韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ106話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく106話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ106話

グムボクにTS代表になってもらいたいと思いつつも、経験の浅い彼女がなれないことは一番よく分かっているマルジャは、常務のムンヒョクでなくウンシルが会長代理になったと聞き、さすがに彼女は立派だと親友の偉業を喜ぶ。

カン・テジュンを陥れるために手を組んだはずのギョンスに裏切られたチェ会長は、息子よりもあの女を選んだのかと彼を侮辱するが、ギョンスは父親を引きずり下ろした汚い会社の後釜にムンヒョクを就かせたくないと言い返し、手段を選ばない会長に反発する。

テジュンを引きずりおろそうとした時点で息子を失ったとウンシルに言われたミヨンは、否定したくてもその事実は消えず、失った息子を思い酒におぼれる。
哀れな母が心配になったムンヒョクは、彼女を訪ね、あなたを守るためにこんな手を使ったんだという悲しい母の訴えを受け止める。

ウンシルが代表に就くと、今までミヨンとテジュンの間を行ったり来たりしていたペ理事は、腰も低くウンシルにかしづき、自分はテジュン側の人間だということをアピールする。

一日でも早くテジュンを助けだそうとするウンシルは、裏帳簿をねつ造した犯人を捕らえるため、買収された経理部の社員を徹底的に調べるよう指示し、ミヨン親子に対する名誉毀損、損害賠償請求を準備するよう命じる。

ウンシルが代表になったところで照明事故のアリバイ証人を買収しているイエリョンは、彼女から問い詰められても横柄な態度で接し、自白しなさいというウンシルの命令を鼻で笑う。
イエリョンの犯行を目撃したチェ代理は、ウンシルの説得に応じ、イエリョンの犯行を証言し、目撃者として証言台に立つことを約束する。

悪あがきするイエリョンは、アリバイ証言する社員を呼ぼうとするが、事前に社員を調べ上げていたグムボクは、ミヨンに買収されて証言したという社員の供述をイエリョンに突きつける。

今までのように騒ぎ立てればなんとかなると思っていたイエリョンだが、グムボクはすでに証人申請まで行っており、証拠はすでに検察に届けられていた。
グムボクの相図でイヌが捕まえにくると知ったイエリョンは、会長室を飛び出し、警備を振り切って女性トイレに逃げる。
財産めあてで母との縁を切った彼女は、罰が当たったんだと母に電話をかけ謝るが、隠れているところをグムボクに見つかり引きずり出される。

スポンサーリンク

イエリョンを助けにきたリヒャンは、グムボク親子が何をしようがミヨンに助けてもらえると強がるが、リヒャンたちを軽蔑するギョンスは、今回ばかりはウンシル以外誰もイエリョンを助けられないと警告する。

脱税容疑をでっちあげたチャ会長は、警察の手が及ぶまえに買収した人物を隠し証拠隠滅をはかる。

いっぽう、動かぬ証拠が出揃ったイエリョンは、留置場に入れられ、イヌを呼び出して脅しをきかせるが、ミヨンもあてにはできず、助かる方法が思いつかない。

釈放されたテジュンは、ウンシルが会長代理になったことを喜び、しばらくはサポートするから君の力でやってみろと彼女を応援する。

イエリョンを助けたいリヒャンは、被害者の一人であるイヌにおカネをたたき付け、これで和解してちょうだいと横柄な態度でやってくる。
イエリョンは無罪だと言い張るリヒャンは、そちらの気持ちも分かると都合のいい言い訳で同情を示しおカネで解決しようとするが、娘の罪を軽く考えているリヒャンに、イヌは、殺人未遂の可能性もあると警告し、封筒を叩き返す。

マルジャを説得できなかったリヒャンは、ウンシルに助けを求め、彼女を説得しなさいと脅すが、イエリョンを通報した本人であるウンシルは、テジュンの知人を殺したというチャ会長の証拠音声を持ってくるよう詰め寄る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←105話     107話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ