家族の一員だから、どうなったか気になっちゃって・・・。」と、ヒョジンまでも登場し、二人で玄関前に並び、耳を澄ませる。

「スングムに心から感謝したことはあるのか? わが子の様に世話してくれたと言うのに。。」と、謝罪するよう強要するスンボン。
一方的に決めつけ、謝罪しろと強要する父に苛立つガンシムは「帰ってきてまず謝罪したわ。」と、反論。
和解するために集合したはずが、結局言い合いにあってしまう。

爆発したスンボンは声を荒げ「家も店も全部おれの物だ! お前らに譲ってたまるか! お前たちも好きに生きろ!」と、罵声を浴びせる。

5億をあてにしていたダルボンは焦り「俺の5億はどうなるの?」と、しょうもない事を父に口走る。
我が子ながら情けない・・・ダルボンにも激怒するスンボンは「お前には50億あっても、どうせすぐに散財して意味がない。」と、激怒する。

まるで魂が抜けてしまったように店でうなだれるスンボンを陰から見ているウタクは、なんと声をかければいいのかわからない。

スポンサーリンク

あきらめ半分のガンジェとガンシムだが、5億への未練が残るダルボン。
「スングムさんが怒っているのは、お金をもらえないから・・・?」と、話すヒョジン。
そこで、3人で5000万ずつ出し合い、スングムに渡してみよう計画を立てる。

さっそく金に目がないヨンソルを呼び出し、説得するガンシム。
初めは機嫌の悪いヨンソルだったが「おばさんにお金を渡そうと思ったのに、ケンカになってしまって心にもない事を言ってしまった。」と、言われた瞬間態度が一変。
全面的に母の説得に協力する姿勢を見せる。笑

思いつめるスンボンを間近で見ていたウタクは、このままだと泥沼になると焦り、ガンシムの事を強引に事務所に招く。
話し合いで解決しようとしたウタクだが「あなたの話は信じない。」と、聞く耳を持たず、早々にガンシムは帰ってしまう。

緊張した面持ちで自宅に帰ってきたテジュ。
初めて4人そろっての食事に、嬉しさがこみ上げる会長。
テジュは緊張のあまり箸が進まないが、三人が見つめる中、頑張って食べ続け一歩前進。
どっちが兄貴かわからない感じですが、そんな変態兄さんの大きな一歩を、笑顔で見つめるウノ。笑

少し反省したスングム。
散々 ”自分が” ”兄さんのため” とわめき続けていたスングムは、やっと兄が一番苦しんでいることに気が付く。
「子供たちは許せないけど、よく考えたら私にも至らない点はある。」と、兄に謝罪する。

妻がスンボン家の土地を狙っていると気づいた医院長は「お前は土地にしか興味がないのか? これ以上相手方に迷惑をかけるな。口を出すな。」と、クギを刺す。
冷え切った関係のヤングムは「全く・・・うるさいわね・・・。」と、反省の色なし。

相続問題を知ったソウルは「5億とお父様のどちらが大切なの?」と、呆れ、クッションで思いっきりダルボンの顔をぶん殴る。

話し合いで解決できないと判断したウタクは「おそらく敗訴しますが、それでも裁判を起こしますか?」と、スンボンの元を訪ねる。
子供たちが憎いわけではなく、あくまでも幸せになって欲しいスンボン。
性格を叩き直すにはこれしかないと、裁判を起こす事を決意する。

2週間後。
ガンシム、ガンジェ、ダルボンの元に、裁判所から封筒が届けられる。
 ”親不孝請求訴訟”
兄妹三人は封筒の中身を確認し「そんな・・・!」と、まさかの内容に驚愕する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「家族なのにどうして」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←35話     37話→

家族なのにどうして あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ