韓国ドラマ・約束のない恋・あらすじ
35~36話

約束のない恋

今回の韓国ドラマはこちら!
約束のない恋
さっそく35~36話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それではさっそく、約束のない恋・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・約束のない恋・あらすじ35~36話

サンナムを背負い慌てて走るジョンボク。
サンナムとの会話を思い出していたヨンソンにコンは、
成人した子供のことに口をだすなんて変だと話す。

ヨンソンたちは次の開発地を検討していた。
白虎は結婚前に、ウンスンの親戚や同郷の人に挨拶にきた。
病院にいったジョンボクはジスクを呼んだ。
ジョンボクのおかげでサンナムは一命を取り留め無事に意識が戻る。
イノやヨンナンも駆けつける。

ヨンソンたちは、白虎と顔合わせの食事をしていた。
そこへヨンナンが、サンナムの病状をウンスンに伝えに来る。
自宅に帰ってきたサンナムだが、ジスクもイノも心配している。
ジョンボクのおかげで命拾いしたと駆けつけたウンスンに話すサンナム。
また、サンナムはジョンボクを気にしていた。

ジョンボクは、世界で一番助けたくないサンナムが倒れているのを見たら、
父さんと自然に呼んでいたとウンスンに話す。

スンテクはヨンソンたちの故郷の龍浦里について調べていた。
そこへジスクから、サンナムが体調が悪いと連絡を受ける。
また、ヨンソンにジスクは父と何を話したか聞かれイノとどうかと聞かれ
恋愛感情はないと答えたことを話す。

ヨンソンはジスクからお金をあげるからイノと会うなといわれ、
10億ウォン欲しいと答える。
ヨンソンは、スンテクを奪っておいて私からイノも奪うのか?
私が幸せになるのがそんなにいやなのか?とジスクに怒る。
ジスクは、ヨンソンがなぜあんなに偉そうなのかと泣く。

サンナムはジョンボクが助けてくれたことを思い出していた。
そして、自分が今までウンスン親子にしてきたことを悔いていた。
白虎が来たのにウンスンがサンナンのもとに行ったことでミスンは心配する。
しかし、ウンスンは結婚すると話す。

サンナムは仕事に復帰をした。
イノから検診を受けるように言われるサンナムは、
イノに長官の娘ウンジェと付き合うように言う。

ジスクが三南へ行ったことを聞き、心配するサンナム。
何度も検診を受けるように言うイノに、俺を嫌いなのに長生きさせるのかというサンナム。
ヨンジェは姉たちとの生活に慣れてきた。ヨンソンは夢の住宅の図面を眺めていた。

スンテクの職場にジスクが来た。
そこへ龍浦里近くで新たに密輸船が見つかったと連絡を受ける。
スンテクは官舎に戻らずに仕事をしていた。
スンテクはサンナムを守りたいから働きたいとジスクに話すが、
もみ消してというジスクに、本当に検事の妻かと言うスンテクだった。

ジェオたちは、ジスクに実家でサンナムの看病をしながら過ごすよう話す。
実家に帰ってくるジスクは家政婦にご馳走を作ってもらう。
またウンジュに兄の心をつかむように話す。

一方、サンナムは周りに内緒で検査を受けていた。

スンテクは、サンナムの船から密輸品らしきものが出たと報告を受ける。
しかし、書類が山積みだと話し、ジスクに話さなかった。

事務所にウンジュが訪ねてくる。
ウンジュはヨンソンと付き合っているのかとイノに聞くと、好きな人がいると話す。
また、イノは友人をヨンソンの現場に連れてきては融資の話をしていた。

ヨンジェは、現場でイノの友人たちが、
イノの恋人と現場で話しているのを聞いたと姉たちに話す。
ヨンナンや周りの妹たちは喜ぶが、ヨンソンは恋人ではないと話す。
また、イノからいつまでも待ち続けると言われ、ヨンソンは断っていた。

スンテクは密輸船が一船見つかったことをイノに伝える。
無念の死をした人がいるから名誉を回復してあげたいと話す。
スンテクは今のうちにサンナムに政界を引退することを勧めると話すが、
イノは自分が臨海へ行き踏みつぶしてやるという。
口論になる二人を見ていたヨンソンは、スンテクはいつも私を傷つける。
少なくともイノは私を傷つけない。私に金輪際関わるなと言う。
まだ俺のことを恨んでいるのかと聞くが、
ヨンソンは友人の夫としてしか見ていないと話す。

スンテクは龍浦島の話をして欲しいと言うが、幸せだったあの日に戻りたいと思ってしまうから
思い出したくないというヨンソン。
現場に戻って来たイノにコンは、ヨンソンが好きなのかと聞く。
よく考えろと言うコンに、同情心から母を愛したのか?とイノに聞かれるコン。
今でもあなたが許せないけれど、理解ができるというイノだった。

ヨンソンは、父の形見の時計と指輪を見つめていた。
スンテクは実家に帰ると、ヨンソンが父の形見を今でも持っていることを知る。
サンナムは病院で腎不全だと診断され、腎臓移植を勧められる。

イノはジェシクから、サンナムが検査を受けていたことを聞く。
ミスンに最近太ったと言われるスングムは、妊娠したのではと言われる。
イノはサンナムの為に腎臓の提供を希望するが、血液型が違いできなかった。

サンナムは自分の病気を受け入れていた。イノとジェシクは腎臓の提供者を探していた。
ミスンから、スングムがジョンボクの子を妊娠したと聞き急いで帰宅するウンスンだが、
明日病院に行ってはっきりしようとミスンに言われる。

スングムは子供が好きかジョンボクに聞くが、嫌いだと言われてしまう。
ジェシクはジョンボクを見つけて血液型がA型だと聞くと、
腎臓の提供をしてくれないか話すが、お金で解決すればいいじゃないかと
怒るジョンボクだった。
サンナムにあげる腎臓はないと荒れるジョンボク。

スンテクは、サンナムの家に行き政界から引退するように勧める。
しかし、サンナムは残された時間も国会議員として生きると話す。
スンテクは義父をかばうことはできないと話すが、イノに裏切り者と言われる。

イノに俺たちが彼女の父の死をうんぬんするのは間違っていると話す。
サンナムはジスクだけでもジョンボクに優しくして欲しいと話す。
ヨンジェが高校に編入する日になる。姉達はヨンジェの通学を喜んでいた。
病院でスングムはジョンボクの子供を妊娠したことがわかるが、
ウンスンは考えがあるから内緒にしておくように話す。またミスンにも口止めする。

ジェイは雑貨屋でお金が欲しいなら勉強をするべきだと言われ、
ヨンドゥに勉強をさせ、良い会社に入るように話す。
しかし、ヨンドゥは勉強が出来ないと嘆く。

イノはジスクを呼び、サンナムが腎臓移植をしないと亡くなると話す。
血液が同じジスクはジェオを説得しようとするが、
跡取りを産む身にそんなことをさせられないと言われる。

病院に行ったジスクは、匿名の提供者が現れたことを聞く。
また、妊娠したことも分かる。
喜ぶジスクや家族だった。近所の人たちに喜ばれるジスクだった。

しかし、ミスンは子宝に恵まれないことを悲しんでいた。
スングムは妊娠がわかったことをジョンボクに伝えるが、
自分が親になれるわけがないといなくなってしまう。

ジョンボクはウンスンに真実を確認すると、中絶を希望すると話す。
そして、望まれない命なら生まれない方がましだ、
子供はいらないと言って出て行ってしまう。

スングムは、そんなジョンボクが不憫で悲しいと泣いていた。
ジェオはスングムの妊娠を聞くと暴れてジョンボクを殴る。
そして、一日中ジェオの泣く声が近所に響いた。

ジョンボクは病院に行き、腎臓提供の書類にサインをしていた。
イノたちは提供者を知りたいが、守秘義務で知ることができなかった。
スンテクは実家への帰り道、密輸船の事件について考えていた。
そして、自宅による前にヨンソンの元へ行き、ヨンソンの父の腕時計を貸してほしいと話す。
ヨンソンの家に入っていく二人を見てジスクは勘違いをしてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「約束のない恋」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←33~34話     37~38話→

約束のない恋・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ