韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ78話

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ78話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく78話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ78話

無実を訴えるマンジョンは、ジャンミを愛しているなら手を貸すのは当然だろうとチャドルに強要し、イ家に迷惑をかけたくないという彼に「ガンホの一員だから娘を任せたんだ」と本音を漏らす。
チャドルの義父になると言ってもヨングクから手助けしてもらえないマンジョンは、「捨てられたお前など何の役にもたたん!」とチャドルの胸ぐらを掴み投げ飛ばす。
息子を利用しようとするマンジョンをヨングクは殴りつけ、「ジャンミとの仲は絶対に認めん」と悪あがきするマンジョンを叩き出す。

あんな卑劣な男にチャドルがずっと耐えてきたのかと思うと、自分が育てられなかったことを悔やむヨンファ。
チャドルを養子に出したばかりに辛い経験をさせてしまったピルスンは全て私が蒔いた種だと自分を責める。

マンジョンが自宅に戻ろうとすると、すでに捜査官の車が横付けされ、庭に埋めた金塊はあっさりと見つけ出される。
人生をかけて集めた財産を奪われてなるものかと焦ったマンジョンは、庭に踊り出し、捜査官に取り囲まれる。
パンシルは体をはって息子を逃がすが、道路に走り出たひょうしに倒れ後頭部を打ってしまう。

夫の無実を信じ切っていたグムジャは、庭にあった金塊はどういうことかと義母を責め、意識を取り戻したパンシルは気が狂い「お前らが私の金を盗んだのか!」とグムジャ母娘を家から追い出す。

マンジョンがヨンファの家にまで押しかけチャドルを侮辱したと聞き、驚くシネ。
いくらチョロンの母親でも、あのマンジョンの娘とは結婚させたくないと憤るヨンンファに、シネもマンジョンのせいで二人の仲を反対していると話す。

マンジョンがイ家に頼み事するだけでも理解し難いシネは、ジャンミを呼び出し、父親を何とかしなさいと腹を立て、これだから二人の仲を認められないんだとジャンミに怒る。
「あなたもチョロンの母親なら理解できるでしょ」

どんなに頑張ろうとしても父のせいでチャドルとの仲は認めてもらえず気力をなくすジャンミ。
チャドルは一番苦しんでいるのはジャンミだと彼女を気遣い、今はお義母さんたちのことだけを考えようと彼女を励ます。

正気を失ったパンシルは、金塊の代わりに息子の靴下を金庫にしまい、学校から帰ってくる息子のためにとジャガイモもふかせる。

義母に腹を立てながらも心配になったグムジャは娘たちを連れ自宅に戻るが、パンシルの姿はどこにもなく、暗くなるまで探し回ってもパンシルは見つからなかった。

スポンサーリンク

その頃、パンシルはふかしたジャガイモを持ち、裸足のままバスに乗って幼きマンジョンを育てた故郷に向かっていた。

女性だけでは心細いグムジャはガンテを連れてきてほしいと頼りにし、夫と連絡がつかなかったスリョンは、彼が監督業を辞め倉庫で働いていると聞かされる。
妻や家族を養うために監督を辞めたという彼に「夢を諦めるぐらいなら離婚する」と怒るスリョン。「夫婦とはお互いの夢を応援する存在でしょ」とガンテを説得する。

翌日には家財道具全て赤紙が貼られ自宅も差し押さえの対象だと宣告されるグムジャ。
幸い、警察から連絡があり、保護されたパンシルの居場所が見つかる。

逃亡中のマンジョンは、顔を隠しわびしくカップラーメンをすする。
母が故郷の交番で見つかったと聞くと、自ら母を迎えにいき、正気を失ったみすぼらしい姿の母に驚く。
警察官から母は認知症だと言われ、靴を履いていない足からは痛々しく血が流れていた。

母を連れ帰るため身分証明書の提示を求められマンジョンは素直に応じ、一刻も早く立ち去ろうとするが、挙動不審なマンジョンを怪しみ、彼が指名手配犯と知ると、警察官は緊急出動しマンジョンの車を追いかける。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←77話     79話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ