韓国ドラマ ドクターズ あらすじ25話

韓国ドラマ ドクターズ ~恋する気持ち あらすじ25話

ドクターズ~恋する気持ち

今回の韓国ドラマはこちら!
ドクターズ
さっそく25話をご覧ください
ドクターズ ~恋する気持ち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ドクターズ ~恋する気持ち あらすじ25話

懲戒委員会が開かれ、堂々とした態度で正当性を主張するヘジョン。
急いでやるべき手術だった事、その手術中にナ議員に呼ばれたら対応をお願いしますと同僚に頼んでいた事。
ヘジョンを目の敵にするミョンフンは、警告ではなく、処分の中で一番重い解雇を要求する。
が、科全体の責任だと他の委員会執行部メンバーはヘジョンを庇う。

ソウと和解したいミョンフンは、懲戒委員会の合間に娘を呼び出す。
「午後からの話し合いで、この書類を出そうと思う。」
13年前の事を蒸し返し資料にまとめていたミョンフンは、「これは私の恥部よ。もし発表したら死んでやる。」とソウに反対され、資料を明るみにすることができない。
(学生時代に素行が悪かったヘジョン。ジホンと噂になったり、ソウにやけどを負わせた疑惑などをまとめた資料でした。)

ヘジョンだけ処分されるのはおかしいとみんなが口を揃え、当事者の一人でもあるソウも同じ気持ちだった。
(自分だけ父のコネで擁護され、そんな状況にうんざりしていた。)
彼女なりにヘジョンの事を褒め、「あんたの事が羨ましかった」と本音を語るソウ。
いつもヘジョンと自分を比較し、劣等感の塊だったソウは、心境に変化が現れはじめ二人の関係は和解に向かい始めたように見える。

一方、電話に出なかった事で(正確には、病気の兼ね合いで失神しかけていたため記憶が飛んでいるだけ)ヘジョンに迷惑を掛けてしまったガンス。
ギョンジュンからいびられても、迷惑を掛けてしまった悔しさと申し訳なさからなんの反論もできない。

ボカスカ頭を何度も殴られ、ついにはギョンジュン達の前で失神してしまったガンス。
彼の病気に気づけなかった先輩たちは、思い返せば症状の節があったことを思い出し、やるせない気持ちになっていた。

一方、ヘジョンの処分が決定し、「俺の口から告げるよ。」とヘジョンを呼び出したジホン。
停職一か月の処分が下り、解雇は免れた事を告げる。

分院のチヒョンと取引をしたジホンは、ついにマルスンの麻酔記録を入手する。
(具体的にどのような取引だったのかはまだわかりません。)

久しぶりに自宅でゆっくりとした時間を過ごすユンド。
「追い出せないなら、この状況を楽しもうと思う。」
心境に変化が出始めたのもつかの間、自宅の工事が終了したインジュは顔を見せず、叔父パランと二人で酒を飲む。

真実の究明を目的に生きてきたヘジョンは、念願だった麻酔記録をジホンから入手する。
当時まだ一般的ではなかった手術方法で、かつ、ミョンフンが判断を誤ったためにマルスンはテーブルデス(手術中の死亡)になったことがわかる。

「やっと院長からの宿題を終えました。」
停職中のヘジョンは私服でクギル病院へ行き、ミョンフン院長に話しかける。

スポンサーリンク

院長室に案内されたヘジョンは、証拠となる麻酔記録を突きつけ、彼の行動を問い詰める。
「あー、すまなかったな。非は認めてやる。」
ヘジョンの求めていた誠実な謝罪とは程遠く、むしろ時効だからと開き直るミョンフンに怒りを感じるヘジョン。

これで問題が解決すると思っていた矢先、ヘジョンの心に復讐の火がともり、法的手段で訴訟を起こそうと決意する。
自分を犠牲にし復讐に時間を使うヘジョンを止めたいジホン。
しかし、「私の思いを誰も理解してくれない」と言われると何も言い返せず、「思う存分やればいい。」と彼女を止めることができない。

先日のCT画像はガンス自身の物だったとわかり、早急に手術しようと彼を呼び出したジホン。
ガンスを気にかけているのはジホンだけではなく、ユンドも同じように「手術しよう」とガンスを呼び出す。

咎められてもこだわり続けたヘアースタイルに、自らハサミを入れるガンス。
みんなの前では辛い思いを見せず、とにかく明るく振舞い、一人になると涙がこぼれる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ドクターズ ~恋する気持ち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     26話→

ドクターズ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ドクターズ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
ドクターズ~恋する気持ち 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ