韓国ドラマ・約束のない恋・あらすじ
25~26話

約束のない恋

今回の韓国ドラマはこちら!
約束のない恋
さっそく25~26話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それではさっそく、約束のない恋・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・約束のない恋・あらすじ25~26話

スンテクはジスクが、ヨンソンが来たことを黙っていたことに怒る。
ヨンソンは諦めたと伝えるジスクだが、僕は諦めてないと話すスンテク。
しかし、ジスクは目を覚ましてほしいという。

別れた彼女を想い、悲しむヨンドゥ。
一方、具合が悪くて寝込んでしまうジェオと、看病をするイムスン。
ジョンボクと一緒にスングムは屋台にいた。スングムは悔しがっていた。
そして、ジョンボクがいなかったら今頃どうなってたかと泣くスングム。
酔っぱらったスングムを連れて帰るジョンボク。
しかし、監督やスタッフたちと会ってしまう。
無理やり連れて行かれそうなところを「私たちは夫婦です」と嘘をつき、
キスをして証明する二人だった。

一方、店頭でスングムを待ち、泣いているジェオ。
家の前でなかなか入れないスングムは、ヨンソンに見つかってしまう。

ジェオに、兄妹そろって心配をかけてと怒られるスングム。
怒られて戻ってきたヨンソンやコンにも注意をされるスングムを見て、
怒ってくれる両親がいるのがうらやましいというヨンスク。

ジェシクは地図を見ながら龍浦島について調べているところへ、
イノとヨンソナが事務所に帰ってくる。
そこへ沈没船の話は聞いたことがないかと尋ねるジェシク。
しかし覚えてないし、思い出すだけで怖いというヨンソナ。
イノは、なぜそんなことを聞くんだとごまかし、話をそらす。

スングムのために映画会社のことを調べていたジスクに、
あなたの名前はなかったと言われる。

勉強をしていたスンテクは、ついに実家に帰ってくる。
ジェオや家族たちは喜んで迎えた。部屋にはジスクが差し入れた洋服が置いてあった。

ヨンドゥは別れた彼女の家を訪ねていた。
しかし、家の前で会うと彼女にはもう来ないでと言われてしまう。

ヨンソンと会うスンテクは、話があるという。
やり直すつもりだった。というスンテク。
しかし、お互いに正しい選択をしたというヨンソンは、スンテクを突き放す。

現場で働くヨンソンのもとへ、イノとヨンナンが来る。
スンテクが実家に帰ってきたことを気にするイノだが、
自分が建てる家で、頭がいっぱいだと話すヨンソン。
そして、お金を早く返すと話すヨンソンだった。

これから融資を受けるべきだと話し、金融関係の会社を紹介するというイノだった。
サンナムは公務をせずに、ウンスンのお店を見に来ていた。
また、ウンスンとジョンボクの社長白虎は店の外で会っていた。
白虎はウンスンのためにレストランを貸切りにする。
男性に大事にしてもらえることが初めてだと喜ぶウンスンだった。
二人の姿を見てサンナムは、ジェシクに白虎を調べさせるが、
政界でも有名な建設関係の社長で、浮いた噂もない男性ということが分かった。

ジスクは、イノとヨンナンが男女関係にならないか心配していた。
早くお見合いをするように、イノに言うジスクだった。

一方イノは、洋服やかばんをヨンソンに送り、会社を大きくするには
人脈が必要だから、見た目を気にしてほしいと言う。

ジスクはウンジェと一緒に投資できる土地を探していた。
一方、ヨンソンの会社の起工式でみんな集まっていた。
映画の撮影以来、初めてあうジョンボクとスングムはぎくしゃくしていた。
お洒落をしてきたヨンソンにみんなが喜ぶ。
そして起工式でヨンソンは、住みやすい家を目指すとみなに約束をする。

ジスクはヨンソンの会社の起工式を偶然見かけるが、兄がいることに怒りを覚える。
ジスクはヨンソンを呼び出し皆をだますなというが、
奥様の遺言があったから一番大切なものを譲ったと話す。
祝う気がないなら帰れというヨンソンだった。

起工式はみなに祝われていた。
ジョンボクとヨンドゥは、スンテクにお酒を持ってきていた。そこへジェオが来る。
ヨンソンが男だったら、良い友人になっただろうとジェオは話す。
そして、つらくても頑張れ。でも、違うと思うならやめろと励ますジェオだった。

ヨンナンは起工式で、皆が姉さんをほめることに嫉妬をしていた。
そして、両親と一緒に死ねばよかったというヨンナン。
家に帰宅するイノに、ヨンソンを好きなのか聞くジスク。
恋愛にうつつを抜かすのだけはやめてほしいと言われる。

ジスクは、明日のスンテクの試験がうまくいくように祈っていた。
サンナムは、ジスクにすべてを捨てて駆け落ちする覚悟があるかと聞く。
寺に戻ると言うスンテクは、ジスクと結婚をしたら家族として受け入れられるかと
イムスンに尋ねる。
イムスンは、何よりもあなたの気持ちが大切だと言う。

仕事の帰り道ヨンソンはスンテクに会う。
スンテクは、お互いの道を歩いて行こうというが、イノには気をつけろと言う。
変わったのは成長した証拠だというヨンソン。

サンナムは白虎の前科について調べて、ジェシクに資料を渡すように言う。
ジェシクはウンスンにその資料を渡すと、白虎のもとへ行き、
暴力団とは知らなかったと言い、ジョンボクを連れて行こうとする。
チンピラにするために育てたわけではないというウンスン。
白虎はジョンボクのことを身内だと思っているから、悪いことはさせないと話す。
サンナンは、ウンスンたち三人の姿を見て、ジェシクに俺がウンスンの店に来ようとしたら
止めてくれという。

音楽喫茶で働くヨンドゥだが、彼女ジェイの姿がなく元気がない。
ジェイが店頭に現れると、喜ぶヨンドゥだった。
ミスンと一緒にいるジェシクは、別れていく周りの人を見て、
俺たちは変わらず一緒にいようと話す。

ジョンボクがヨンソンのもとに来るとヨンソンは、ウンスンの恋人はどうかと心配する。
また、ジョンボクも早く恋人を見つけるのが親孝行だという。
ジョンボクはスングムと気持ちを確かめあう。

サンナムは総務庁と話をしていた。
ジスクにスンテクと結婚したいかを尋ねると、出かけて行ってしまう。
サンナムはスンテクの家に挨拶に来ていた。
以前サンナムがジェオにした行動を謝りに来ていた。
ジスクには花嫁修業をすると話すサンナム。
ジスクは土地探しをしていた。

イノは知り合いの記者に調べてもらい、スンテクの合格の連絡をもらう。
そしてスンテクの合格を伝えに来た。
イノは、いずれ自分が出馬して地区当選するときには、隣にヨンソンがいてほしいと話す。

町は司法試験に受かったスンテクを盛大に祝った。
ヨンソンはジスクからスンテクと結婚すると報告を受ける。
スンテクと一緒に、少しずつでも成長したいと話すジスクだった。

ヨンソンは、一人で自分の資格免許を眺めていた。
高卒の資格やそのほか資格をひそかに受けていたヨンソンは、
実はスンテクに褒めてもらいたかった。
思い出だけを懐かしがり、涙するヨンソン。
そして、どんなに自分が手を伸ばしても届かないと嘆くヨンソンだった。

スンテクの合格祝いで、みなはお洒落をしにミスンの美容院にいる。
ジョンボクはウンスンのお店にいて行こうとしない。
会いたくないサンナム達がいると話す。

祝いの席は盛大に行われていたが、仕事で行こうとしないヨンソン。
そして、会場では表情のさえないスンテク。
工事現場は雪の影響でお酒の席に変わり、ヨンソンはその場を楽しんだ。
酔っぱらって帰るヨンソンを見つけるスンテクだが、
いい法曹になってねと話すヨンソンだった。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「約束のない恋」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←23~24話     27~28話→

約束のない恋・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ