韓国ドラマ 被告人 あらすじ6話

韓国ドラマ 被告人 あらすじ6話

被告人

今回の韓国ドラマはこちら!
被告人
さっそく6話をご覧ください
被告人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 被告人 あらすじ6話

ジョンウは現場検証の日に、初めて記憶を失い1カ月後また記憶を失った。
そして一審当日3回目の記憶喪失となり、先日の12月31日が4回目の記憶喪失となる。

都合よく記憶を失うジョンウをジュニョクは演技だと疑い、最後に記憶を失った前日にジョンウから、「俺がやった」と自白を聞い彼は、あの証言こそ真実だと確信する。

裁判で連戦連勝のジョンウだからこそ、巧妙に何かを考えているんだとジュニョクは勘ぐるが、すべてを単純に考えるソ・ウネは、ジョンウが記憶を失ったところで彼が得するものは何もないと言い返す。

「勝ちたいのなら依頼人を疑え」と、かつてパク・ジョンウともめたときに、彼から浴びせられた言葉を思い出したウネは、カン検事の言うとおりパク・ジョンウは演技しているのだろうかと考えてみるが・・・。

ジョンウとジュニョクが晴れて検事になった祝いの酒席で、二人ともが好きだった女性ジスのちょっとした冗談。

コップのお酒を飲み干した人が私と結婚できるというたわいもないゲームに、ほんの一瞬出遅れたジュニョクは一生後悔することになる。

控訴放棄すると言っていたジョンウが心変わりし、彼が何か思い出したのではと気が気でないチャ・ミノ。

殺人事件は通常上告審までいくものだと長官に言われ、気持ちを落ち着けようとするが、デスクに置かれていた一通の封筒にチャ・ミノが先端恐怖症であるとの診断書が入っており、送り主はジョンウの手先なのかとの不安は拭えない。

怪しい男の姿を見かけたミノは、彼のあとを追いかけ非常階段を駆け下りるが、ロビーで男を仕留めようとしたときに、父が来社し、一瞬目をそらした隙に男は姿を消す。

「捜査に行き詰まったら揺さぶりをかけるんだ。」
ジョンウにチャ・ミノが先端恐怖症だと報告した彼の部下コ・ドンウンは、誰にも知られず一人、今回の事件を捜査していた。

懲罰房から出してくれたら床に書いてあることを教えてやると言われたジョンウは、義弟のユン・デスと接触し、ハヨンを埋めた場所を思い出したと言って取引をする。

懲罰房から出してもらったチョルシクは懲罰房に書かれてあった“呼び鈴”という単語一つだけ教え、他のものはまた別の条件と交換だと言って出し惜しみする。

学生のころ、兄に剣で突かれ、もう少しで角膜損傷していたというミノの恐怖体験も、双子を差別し育てた父への復讐心をみなぎらせ、ミノは先端恐怖症を克服しようとする。

スポンサーリンク

ジョンウから選任届をもらえず悩んでいたウネは、面会要請する度ジョンウが会ってくれるのは彼が救いを求めてるはずだと察し、「役不足でも手足になる人間が必要でしょ」とプライドの高いジョンウを説得して彼の弁護人となる。

目を閉じれば優しいジスの微笑みが浮かび、誕生日のあの夜のことを何度も思い返すジョンウ。
「明日の朝6時に起こしてくれ」とジスに頼み、彼女のお休みのキスを額に受けたあと、まどろんだ意識の奥で確かに聞いた玄関ドアのチャイムの音。

シン・チョルシクが言っていた“呼び鈴”の謎が解けたジョンウは、あの夜 遅くに来訪者がいたことを思い出す。

ジョンウは直接ジュニョクに知らせようと接見を要請し、会いたいと言われたジュニョクは刑務所ではなくジョンウを検察に呼び、次の機会はいつになるか分からないと言って、ジョンウの手錠を外して、彼のために用意した新鮮な刺し身と酒を勧める。

捜査資料に載っていない来訪者の存在を知らされたジュニョクは、自分が調べるからとジョンウに約束するが・・・。

ジョンウが眠ったあと、ジスは、本を読んで起きていた。
12時45分という深夜に鳴った呼び鈴に、インターホンの映像をチェックした彼女は、意外な人物に安心して扉を開ける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「被告人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←5話     7話→

被告人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「被告人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

被告人 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ