韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ107話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく107話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ107話

男として暮らしたウンソンと女性に戻ってからのハナの人生。
成功もあり失敗も、そして初恋も経験したが、常に全力で生きてきたハナに後悔はない。
全ての経験が夢を実現させるための糧になると信じ、ハナは自分の道をつき進む。

ガンチョルと待ち合わせたチョンランは、
彼からファンソの財産を移すように他人名義の通帳を渡される。
自分が先に国外へ逃げるから、チョンランたちは後から来るように指示し、
家族全員の偽装パスポートも用意。

公益財団を社会的企業にする為に障害となるのはソル・ドヒョン。
当然彼は同意しないだろうから、この件はユンチャンが自分で進めると言う。
ハナが祭祀場から出てきた時にいい知らせをしたいと言うユンチャンに、
ウン室長は、彼に愛されているハナ代表が羨ましいと話す。
彼女はハナの重荷にならないように去る決意をしたユンチャンの気持ちを見抜く。

ドウンはヨンホから父がハナを殺すように命じた事を聞き、
兄が父とハナの間で苦しんでいた事を初めて知る。

裁判が始まっても父は罪を認めず否認し続けるだろう、
そんな父にどういう行動をとればいいのか悩むドヒョン。

裁判が始まり、ジンモクは罪状を全否認。
ハナが提出したガンチョルとの密会証拠フィルムは、
偽造の疑いがあると弁護士に指摘される。

裁判の経過をドウンに話すヨンホは、
保釈申請が通ればジンモクは家に帰れるかもしれないと話す。
病気といつわり保釈申請する事に抵抗するドヒョン。
だが、ラヒは彼の名前で勝手に保釈申請する。

ソル議員が保釈されたとニュースで聞き、ジョンスンは
「これで、もし自分たちが訴えられても彼が助けてくれる。」と安心する。

醤油の仕込みが終わったハナに、キム秘書はジンモクが保釈され
少しの間でも家に帰るように連絡をしてきた。

帰宅したジンモクは面会に来なかったドヒョンを責め、
自分を訴えたやつらを大人しくさせる為にドヒョンが動くように指示。
ドヒョンは自分にまで汚い仕事をさせるのかと父に反発する。
そしてジンモクの悪事の証拠資料を見せ、自分も父を告発するため、
証拠集めをしていた事を証す。
これを公表すれば父は再起不能、それでもドヒョンは父の悪事を止めるために
彼を訴えると言う。
「いつまで続けるんだ、いい加減やめてくれ」
とドヒョンは叫び、
「父親を刑務所に入れる気か。」と、ジンモクはドヒョンの頭をなぐる。

ドウンは夜遅くチャン家にハナを尋ねてきた。
彼女はドヒョンがジンモクの計画を知り、
ハナの命を助ける為にハナとの別れを決意した事、
ハナを助ける為に父の悪事を証明する資料を彼女に送った事を知らせる。
父を倒す決意をした兄は、いざ裁判が始まると、
父を陥れるという罪の意識に葛藤を感じ悩んでいる。
父がハナの命を狙った事は絶対許されない事、だけどそんな悪人でも、
ドウンたちを育ててくれた大切なお父さん、ドウンはどうしたらいいのかわからない。

【スポンサードリンク】

ハナはドヒョンに会いに行く。
自分の命を守る為に別れを選んだ彼。
今さら何を言っても自分はハナの命を狙った人の息子、これが現実。
ジンモクの味方だと思っていたドヒョンがハナの手助けをしていてくれたと知り、
ハナはドヒョンの苦しみを思い心を痛める。

一方、チャン家のお手伝いは、おじいさまの部屋を掃除していて、
血が滲むハンカチを見つける。
おじいさまの病状が深刻な状態だと知ったヒョソンは、
キム秘書におじいさまの本当の病状を聞き出す。

ハナは自分がジンモクを倒そうとしていても、
息子であるドヒョンまで同じように考えなくていいと話す。

おじいさまは病院から発酵場へ向かい、
「後継者不在のままでは逝けない。」と残された僅かな時間を惜しみ最善をつくす。
会長の気持ちがわかるキム秘書は、「お止めすることができない。」と涙する。

おじいさまとハナの造った醤油のカメが開かれる。
400年前の醤油は水分が飛び、塩分が下がり濃度は高く、
口当たりのよい神秘的な味わい。
長年発酵させた醤油は殺菌作用もある。
この古醤油と比較されハナの醤油にどういう結果がもたらされるのか。

いい醤油には解毒作用がある。
そこで植物を元気にする醤油を造った方が勝者となる。
おじいさまの醤油には枯草菌がたくさん発生し病原菌が消える。
しかしハナの醤油には枯れ草菌が繁殖しなかった。
勝負はおじいさまの勝ち。
報告を受けたラゴンは、自分が待令熟手になれると大喜び。
あとはヒョソンらが依頼したDNA鑑定の結果を防げば、万事うまくいく。

落ち込むハナを励ますユンチャン。
キム秘書はハナと会長の造った醤油を会長に渡し部屋を出る。

おじいさまはハナの醤油の蓋を開け、彼女が醤油を発酵させていたのに、
全く発酵していない事に驚く。
「これはハナの醤油ではない。」

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←106話     108話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ