韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ40話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく40話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ40話

ヨンファが見たこともないような幸せそうな顔でシネを見つめる夫。
ヨングクの浮気相手が若くぴちぴちしたソヨンでなく、みすぼらしいオバサンだと知るとヨンファの怒りは収まらない。
人を信用しない彼女が唯一心を許した相手だけにシネへの憎悪は爆発する。

遊園地のお礼をしようと電話をかけてもジュリお姉ちゃんにつながらないチョロンは、幼稚園を抜けだしバスに乗ってTV局へ向かう。

幼稚園の先生からチョロンが欠席していると言われたチャドルは、家に戻り公園を探し、チョロンの行きそうな所をあちこち探し回るが娘の姿はどこにもない。

パパの引率もなく一人で現れたチョロンに驚いた助監督は、「ジュリお姉ちゃんに会いに来たの」というチョロンのためジャンミに連絡し、チャドルにもチョロンの居場所を伝える。

何も言わず消えてしまったジュリお姉ちゃんにどうしても会いたかったと涙を流すチョロン。
心配して駆けつけたチャドルはチョロンのお尻を叩き言い聞かせようとするが、大人の事情で傷ついたチョロンをジャンミは必死でかばう。

幼いチョロンを置いて家を出てしまったジャンミは、母親に捨てられる恐怖心を植えつけてしまったと後悔し、あのとき自分が逃げてしまったせいでチョロンは心に傷を負ってしまったと苦しむ。

どんなことがあろうとも母子を引き離せないと悟ったチャドルは、母親であることを隠してくれるのならと、チョロンが会いたいとき、ジャンミが会いたいとき、自由に会っていいと彼女を許す。

”既婚者を誘惑し家庭を壊した女”とヨンファからシネの素行の悪さを訴えられたエステサロン店長は「ふしだらな女とは一緒に働けない」とシネをなじる。
顧客のいる前で人に聞こえる大きな声で難癖をつけられたシネは、弁解しようにも野次馬の冷たい視線が突き刺さる。
シェユンから会員権をもらいエステに来ていたグムジャ嫁姑は、修羅場を目撃し、シネが既婚者を寝取ったと誤解する。

醜態をさらし店長に侮辱されても、あの勝ち気なシネが抗議しない姿を見て、不倫に間違いないと思い込んだパンシルは、野次馬根性丸出しでグムジャをパク家へ偵察に行かせる。

スポンサーリンク

幼なじみに会って友達付き合いをしていたら、いつの間にか彼を好きになっていた。
たったそれだけのことなのに、妻のいるヨングクはどういうつもりでシネに近づいてきたのか。
彼のせいで、ふしだらな女とレッテルを貼られたシネは、仕事を失ってしまっいヨングクを憎みつつも、彼に会いたくてたまらない。
シネの幸せを願うグムジャは、どうすることもできず二人でやけ酒を飲む。

久々に、うるさい夫や意地悪な姑のいない所で羽目を外すグムジャは、年とった男と結婚したところで、これからまた家事や身の回りの世話をするのかと、くだを巻く。

母親同士のどんちゃん騒ぎに驚くガンテ夫婦だが、陽気にグムジャは婿殿ガンテをかわいがり、彼におんぶされて家まで送ってもらう。

憎っくきガンテに背負われて帰ってきた妻にキレるマンジョン。
しかしアルコールが入れば別人グムジャは、「うるさい! ペク・マンジョン。私のかわいい婿をいじめるな」と怒鳴りつけ、泡吹く夫を無視しご就寝。

一方、このまま夫の思惑どおり離婚してしまえば不倫相手のシネが大喜びすると考えたヨンファは、二人の関係を知ったことを内緒にし、ジワジワと仕返しを計画する。

別れる日まで、残された時間が少ないと説明するヨンファは、後悔が残らないように妻としての役目を果たしたいと今までできなかった食事の用意や身の回りの世話をしたいと提案する。
「お腹がすいていなくても、少しだけでいいから箸をつけていただけないかしら」とそこまで譲歩されれば断ることのできないヨングクは、家族と食卓を囲み、妻の計画にずるずるはまっていく。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←39話     41話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ