韓国ドラマ・スパイ・あらすじ最終回

スパイ

今回の韓国ドラマはこちら!
スパイ
さっそく最終回をご覧ください
概要はこちらから
それでは、スパイ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・スパイ・あらすじ最終回

病院に電話をかけたソヌは、「ここに間違いなくギチョルがいる」と確信する。
車にユンジンを残し、「中を確認してくるから、外で見張っていてくれ」と一人で病院内に潜入する。

密航船に乗るため出発しようとするギチョル。
しかし、金に目がくらんだ部下たちはギチョルを殺そうとする。
更に、その部下たちの中でも仲間割れが発生し、結局生き残ったのはギチョルとヘリムの二人だけ。

隙をついてギチョルに刃物を刺し、逃亡を図るヘリム。
しかし、しぶといギチョルはヘリムの後を追いかける。

外で見張っていたユンジンがヘリムの姿を発見。
「向かいの商店街でお母さんを追いかけているわ」とソヌに電話で伝えるユンジンだったが、背後から迫るギチョルに刺されてしまう。
ギチョルはスヨンを殺した時と同じ毒物を使用した。

急いで車に戻り、いざという時のためにウナからもらっていた解毒剤をとり、ユンジンの元に走るソヌ。
「3分以内にうたないと効果がない」とウナに言われていたソヌは必至に走り、何とか時間内に解毒剤をうつことができた。
「あとは俺に任せろ」とユンジンに言い残し、ギチョルの後を追いかける。
残されたユンジンは、走るソヌの背中に「これ以上ケガしないでね・・・」と呟く。

ハードディスクを奪い、ギチョルから逃げるヘリム。
ソヌも母の事を探しまわり、物陰に隠れるヘリムをやっと発見する。
母の姿を見たソヌは近づこうとするが、ギチョルもやってきてソヌに銃口を向ける。
ヘリムはとっさに息子を庇い、ソヌの代わりに撃たれてしまう。

ハードディスクを奪い返したギチョルは、車に乗って港を目指す。

動くこともままならないヘリムは、「お母さんはここで待ってるから、港に向かいなさい。 チュンハプ号で密航するはず。」と息子に伝えるも、母を置いていけないソヌは、ヘリムを背負いユンジンの元まで戻ってくる。

「まずは母を助ける。 港には出動隊を・・・」とヘリムの容体が心配なソヌはギチョルどころではない。
しかし、「お母さんは私に任せて、ハードディスクはあなたが取り戻さなければ意味がない。」と、ユンジンに言われたソヌは、彼女に母を任せ、ギチョルを追って港に車を走らせる。

ギュヨンは早くこの事件を収束させたい。
ウソクを呼び出し、ソヌ一家にすべて罪をきせようとするギュヨンだが、「ちょっと待ってください」とヒョンテが抵抗。
しかし、ソヌがハードディスクを奪い返す可能性は低いと判断したギュヨンは、口裏合わせのためウソクを呼び出せと指示する。

家を出る前、愛娘ヨンソを抱きしめ、「ヨンソの事を愛していたし、これからの人生いろんな事があるだろう。 でも自分らしく強く生きて欲しい」と語り、ギュヨンの元に向かうウソク。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

港まで到着したギチョルだったが、出血のため意識はもうろう。
運転を誤った彼は、停車していた重機に激突。 車は動かず、あと一歩のところで船に乗り遅れる。
もはやここまでと察したギチョルは最後に、財布からヘリムの写真を手に取り、そのまま息絶える。

後を追ってきたソヌがギチョルの車を確認。しかし車内に彼の姿はなく、船の出港の警笛だけが響き渡る。
絶望したソヌだったが出港していく船の方に目を向けると、地面に倒れ込み死んだギチョルの姿を発見。
すぐに、「ハードディスクは取り戻しました」と、ヒョンテに連絡する。

救急車で運ばれるヘリムに付き添い、手術室の前で成功を祈りながらベンチに座り込むユンジン。
しかし、謎の男が彼女の元に現れた・・・

ハードディスク奪還の知らせを受けたヒョンテは、ギュヨンに報告。
車で連行される途中だったウソクだが ”口裏合わせ” の必要が無くなったためギュヨンの部下たちから解放される。 

ヒョンテとソヌは病院に到着。
先に到着していたヒョンテは、「難しい手術だそうだが、無事を祈ろう。」とソヌに語る。
ヒョンテに教えてもらったウソクとヨンソも急いで病院に駆けつけた。

「先にユンジンがいたはずですが・・・」と問いかけるソヌだが、「いや、見てないぞ??」と返すヒョンテ。

関係者は皆帰り、家族だけが手術室の前で待機。
「ヘリムさんのご家族の方ですね?」と手術室から出てきた医者に話しかけられたソヌ達は、家族三人手を繋ぎ結果を聞く・・・

1年後。
未だに彼氏ができないウナは、「好感触だったのに、次の誘いが来ない」と、先日会った男性の不満を漏らす。
ソヌは普通の会社に入社し、多忙な日々を過ごしている。

早朝。
母の代わりにミックスジュースをつくるソヌ。
ヨンソもウソクも、「お母さん(妻)よりも厳しいな」と愚痴を漏らす。

母の部屋にやってきて一度周りを見渡すソヌ。
やっぱり死んだのか・・・と、思われたヘリムだったが、ばっちり生きていた!!
「母さん、朝食は?」と話しかける息子に、「無理しなくていいのに」と言い返す。
今日は母の誕生日だったため、ソヌが代わりに朝の台所に立っていた。

ヘリムの誕生日を祝うため、高麗人参茶を選びに来たウナ。
若干ソヌの事を狙っているウナは、ヘリムに気に入られるため、どれがベストなのか店員さんに選んでもらう。
「ソヌの事は諦めろ。 俺を呼ぶときは ”先輩” じゃなくチーフお兄様と呼べ。」と浮かれるヒョンテも合流し、お土産を片手にソヌの自宅に向かう。

久々の再会を歓迎し、楽しく食事するソヌ一家とウナとヒョンテだが、そこにユンジンの姿はない。
帰り際、ソヌには別でお土産を用意していたヒョンテは、「一人でお土産を開けろ。 早く飲めよ。」と言い残し帰って行った。

お土産の中には手紙が入っており ”去年 二重スパイとなり北に派遣された同僚が、ハードディスク関連でお前に会いたがっている。 会うかどうかはお前自身が決めろ” と書かれていた。

後日、待ち合わせに向かうソヌ。
「ソヌさん・・・!!」と駆け寄ってくるユンジンは、「あなたの力が必要なの。 力を貸して。」と話し、ソヌは笑顔で答える。

ー完ー

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「スパイ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

スパイ・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ