韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ16話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく16話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ16話

美しくて才能のあるミスンが気にくわないエスクは、近くに警察官がいることを確認しミスンを挑発して暴行事件を起こさせようとするが、エスクおばさんにジェニーが叩かれると思ったボンヒはジェニーに駆け寄り、服のお礼がしたいからと彼女の手を引き連れていく。

母のケンカを目撃したモランはショックを受け、洋裁も下手だし乱暴で恥ずかしいと怒り、エスクに作ってもらったワンピースをハサミで切り刻む。

ジェニーおばさんに好きな物をご馳走してあげると言われたボンヒは、ドンピルおじさんに連れてきてもらったおいしい肉まんの店に案内し、おじさんと来た時は二人分食べたのよと自慢する。
店主のおばさんは、恋人と会っていた美人のミスンを覚えており、彼女にそっくりなボンヒを娘だと勘違いする。

家族が食べる分もちゃんとあるからと言われたボンヒは、安心して肉まんをお腹いっぱい食べ、ジェニーおばさんが持っていたデザイン帳に興味を示す。

きれいな洋服の絵を見てボンヒが大喜びしたので、ミスンはデザイン帳を彼女にプレゼントし困ったときはいつでも連絡するようにと、自分の電話番号を書いて渡す。

昨日雇ってもらった食堂にやってきたボンソンだが、酔っ払いもかわせないような彼女は用なしで、追い返されてしまい、よりによってクラスで意地悪していたブサイクな同級生に見られてしまう。
もう学校に行けなくなってしまったボンソンの脳裏に、昨夜誘われた釜山行きの夢が浮かんでくる。

食料のための衣装をすべて売ってしまったジョンレは、着替える物がなく、同じ服をずっと着ていた。
エスクから屈辱を受けた彼女は、せめて着ている物を清潔に保とうと、洗濯する間、ギョンジャの穴のあいたボロボロの服を貸してほしいと頼む。
ボンヒを送ってきたミスンは、ギョンジャ姉さんにも肉まんを差し入れ、密輸品を扱って商売したいという彼女に、安全な手芸店を始めてはどうかと提案する。

ジョンレと二人で店を始め、元手となるおカネまで援助してくれるというミスンに、ギョンジャは、そこまで親切にするのは、やっぱりジェギュンと深い関係だったのかとミスンをからかう。

仕事を探し回ってくたくたになって帰ってきたボンソンは、食欲もなく縁台に座り込んでしまう。
お姉ちゃんを心配したボンヒは、たらいにいっぱい水をためボンソンの足を洗ってあげる。
優しい妹をみていて、胸がいっぱいになったボンソンは、私がいなくなってもお母さんとボンヒョンをしっかり守ってほしいと頼み、大切な腕時計をボンヒにプレゼントする。

お母さんが作った下手くそなワンピースよりもボンヒが着ていたワンピースのほうが欲しくなったモランは、一人で解放村を訪ね、「おカネをあげるから、その服をちょうだい」とボンヒに頼むが、ジェニーおばさんの手作り服だからと断られると、かんしゃくを起こし、ボンヒが履いていた真っ白な靴を踏んづける。

あたりはすっかり暗くなり、慣れない土地にやってきたモランは、手足のない負傷兵に驚き、ショックを受けてその場に座り込む、その時、道を曲がってきたジープが・・・。

ミスンのせいでモランにまで嫌われたエスクは夫にあたり、意地悪な妻の苦情を聞いていたドンピルは、お前が原因じゃないのかとミスンをかばう。
そこへ、娘のモランがケガをしたと連絡があり、二人は病院に駆けつける。

女優になって稼げば、家族にいっぱいご飯を食べさせ、妹の学費も払えると考えたボンソンは、みんなが寝ている間に枕元に手紙を残し、何も言わずソウル駅に向かう。

スポンサーリンク

時計がないとお姉ちゃんの帰りが遅くなってしまうと心配したボンヒが、約束の6時を指す腕時計の絵をボンソンが眠っている間にマジックで書き、感触のない腕に書かれていた腕時計を見たボンソンは、釜山行きを諦め、やっぱり家族の元へ帰ろうとする。
しかし釜山行きを誘ってくれたおじさんに会ってしまい、断り切れずに汽車に乗ってしまう。

ボンソンを酒場で見かけたチュンシクは、ジョンレを連れて先日面接を受けた酒場にやってくるが、店主の女は、おカネを持ち逃げされ、ボンソンは男と一緒に駆け落ちしたんだとジョンレに怒る。

殺人事件が解決しても警察を疑うジョンレの思いに知ったユン会長は、もう一度署に足を運ぶ。
家出したお姉ちゃんを探してほしいと警察に来たボンヒは、帰りにユン会長に会ってしまい、お父さんを殺したのは会長の仕業なのかと単刀直入に疑問をぶつける。

天に誓って、大切な会社に誓って悪いことはしていないという会長を信じたボンヒは、大人になっておじさんの無実を証明するから、そうしたらジョンヒョンお兄ちゃんに会ってもいいでしょ、と会長にお願いする。

口紅のせいで娘が背丈に見合わない夢を持ったと思ったジョンレは、プレゼントを贈ったジェニーを恨み八つ当たりする。

子供を亡くした苦しみが理解できるミスンは、ジョンレにいじめられても彼女を恨まず理解を示し、手芸用品の仕入れ先と、必要な資金をギョンジャに預ける。

実娘がいなくなり愛人の娘が残ると、恨みはすべてボンヒに向けられ、彼女が持っていたボンソンの腕時計は盗んだ物に違いないとジョンレは、次女を虐める。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←15話     17話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ