韓国ドラマ・エンジェルアイズ・あらすじ10話

エンジェルアイズ

今回の韓国ドラマはこちら!
エンジェルアイズ
さっそく10話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、エンジェルアイズ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・エンジェルアイズ・あらすじ10話

仲良く料理を作った二人は、ドンジュが揚げた揚げ物を食べ笑顔がこぼれる。

最近いろんな人に呼ばれるミンス。今日はジウンから呼び出された。
スワンとドンジュの事について相談を受けるミンス。
ずっとスワンを傍で見てきた友達として、中立の立場を崩さない。

食事が終わったスワンとドンジュは、彼が洗い物を率先して行う。
その隙に、彼の部屋を物色するスワンは、引き出しの中から昔の二人の写真と、自分あてに送られて返送されてきた手紙を大量に発見する。
スワン宛てに何度も手紙を書いては、返送されてきた手紙。
「俺だけ恥ずかしいだろ」とその手紙を見せようとしないドンジュだが、意地でも見たいスワン。
そこであることに気づいた。
引っ越す前にも関わらず、何故返送されていたのか?
そして、スワンは手紙を送ろうにも、ドンジュの住所を知らなかった。
アメリカに旅立つ前に置手紙を残したドンジュだったが、それをスワンは見ていなかった。
「ごみと間違って捨てられたのかも」と考える二人ですが、本当はジェボムが処分したんだよな・・・

ジョンファの写真を眺め、昔を思い出しているヨンジ。
ジョンファの事件については、いろんな事が交錯しているようです。
轢き逃げしたのはおそらくヨンジ本人か、彼女の親族。
逃げた車の記憶があったため、生きていられるとまずい。そう考えたヨンジは、ジェボムが病室に来る前に、ジョンファに対して何か薬剤を投与していた。何も知らないジェボムが後からやってきて、ジョンファの口元の機械を外す。からの死亡。という流れなので、ジェボムが何もしていなくても、ジョンファは死んでいたんだと思います。本当にジョンファを殺したのは、ヨンジだったという事ですね。
何も知らないジェボムは、自分が殺してしまったと勘違いし、罪滅ぼしのためドンジュに近づきここまで育ててきた。
何ともいろんな事が複雑に絡み合っています。

食事を済ませたドンジュとスワンは、彼女の事を家まで送っていく。
それを車から眺めていたジウン。今日も一人酒を飲み帰宅する。
すると、部屋には母ヨンジが待ち構えていた。

スワンとの関係が悪化していると察するヨンジは、別れるとこを指示。
結局、自分が殺してしまったジョンファの関係者だから、ジウンと結婚させたくないって気持ちだと思います。
母に突然別れを強要され、戸惑いを隠せないジウンは声を荒げて反論する。
しかし、言う事を聞こうとしないヨンジは、「とにかく別れなさい」と、自分の意志だけ告げて去っていく。

何か企んでいるヨンジは、チェ先生を病院に呼び出す。
ジョンファの事を理由に、ジェボムにゆすりをかけるチェ先生。
ヨンジに相談したジェボムは、この事も話したのでしょう。
チェ先生を呼び出した彼女は、「院長に雇ってくれるようお願いしたそうね」と話す。
誰にも相談するはずないと考えていたチェ先生は、ヨンジの口から意外な言葉を聞き、驚きを隠せない。
ヨンジは何かを条件に、病院で雇うと話を持ちかける。

ミンスに協力してもらい、ジョンファの轢き逃げ事件について調べるウチョル刑事は、捜査が進まずにイライラを隠せない。
「正式に再捜査を依頼しては?」と提案するミンスだが、それを断固拒否するウチョル。
「この事件は昔からきな臭い。誰にもこのことは言うな。」とクギをさす。
轢き逃げ車両は青色だったと証言したドンジュのメモ紙を保存していたウチョル。
しかし、「事故当時はまだ日も昇らぬ早朝で、色の判断は難しく、あてにならない」と話すが、きっとこれが何か手がかりになりそうな予感。

セヨン展望台にテントを張らせてもらい、スワンの事を呼び出したドンジュ。
ちょっとしたケガをしているスワンを見て、「俺の許可なしに死んだりするな」と約束させる。
流星群を眺める二人は、一つの毛布にくるまり、星が流れていくロマンチックな状況の中、またまたキス。
初めのころはどぎまぎしていた二人ですが、すっかり絆は確かなものになっている。
あとは周囲の人間を説得できればいいのですが。。

ウンチャンの子供であるジンモのベビーシッターを正式にすることになったヘジュ。
ジンモも嬉しそうな表情を見せていますが、それ以上に嬉しそうなテディ。
ここのラブラインは最終回を迎えるときにどうなっているのだろうか・・・笑

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ジウンとスワンを結婚させたいジェボム。反対に、結婚させたくないヨンジ。
結婚の話を完全に無かった事にするため、ジェボムとスワン、ヨンジとジウンの四人で食事をし、わざと目の前で「ジウンとは結婚できません」とスワンに言わせるヨンジ。

仕事から帰宅したウンチャンチーム長とテディ。
ウンチャンの嫌な予感は的中した・・・
家に入ると同時に、ジンモとヘジュの騒ぐ声が聞こえる。
仲良く遊んでいるのはいいのだが、部屋の中がぐちゃぐちゃに。
言葉を失うウンチャンだが、テディはそんなヘジュに夢中。
「僕が責任を持って後でかたずけますから」と、一緒に遊び始めてしまった。
おかげであたり一面水だらけ・・・

ジェボムは病院内でチェ先生を見かける。
ヨンジが採用したと知ったジェボムは、理由を聞くために理事長室に向かう。
「ゆすられているんでしょ? ああいう人間は扱いなれている。 近くにおいて監視したほうがいい」と語るヨンジ。

買い物に出かけるスワンとドンジュは今日もラブラブ。
手を繋いで嬉しそうにデパート内を歩き回る。
「プレゼントを買いに来た」という彼に対し、「私にプレゼント?」と、期待するスワンだが、「父の日様にプレゼントを一緒に選んでくれ」と話すドンジュ。
ネクタイを選び、そのまま帰るのかと思えば、ちゃーんとスワンにもカバンをプレゼント。
ラブラブっぷりが加速する二人は、帰り道も手を繋ぎ歩く。

ドンジュがアメリカに発つ前に残した手紙。それを眺めながら、一人部屋で考え事をするジェボム。
胸がいたむ彼は薬をとるために部屋を出た。
タイミングよく帰宅したスワンは、ネクタイを渡すためにジェボムの部屋に入る。
デスクの上に置かれているあの日の手紙を見て、父の事が信じられなくなってしまう。
「二人とも私のかわいい子供だ。傷つかず、幸せに暮らしてほしい。それにはこれが最善の策だと思った」と語るジェボム。

手紙を手に、家を飛び出したスワン。バスに乗り、ドンジュの元に向かう。
手紙には、ジョンファがひき逃げ事故で死んでしまった事、ヘジュの手術が迫っており、スワンの意識が戻る前に旅立たなくてはいけなかった事、住所を書き記すから手紙を書いてくれと、記されていた。
車内で手紙に目を通すスワンは、何も知らずに彼一人に悲しみを背負わせてしまった事に涙を流し、ドンジュの顔を見るなり抱き着き「ごめんね・・・何も知らずに・・・ごめんね・・・」とただ謝り続けた。

その頃ジェボムは、父の日に買ってくれたネクタイに添えられていたドンジュからの手紙を読む。
言葉も出せず、一人部屋で座り込む。

翌朝。
半分家出のような状態で家を飛び出してきたスワンは、ドンジュに諭されて帰宅する。
ジェボムが家に帰ると、スワンが料理を作って待っていた。
「ドンジュといると、幸せだし、幸せになれると思ってる。」目に涙をため、必死に訴えるスワン。

さらに翌日。
心が揺れるジェボムは、花束を持ち、亡き妻ウジョンの墓に訪れた。
その後、ドンジュを呼び出し二人で釣りに出かける。
いつもの湖で魚を待つ二人。魚がかかり、竿を引き上げようとするドンジュに、ジェボムが語りかける。
「スワンを幸せにしてやってくれ・・・」一言残しその場を去っていくジェボムの後姿に、「父さんありがとう~!」と言い続けるドンジュ。
すぐにスワンにも知らせたいドンジュは、彼女の事を呼び出した。
「幸せにするよ。 父さんが許してくれた。」
まさかの一言にスワンは驚き、活動服であることも忘れ抱きしめあう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「エンジェルアイズ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←9話     11話→

エンジェルアイズ・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ