韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ45話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく45話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ45話

横領容疑で捕まったヨングク会長が私情を挟み支援した事業だからとチャドルとの契約は撤回される。

いわれなき中傷で会社を解雇されたセラ。会長夫人の差し金でチャドルは、以前よりも巨額の借金を抱えることになり、事実を知ったシネはヨンファに抗議しようとイ家に入り込む。

家政婦の隙をついて邸宅に上がりこんだシネ。
「私のような女がご主人と関わり合いになったのは申し訳ない。ヨングクとは今後一切会いません」土下座し子供たちだけは見逃してほしいというシネに夫を呼び捨てされたヨンファは逆上する。
会長夫人に抗議しようとやってきたチャドルは母の哀れな姿を見てしまう。

ヨンファの行き過ぎた行動に娘を心配するピルスン。何をしようが愛想つかされた夫が戻るわけでもなく、人を追い詰めすぎると反撃されるとヨンファを止めるが腹部に痛みの走るヨンファは、母の話など耳に入らず、ベッドに横になる。

ジャンミと親しくしているチャドルが彼女の元夫と知ったシェユンは、積極的に行動しジャンミとの距離を縮めようとする。
しかし、身辺調査までされ、チャドルたちのことは気にしてないとシェユンから正式に交際を申し込まれたジャンミは、返事に困り姉のスリョンに相談する。

娘のチョロンと会い三人でいると幸せを感じるというジャンミの気持ちを理解するスリョンだったが、現実問題あの父がチャドルを許すはずがなく、チョロンやチャドルを守るためには二人が傷つかないようにこれ以上会わないほうがいいとジャンミを心配する。

妹弟たちが馬鹿げた理由でガンホから被害を被り許せないガンテ。しかし、母がガンホ会長夫人に土下座していたと聞き、母の交際相手が既婚者だったのかと憤る。
シネを心配し、パク家にやってきたグムジャは、「あなたたちの母親はそんな人じゃない」とかばい、今までの出来事を説明する。

同級生と再会し食事をしたり自転車に乗ったり。心の中ではヨングクに惹かれつつ彼への気持ちを抑えてきたシネは、どうして、こんなことで子供たちの人生を邪魔されるのか悔しがる。

事情を知ったチャドルは、会長夫人に抗議しようとイ家に行くがヨンファには会ってもらえず、そのまま夜を明かし出勤する彼女の車を引き留める。
「権力を持っているからと金や地位で人を見下すのは醜いことです。もう一度 母を傷つけたら僕が黙っていません」

スポンサーリンク

5000足もの注文をキャンセルされたチャドルは、すぐには工場への支払いができず、工場社長に土下座する。
大企業の横暴に何度も困らされた社長は、チャドルの気持ちがよくわかり「スニーカーを売って残りの代金を支払うんだ」と父のようにチャドルを元気づける。

若いときの苦労は買ってでもしろ。ヒョンギにジュヨン、頼もしいチャドルの部下たちは、在庫のスニーカーを売り、返済にあてようと頑張る。

嫉妬に狂った会長夫人がキム理事と手を組みヨングクに濡れ衣を着せ検察に売った。
ウワサがジェドンの耳に入らないはずがなく、気品ある姉の信じがたい醜態に耳を疑うジェドン。
義兄の経営手腕を見ながら学んだジェドンは、キム理事のような人間と手を組んだ姉を心配し彼にいいように利用されるだけだと訴える。
「会社が第三者の手に渡っていいのか!」

二人を傷つけると分かっていてもチャドルたちのことが頭から離れないジャンミは、正直な気持ちをシェユンに話し交際を断ろうとする。
しかし、一回り以上も年上のシェユンは、「彼らを忘れる努力に協力するよ」と大人な対応をし、ジャンミも彼の気持ちを受け入れる。

若いジャンミと恋愛を楽しみたいシェユンは、カップルに流行りのペア物を買いたいと路上販売していたスニーカーに目をとめる。
シェユンと一緒のところをチャドルに見られたジャンミは、後ろめたく。。

ヨングクは証拠不十分で釈放され、「必ず容疑を晴らし500億の行方も追求します」と報道陣に答える。

ヨングクが釈放されれば今度はヨンファに疑いがかかってしまうと焦ったキム理事はジェドンに助けを求め、隠していた財務理事を海外へ密航させろと指示する。
キム理事の汚さを知っているジェドンは、彼の言いなりにはならずカン理事に連絡をとり義兄ヨングクと接触する。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←44話     46話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ