韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ36話

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ36話

私はチャンボリ

今回の韓国ドラマはこちら!
私はチャンボリ
さっそく36話をご覧ください
私はチャンボリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ36話

ボリと三人仲睦まじいジェファの写真をジェヒに見せたミンジョンは、検事が結婚もせず女性に子供を産ませていたとなれば仕事上の立場も悪くなるし、ドンフ会長も長男を勘当するだろうとジェヒに知恵を与える。

ミンジョンの企みが読めないジサンは、彼女がジェヒと会うときも盗聴器をしかけ、ミンジョンの動きを徹底的に監視する。

ミンジョンが幸せになる為には、ボリに嘘を突き通すしかないヘオクは、学校にも行かせずこき使って育ててきても自分を宝のように大事にするボリに後ろめたい。

ジェファの婚約者であることを見せつけたいスヨンは、ファヨンの紹介でボリに韓服を頼む。
パク先生の先輩弟子ファヨンがジェファの母親だと知り、感じ悪いスヨンがジェファの婚約者だと言われると、ボリはスヨンの首を無意識にメジャーで締めあげてしまう。

ウンビを育てたという女性の防犯カメラ映像を調べたイナ夫婦は、チラシを持ったヘオクを見つける。
二人にしっぽを掴まれたミンジョンは、「自分でなんとかしなさい。」と母任せに。

自宅軟禁を解かれたたジョンランだったが、兄はネチョンとの交際を許さず、ピザ店内のいたるところに防犯カメラを設置する。
自分の考えが行き過ぎてるのかと会長に意見を求められたユチョンは、「職業を偽り逃げるような男は信じられません。」と火に油を注ぐ。

カン秘書が電話をかけにいってる間に、車道に立っていたドンフは猛スピードで走ってくるバイクにはねられそうになる。
近くを歩いていたネチョンは、身体を張って守り、相手がジョンランの兄だと知ると、正体がバレないように走って逃げる。
命を助けてもらったドンフは、彼が落としていった財布を拾い、持ち主を探すようにユチョンに指示する。
ユチョンは、財布の中にあった自分たち兄弟の写真に、会長を助けたのは兄ネチョンだと気づく。

真剣なのか適当なのか分からないジェファの授業に、落ち着いて勉強などしていられないボリだが、彼から四字熟語入りの宿題を出された彼女は、ラブレターとも知らず罰のキスが嫌で真面目に勉強を。

スポンサーリンク

未婚のボリにピダンを押し付けてしまったヘオクは、イナ夫婦にバレるのが恐ろしく、気持ちが落ち着かない。
そこへ、ヘオクを訪ねてきたイナ夫婦は防犯カメラの証拠を突き付け、ウンビを知ってるなどと卑劣な嘘をついた彼女をゴミ扱いする。
ヘオクを庇ったボリまで同類扱いされ、ピダンの前でゴミと言われたボリは、「子供を傷つけたことを謝ってください。」とイナ夫婦に怒るが、ミンジョンを信じるイナはボリを押しのけ悪態をついて帰っていく。

ピスルチェの庭で染め布を干していたボリをからかったジェファは、青い染料に突っ伏してしまい、「全身が青くて宇宙人みたい。染料は落ちないのよ、これからは宇宙人として生きていくのね。」とボリに笑われる。
同じような光景を体験したことがあるボリは、幼かったジェファが今と同じようにたらいで汚れを落とす映像が蘇り、自分の記憶に混乱する。

ヘオクの電話がいたずらだったと思い込んだイナは、早速ミンジョンを養女に迎える言い出し、スボンまで養女の届けを出す、と言って彼女を受け入れる。
パク先生から母の事を悪く言われたボリは、母は卑劣な人ではないと怒り、「ずうずうしいところがあるのは娘を思う気持ちが強すぎるだけのことです。」と言い返してしまう。

イナ夫婦に誤解され、母の事が不憫になったボリは、ヘオクを食事に誘い美味しい焼き肉を母に食べさせる。
ボリからピスルチェの庭に記憶があると言われたヘオクは、彼女の記憶が戻りつつある事に焦り、適当な嘘でごまかす。

怒りのおさまらないイナ夫婦はジェファに頼み、ヘオクへ法的罰を与えたいと告訴を考える。
ヘオクがウンビの事でイナ夫婦に電話したと聞いたオクスは、ジェファに時間稼ぎを頼み、ピスルチェでジェファと遊んだ記憶があるというボリの話に、オクスは、やはりボリがウンビなのではないかと考えを巡らせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私はチャンボリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←35話     37話→

私はチャンボリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ