韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ12話

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ12話

青い海の伝説

今回の韓国ドラマはこちら!
青い海の伝説
さっそく12話をご覧ください
青い海の伝説 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ12話

ナム部長の事故を疑ったチヒョンは、彼の通話記録を調べ、事故当日ジュンジェと話していたことを突き止める。

ナム部長が意識不明の重体と知ったジュンジェは病院にかけつけようとするが、朝早くシムチョンが出かけてしまったので、またマ・テヨンに狙われるのではと心配しGPSで彼女を捜し当てると、そこにはホームレスと仲良くお喋りしているシムチョンがいた。

ナム部長のお見舞いにいったジュンジェは父にばったり会ってしまい、長年の空白期間を二人はお互いを傷つけ合い本心をなかなか明かせなかった。

実の息子だからこそ信じているという父の身勝手な言葉に、母との幸せだった生活を奪われたジュンジェは、財産を譲りたいという父に「何も受け継ぎたくない、関わりたくない 顔も見たくない」と怒りの目を向ける。

父は、ジュンジェの思いを言葉どおりに捉え、気持ちを分かってもらえないジュンジェは、子どものときのように殻に閉じこもる。

父のようにシムチョンにも裏切られるかもしれないと思うと、本心を言えないジュンジェは、「今からでも俺を捨ててくれていい」とシムチョンを突き放しベッドに横になる。

“捨ててくれ” は、“捨てないで欲しい”
ジュンジェの気持ちを体で感じたシムチョンは、テレビで見たように彼の熱をぬれタオルで冷やし夜通し看病する。

目覚めれば、いつも一人ぼっちだったジュンジェは、優しい手の温もりで目が覚め、本当はお父さんに探し当ててほしかったんだと今まで誰にも言えなかった苦しさを吐露する。

未成年だった彼が、生活に苦しみながらも高校認定を受け、自力で大学に入ったこと。

たくさん涙を流し、気持ちが落ち着いたジュンジェは、シムチョンに弱音を吐いたことが恥ずかしくなり、ナムドゥやテオたちに話さないでほしいと頼む。

「私は聞いたことをすぐ忘れるから大丈夫、これからも人に言えないことは私が聞いてあげる。」
シムチョンのさばさばとした言葉はジュンジェを安心させ、感情のままにシムチョンを抱きしめたジュンジェは、「これも忘れろ」と彼女にキスをする。

工事現場からキム・タムリョンの屋敷跡が見つかり、シアはキム・タムリョンに興味があるジュンジェに真っ先に知らせる。

命日となるXデーまであと19日。

キム・タムリョン本人は、自分の存在をどうすれば夢の中の男が信じるのかと考え、肖像画にしたためたメッセージを木箱に収め、都にいる母に預ける。

標的アン・ジンジュに近づくためナムドゥは、彼女の行きつけのペットショップに行き、まず金持ちであることを印象づける。

次にご夫人たちが懇意にしている情報通の男に偽のネタを仕込んだナムドゥは、キム・ジェイという架空の人物をでっちあげ、不動産投資で最高したキムはドバイに高層ビルやゴルフ場を持ち、王族とゴルフをする仲だと夫人たちの興味を引く。

そんなキム・ジェイは、ソウル在住の婚約者にゾッコンで、最近は彼女と毎日デパート巡りをしている。

キム・ジェイの恋人役はテオにヒールを履かせ女装させてみたが、大富豪が骨抜きにされる婚約者という設定には無理がありすぎるので、美しいシムチョンを計画に参加させ、彼女にはドラマの撮影をするようなものだと言い含める。

スポンサーリンク

フロアごと買い占める勢いのキム・ジェイカップルに、デパート側としても予約の入っていた特級VIPルームを明け渡し、ドタキャンされたアン・ジンジュは、どんな客をひいきしてるのよと受付でもめる。

コーディネートがいいのか悪いのかさえ分からない、高級ブランドばかり身に付けた美男美女が登場すると、彼がドバイから着た人だと小耳にはさんだジンジュは、あの投資家のキム・ジェイかと喜び、同行していたナムドゥを呼び止め、ペットショップつながりで彼を紹介してほしいと、おねだりする。

アン・ジンジュが罠にかかると、ナムドゥは、キム代表が韓国家庭料理を所望していると嘘をつき、料理上手な家政婦がいるということで、アン・ジンジュのホームパーティーを承諾する。

キム・タムリョンの屋敷跡からは、出土品とは思えないほど保存状態がいい彼の肖像画が発見される。

シアはジュンジェの気を引くため、彼を博物館案内し、部外者出入り禁止の倉庫へジュンジェを連れていく。

ジュンジェは、まず先に一人で見せてほしいと頼み、シアが扉の前で待っていると、停電が起こり、博物館は闇に包まれる。

ライターで倉庫を照らしたジュンジェは、自分の姿かと見間違うほどのキム・タムリョンの肖像画に息を飲み、巻物の片隅に書かれていた文字に絶句する。

“そなたが来世の私であるならば、目覚めても忘れるな。すべては繰り返される。良縁が、その世界まで続き、悪縁もまた然りだ。危険な者から、そなたの想い人を守れ。“

先日、シムチョンの前で気を失ったとき、夢で会ったキム・タムリョンの言葉と、まったく同じ言葉が肖像画には記されていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「青い海の伝説」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←11話     13話→

青い海の伝説 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「青い海の伝説」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

青い海の伝説 DVDオフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 月桂樹洋服店の紳士たち

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ