韓国ドラマ 被告人 あらすじ12話

被告人

今回の韓国ドラマはこちら!
被告人
さっそく12話をご覧ください
被告人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 被告人 あらすじ12話

偽ソノは、弟を亡くした精神的ショックで記憶を失い、今は治療中だということにして、ジェニファーの疑いをやり過ごそうとする。

ジョンウが犯人にならなければならなかった理由。
事件当日、ハヨン殺しを偽装し自宅に戻ったジョンウは、大量に血の付いたタオルからナイフに血をつけ、自分が妻を殺したように見せかける。

嫉妬に狂った夫を演出するため、幸せだった家族写真を燃やし、たまたまジスがタクシー待ちの男性と写っている写真を不倫証拠として1枚だけ現場に落としておく。

完璧な犯罪証拠を作ったジョンウは、上告したところで疑いを晴らすには何ヶ月もかかり、ハヨンを助けるためには、そんなことをやっていられないと別の方法を模索する。

いつまでたっても遺体捜しを諦めないカン・ジュニョクに業を煮やした次長は、検事総長賞という褒美をチラつかせ、事件を早く集結させろと警告する。

ほとんど口もきかず何を考えているのか分からないジョンウの心を読んだ隠居ミリャンは、格子をチェックするジョンウに「脱獄を考えているんだろ」と声をかけ、刑務所内にいる脱獄のプロを教える。

タバコ好きだという脱獄のプロに接触したジョンウは、タヌキからせしめたタバコを使い彼と交渉するが、防犯カメラでなく監視人がいるこの刑務所からの脱獄は不可能だと言いだし、それでも「すでにお前は答えを知っている」とジョンウの3866と書かれた囚人番号を「3818か、いや24か」とわざと間違えて去っていく。

脱獄方法を見つけたジョンウは、上告を放棄し、死刑場のある刑務所への移送を狙う。

ジェニファーが興信所を使いチャ・ソノを調べると、彼女が執念深い女だと聞いたミノは、探偵を買収してウソの情報をジェニファーに報告させる。

ジェニファーとの関係を調べつくしたミノは、彼女の客室に先回りし、帰ってきたジェニファーを抱きしめ、彼女にキスをする。

兄ソノがジェニファーと別荘で逢瀬を重ねていたと知ったミノは、ホテルを引き払い別荘にジェニファーを連れていく。

ソノに抱かれ翌朝目覚めたジェニファーは、彼の胸に傷痕があったことを思い出し、ソノが着ているガウンを脱がせるが、兄の死体を入念にカメラに収めていたミノは、ソノの胸にあった月形の傷痕も同じように偽装していた。

しかし、ベッドをともにし、傷痕を見せてもまだジェニファーは、ソノが飲まない白ワインで彼を試し、しぶといジェニファーにキレたミノは一撃でジェニファーを撲殺する。

スポンサーリンク

ソノが偽物であることをヨニに伝えようとしていたジェニファーの電話はつながっており、彼女を殺したミノは、殺人のことよりも妻に犯行を知られてしまったことにショックを受ける。

ヨニとは連絡が取れず秘書に妻を捜させたミノは、車道に停車していた彼女の車を見つけ、「お前の聞き間違いだ」と言って自分の犯行を否定する。

バーでお酒を飲み、もうろうと運転していたヨニは人をひいてしまい、妻からそのことを告げられるとミノは「ウンスが待っているぞ」と妻を家に帰らせ、自分はヨニに代わって車で逃走する。

ハヨンの遺体捜しを諦めたジュニョクに、チェ部長は、ジョンウが反対の立場だったら絶対に諦めないぞと失望し、すっかりカン検事を飼いならした次長は、チャ代表のひき逃げ事故を彼に担当させる。

パク・ジョンウが上告を諦めたと知ったミノは、ジュニョクに勾留してほしいと頼み、ジョンウのいる刑務所に護送される。

刑務所といってもチャ代表は特別待遇を受け、特別室を用意しているという刑務所長に、パク・ジョンウと同じ房にしてほしいと頼む。

ジスを殺した犯人、彼の顔を思い出そうと必死で記憶をたどっていたジョンウは、バックライトに照らされたチャ・ミノの顔をやっと思い出し、その時、新入りだと紹介された未決囚チャ・ミノが同房にやってくる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「被告人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←11話     13話→

被告人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「被告人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

被告人 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ