韓国ドラマ 被告人 あらすじ22話

被告人

今回の韓国ドラマはこちら!
被告人
さっそく22話をご覧ください
被告人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 被告人 あらすじ22話

ジョンウはハヨンを義母に預かってもらい、記者たちが連日押しかけているのでミノも手出しができない。

ユン・ジス殺しの裁判は再び法廷で争われることとなり、ジョンウがチェ部長に預けていたナイフを受け取ったソ弁護士は法廷に提出し、裁判所内部でさえ安心できないチェ部長は、検査機関に提出する職員に同行する。

ナイフを手に入れる最高のチャンスを得たミノは、科捜研の医師を殺したときと同じ方法でキム・ソクにダンプカーを運転させ、チェ部長が乗っている車を攻撃しようとする。

しかし部長が乗った車の後続トラックは、キム・ソクが追い越そうとしても邪魔立てし、前に進むことができない。

パク・ジョンウとは一蓮托生。
彼に人生をかけたチョルシクは、チャ・ミノの手下キム・ソクが親分殺しの犯人だと気付き、「奴のせいで俺はひどい目に遭ったんだ」と闘志を燃やし、キム・ソクの進路を阻む。

凶器が科捜研に無事到着すると、今度はジュニョクが現場に行き凶器をすり替えようとするが、チェ部長が部屋の前に陣取り手出しができない。

もうどうにも手だてがないと追い詰められたチャ・ミノは、兄を殺したときのミスを父が隠ぺいしていたと気付き、裏金問題の罪はかぶるから助けてほしいと父に泣きつく。

科捜研の結果は白。結局ナイフからはユン・ジス以外のDNAは検出されなかった。

父の見事な手腕に感心したチャ・ミノだが、凶器の証拠まで隠蔽できる父がどうして不正問題程度が解決できないのかと疑問を持ち、解決できないのではなく、父が仕組んだことなのではとの思いが浮かんでくる。

話題の事件にテレビでは特番が組まれ、パク・ジョンウの再審が開かれるかどうかに焦点が当てられる。

弁護人が新たな証拠を提出したが、証拠の採用は難しくユン・ジス殺しに関しては再審は開かれないとの見通し。

テレビを見ていたソンギュは、自分しかジョンウを助けることができないと考えウォラ洞事件の犯人として警察に出頭する。

チャミョングループ側からソノ代表が罪を認めたと聞いていた検事だが、偽ソノは不正会計、横領、背任、すべての罪を否定し、父との約束を破る。

ソンギュはハヨンの誘拐を認め、ユン・ジス殺しに関しては共犯者チャ・ソノの名前を口にする。

偽ソノは、チャミョン病院で亡くなった妹の腹いせだとソンギュの言葉を否定するが、ジョンウを助けるために自分が餌食になれば彼をハヨンの元へ戻せると考えたソンギュは、せめてもの罪滅ぼしだとジョンウに謝る。

防犯カメラを避けるためにパク・ジョンウの隣の部屋を借り、犯行時は誘拐したハヨンを家に軟禁した。

スポンサーリンク

ソンギュの供述内容は詳細で裏づけ証拠まであると聞き、ジュニョクは打つ手がないと言ってミノに怒る。

ジョンウが取り調べを受けたときに、ハヨンの声を聞かせ、自白しろと脅したソンギュの声。

そして彼がマンションからハヨンを抱き逃走した監視映像で、ソンギュを犯人に仕立てあげればいいというミノだが、この程度の証拠では役に立たないとジュニョクは難色を示す。

その夜、拘置所の監視員が席を離れると、所員の制服を着たキム・ソクが拘置所内に入り、眠っていたソンギュに薬を嗅がせロープで首を絞める。

熟睡していたジョンウは、騒ぎにあとから気付き、タンカに乗せられたソンギュの力なくこぼれ落ちた手に愕然とする。

イ・ソンギュは自殺と断定され、ジュニョクはウォラ洞殺人事件被疑者自殺として検察見解を記者会見する。

共犯者の存在はソンギュのでまかせ、ハヨンを連れ去った映像を見て追い詰められたソンギュが自殺したと断定し、パク・ジョンウの担当検事だったジュニョクはどう責任を取るのかと詰め寄られる。

ソンギュの自殺でジョンウの再審は即決され、ジョンウを弁護するソ・ウネは、イ・ソンギュの単独犯行だと主張すれば無罪になる可能性が強いと、安易な意見を述べてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「被告人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←21話     23話→

被告人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「被告人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

被告人 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ