韓国ドラマ・スパイ・あらすじ15話

スパイ

今回の韓国ドラマはこちら!
スパイ
さっそく15話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、スパイ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・スパイ・あらすじ15話

ハードディスクを奪い、用済みとなったソヌの事を逮捕しようとするジュンヒョク。
ヒョンテに仕込んでおいた盗聴器越しに、会話を一部始終聞いているギュヨン。

「ハードを持ち帰らなくても、上の人間はあなたを守ってくれますか?」
ソヌの言葉に余裕を見せるジュンヒョクだが、突然後ろからギチョル達に襲撃される。

部下を全員撃たれてしまったジュンヒョクは、ハードをソヌに奪われ動揺し、その場から逃げ去る。
ギチョル達を前に、ソヌ一人を置いていけないヒョンテだが、「ジュンヒョクをおってください」とソヌに言われたヒョンテは、「応援が来るはずだ。 絶対に死ぬなよ。」と言い残し、ジュンヒョクを追う。

その頃ギュヨンは、ジュンヒョクが裏切った事を知り、部下たちを現場に向かわせる。

「殺される。 誰か助けてくれ~~」と声をあげ走って逃げるジュンヒョクですが、ヒョンテが追い付いた。
「俺も証言してやる。 自首しろ。」とヒョンテに諭されるジュンヒョクは落ち着きを取り戻したかのように見えたが、ギュヨンの部下たちが到着し射殺されてしまう。

ハードディスクをよこせとソヌを脅すギチョルは、ヘリムの腕に発砲。
「次は心臓を撃つ」とギチョルに追い込まれたソヌは、仕方なくハードディスクを引き渡す。
念願だったハードディスクを入手したギチョルは、用済みのソヌに発砲。
「ソヌに手は出さない約束でしょ? 約束が違う!」とギチョルを責めるヘリムは、息子を守るために「なんでもいう事を聞くからもうやめて。」と、一緒に海外に行くことを約束する。

ギチョル達が去り、撃たれたソヌに駆け寄ろうとするユンジンだったが、ギュヨンの部下たちが到着。
それを確認したソヌは、「こっちにきちゃだめだ! 君まで捕まってしまう。」とユンジンにお願いする。
血を流しているソヌが心配で仕方ないユンジンだったが、彼の意志をくんでギチョルの後を追う。

車内で奪ったハードディスクを確認するギチョルは、ニヤニヤが止まらない。
発信機を車につけられているとは知らずに、余裕の表情を見せる。
出血しているヘリムは目の前がふらつき、「いっそ殺して!」と言い放つも、「お前はどんなにくたびれても捨てない。 お前は俺のものだ。」とヘリムに対する執着を見せるギチョル。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ギュヨンはヒョンテに電話して、「ソヌ一家に罪をかぶせる。」と伝える。

救急車で運ばれるソヌに付き添うヒョンテは、意識を取り戻したソヌに、「上層部はお前に罪をかぶせる気だ」と伝える。
ギチョルも見失い、絶望しかけたソヌにユンジンからのメールが届く。
「ギチョルは私が追っているわ」
それを見たソヌは「まだ終わっちゃいない。」と、傷を負いながらも立ち上がる。
本来なら病院で手当てを受けなければいけない状態のソヌだが、今やらなければ手遅れになると判断したヒョンテは彼に自分の拳銃を託し、「遺影を撮るまで死ぬなよ」とソヌを送り出す。

ユンジンと合流したソヌは、発信機を元にギチョル達の後を追う。
ギチョルの車を発見した二人は拳銃を構え中を確認するも、乗り捨てられた後だった。

その頃ギチョル達は、銃撃戦で負傷した部下とヘリムの治療のため休業中の病院を訪れる。

追跡手段が絶たれてしまったソヌは絶望するも、まだ希望は捨てていない。
負傷者が二人の状態では、どこに行っても目立ってしまう。きっと治療をするはずだと、病院を探して回る。
中々見つからない事に心が折れそうになるソヌだったが、携帯で休業中の病院の情報を得たソヌはユンジンと共に病院へ向かう。

治療が終わり、ベッドに手錠で拘束されてしまうヘリム。
皆が居なくなった隙に、手錠をはずそうと考えた彼女は、床に落ちている金属を拾おうとするも手が届かない。

「早く分け前の計算をしよう」と仲間内で会議するギチョルの部下たちは、夜が明けて出国する前にこの病院でかたずけてしまおうと話し合う。
背後に気配を感じたギチョルが振り返ってみると、そこには部下たち4人が狂気に満ちた様子で立っていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「スパイ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←14話     最終回

スパイ・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ