韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ38話

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ38話

あなただけが私の愛

今回の韓国ドラマはこちら!
あなただけが私の愛
さっそく38話をご覧ください
あなただけが私の愛 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ38話

フルーツコリアの娘でありながら、大切な果物を平気で道にぶちまけドウォンに怒りをぶつけるヘリ。
彼女がドウォンをいじめている現場を押さえたジゴンは、謝罪するようヘリに怒るが、ヘリは謝るどころかドウォンに濡れ衣を着せられたんだと言い張り、被害者面して去っていく。

ジゴンが関われば関わるほど話はややこしくなり、ドウォンはもうこれ以上何もしないでほしいと訴えるが、イチゴ横取りがヘリのせいだとするとドレッシングのゆず事件も疑わしくなり、許嫁であれ親であれ人を苦しめたのなら罪を認めさせるべきだとジゴンは証拠集めに乗り出す。

ジゴンから教えてもらったゆず農家に連絡をとってみても、要領の得ない返事で何もつかめないジゴンは、店をほったらかしにして現地に行くと言いだし、晩餐会の準備など人任せ。
ジゴンが振られたと思っているマネージャーは、彼が現実逃避の旅に出ると思い、仕方なく留守を預かる。

無理矢理彼女と別れさせたジゴンとの結婚を心配するナム社長は母に相談するが、若いころの情熱的な愛よりも子供を育て身の回りの世話をしてくれる女性がいれば過去の恋人など忘れてしまうと言われ、経験者として納得してしまう。

死んだはずの父親が一夜にして生き返り、フィリピンに帰らないと言い出したナムスン。
親切だと思った悪魔のおじさんは、やっぱり悪魔だった。
彼に嘘をつかれたナムスンは、友達ヘソンの優しいお母さんに本当のことを教えてもらったとぺらぺらしゃべり、スヨンに口止めされていたことをあとになって思い出す。

情熱を注いでいるだけあって、ジエの作品はヴァージョンアップを遂げ、洗練されたデザインにヘソンも感心する。
ナムスンのお別れパーティーをチョPDと計画していたジエは、友達だというヘソンに頼み彼に電話をかけてもらうが、悪魔のおじさんにだまされたナムスンは、娘のジエとも会いたくないと怒り、お父さんがどうしてそんな余計なことをするのかとジエは不思議に感じる。
ナムスン父死亡説がイ社長の作り話だと知ったヘソンは、夫人の不倫疑惑がまだ解けてないんだと勝手に納得する。

母スヨンがナムスンと会った直後に父生きてる説が浮上したので、ヘソンは情報源は母ではないかと疑うが、下手なうそで言い訳するスヨンは、かわいそうなナムスンに同情しただけだと説明する。

弟の部屋は扉が開けっ放しで話を聞いてしまったヘリは、イ社長の脅しの材料を母が手放そうとしないのを知り、娘の結婚よりも保身に走るスヨンを恨む。

大金はたいて愛の歌まで歌ったイ社長は、たった一日で嘘がばれてしまい、秘密を漏らしたスヨンに腹を立てる。
ジエ母娘は、たちの悪い嘘までついてナムスンを帰らせようとした父親が有名人なのではと詮索し、真実がバレそうなイ社長は、「これ以上 あいつに関わるな」と家族を威嚇して開き直る。

スポンサーリンク

スヨンにいったいどんな魂胆があるのか怒ったイ社長は、一度会って話をしましょうと彼女にメールを送るが、妻が席を外している間にイ社長からの着信を見たヘリ父は、どうして妻がイ社長とメールのやりとりをするのかと不思議に思う。
夫をうまく丸め込んだスヨンはヘリの結婚にも反対し、イ社長の影響で優しかった娘が変わってしまったと夫に訴える。

悪魔のおじさんの話が嘘となると、彼からもらった大金が気になってきたナムスンは、受け取れないと言いだし、ドックも不気味はカネは返したほうがいいと心配する。

いっぽう、高興(コフン)のゆず農家に向かったジゴンだが、キム社長には取り合ってもらえず、従業員の男からタウンマートに買収されたという話を教えてもらう。

イチゴ横取りだけでなく、ゆず農園買収やドウォンの納品ミスまでヘリの仕業だと知ったドックは、「あの家の娘まで
ドウォンを苦しめるのか」と興奮し、まだ回復しきっていない心臓が痛みだす。

ジゴンが真相を調べている最中だと聞いたドックは、実母のことがバレてしまうと恐れ、「俺たちに関わるなと言ってるだろ!!」とジゴンに電話をかける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「あなただけが私の愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←37話     39話→

あなただけが私の愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「あなただけが私の愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
あなただけが私の愛 DVD BOX オフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ