韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ106話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく106話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ106話

ラゴンはジンモクを逮捕させたハナに怒るが、彼女はジンモクがホテルに転換したあと、
ファンソを買収する計略資料をラゴンに突きつける。

ニュースでジンモクの逮捕を知ったチョンランは自分たちも逮捕されるのではないかと怯え、
頼りのガンチョルは自分だけパスポートを持ち、どこかへ行ってしまう。

ドヒョンは自分が望んだ事なのに実際にジンモクが逮捕されると、涙がとまらない。

チョンラン家族はこの先どうすればいいのか不安に怯え、
ラヒはラゴンのDNA鑑定書を破り捨てる。
そこへガンチョルを逮捕するため、検察が押し入り、
チョンランは彼が長い事この家に近寄っていないと嘘をつく。

ドウンは誰も頼れず一人で父親の逮捕を悲しむ。
父が刑務所に入いる姿など想像もできない彼女は、
刑務所に入らなくても罪を償う方法はないのか、と兄に尋ねる。

ユンチャンはSS公益財団を社会的企業にするように定款を変える。
そしてソル・ジンモクの財産である財団を、SS被害者の為の企業にしようと奔走する。

囚われたジンモクは弁護士を呼び黙秘を続けるが、取り調べ官は、
「黙秘を続けても、こちらには打つ手がある。」と彼に警告する。

逃亡したガンチョルはハナを狙い尾行する。
ハナと連絡のとれないユンチャンは人を使い彼女の行方を探す。
ハナと連絡がつかないまま2時間がたち、ガンチョルが逃亡したと聞いたユンチャンは、
ハナの身に何かあったのではと心配でたまらない。

その頃ハナは警察署にいた。
ジンモクの取り調べ室に呼ばれ、全ての罪状に対する証拠資料を提示していたのだ。
暴行、恐喝、殺人教唆。数々の証拠資料を提示し、
これでも足りなければいくらでも資料を追加提出できると検事に話す。

【スポンサードリンク】

ドヒョンが計画した最後の仕上げ、政経癒着の核心資料をヨンホから受けとり彼は、
公表する事をためらう。
SSグループ粉飾会計帳簿、これを公開すれば父は完全に終わる。
ドヒョンは父の罪を自分が暴く事で、ハナとの仲が成就するかのような望みを抱いていた
自分のあさはかさを嘆き、父親が悪い人間だと知りながらも、最後の決断を踏み切れない。

ユンチャンは「ハナの無事を確かめるまで帰れない。」とファンソの母屋に向かう。
通りを歩いていたハナを見つけたユンチャンはいきなり彼女を抱き締め、
動転して、抱きついた事を謝る。

チョンラン親子は夜も眠れず、昼間も落ち着かない。
どうすればいいのかと考えてもわからず、そこへ宅配便を装いヒョソン家族が押し入る。
ハミョンがチョンラン親子を羽交い締めにしている間にハナはガンチョルの髪の毛、
タバコのすいがら、空き缶を持ち帰る。

ハナはおじいさまとの勝負に発酵場に入れば、当分連絡がとれないとユンチャンに電話する。

ユンチャンはハナが発酵場に入る前に話したい事があると彼女を呼び出し、
ジンモクの件が片付けば、自分は母を探しにアメリカにたつとハナに告げる。
彼は1年前、自分がハナを守り怪我を負った事で、彼女が責任を感じていると思い、
ハナを楽にさせる為に彼女から離れる事を決意したのだ。

今まで当たり前のように側にいてくれたユンチャンがもうじき居なくなってしまうと聞き、
ハナは彼がいない生活を想像できない。

チョンランは、おじいさまが急死してくれれば財産は自動的にラゴンの物になるし、
権利を奪ってしまえば財産を横取りする事が出来るとガンチョルに連絡をとろうとする。

ラゴンはどういう魂胆か、突然、おじいさまに土下座し今までの行動を改め、反省し、
「後継者として頑張るので勝負に勝ってください。」とおじいさまを応援する。

「ラゴンが改心し、あとはハナへの礼儀を示すだけだ。」
と、おじいさまは体調の悪いなか奮起して勝負に挑む。

ハナは秘伝書と、今までおじいさまから教わった事に忠実に醤油造りに挑む。

勝負の判断基準はファンソ400年の歴史を誇る古醤油。

最高の師匠と尊敬するおじいさまに挑戦できる幸せをかみしめハナは勝負に挑む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←105話     107話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ