韓国ドラマ SKYキャッスル あらすじ7話+8話 感想とネタバレ

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!

今回はSKYキャッスルのあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 7話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 8話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

それではさっそく7話のあらすじからお楽しみください!

SKYキャッスル あらすじ7話

長男ソジュンをさんざん痛めつけた教授は怒りの矛先をスンへに向ける。

今まで従順に夫に従っていたスンヘは、このままでは子どもたちが壊れてしまうと危機を感じ、すべてはセレブに対する夫の劣等感だと庶民出の彼を見下す。

イェソのコーデがクビになったと情報を得ていた彼女は、ベテランのコーデに任せたほうが子どもたちのためになると、夫の指導方法にケチを付ける。

学歴だけで奥さんを見下していたのね、追い詰められたスンヘの逆襲よ。

スポンサーリンク

今日はアイドル、チャンミの手術の日。

先に手を洗っていたファン教授は、あとから来たカン教授の話が終わらないうちに手術室に入ってしまい、院長に目を掛けられているからとはいえ失礼な態度。

いらいらしながらカン教授が手術をしていると、隣のファン教授のところで問題が生じ、手術室からみんな出てくる。

脊椎手術なのに、レジデントが髪の毛を剃ってしまったというのだ。
(アンダーではない)

チャンミの頭は頭頂部をバリカンで刈り上げられお侍さんのようになっていた。

このままではコンサートにも出られない、賠償額高そう。

カン教授の味方、ウ教授は、ここぞとばかりに全人脈を使い、この医療事故をマスコミに流すが、これほどの失態があっても院長の信頼は変わらず、患者の家族にすでに許してもらった事件を誰が外に漏らしたのかと隣の手術室にいたカン教授が疑われる。

一方ソジンは、キム先生に契約を続行してもらおうと謝罪のメールを入れるが連絡はつかず、皇帝に捧げるようなお弁当を作り、キム先生に差し入れする。

事務所があるビルのロビーにさえ入れてもらえなかったソジンは、先生の秘書であるチョ先生を呼び出しお弁当を託していたが、その頃、キム先生が接見していたのはチャ教授。

父親が指導しているということを理由にスンヘのコーデを受けなかったキム先生は、子どもたちの指導に一切口出ししないと言ってきた彼と交渉の最中だった。

あら、随分素直に奥さんの言うことを聞いたのね。

キム先生はその場では返事を保留しチャ教授に帰ってもらうと、ソジンから届いたお弁当を確認する。

重箱の底にはピカピカ光るゴールドバーがぎっしりと詰まっていた。

大きさからして1枚300グラムぐらい?
安く見積もって3000万ウォン?
(〃゜△゜〃)えっ!

豪邸の集まる大峙洞の子どもたちは、いったい何を感じていきているのか。

久しぶりに作家として書きたいものを見つけたスイムは、大峙洞に詳しいイェビンに話を聞こうと、彼女が通っている塾に向かっていた。

おやつを差し入れようとコンビニで買い物をしていると、イェビンを筆頭に集団スリを目撃し、逃げていく彼らを後を追いかける。

一人一つずつスナック菓子をコートに隠し塾の屋上まで駆け上った子どもたちは、盗んだお菓子を食べるのではなく足で踏みつけにし粉々にしたものをシャワーのようにまき散らす。

そして、別の子が盗んできた花火に火を付けてうっぷんを晴らしていた。

子どもたちの生き生きとした姿は、スイムが今まで見たことのない表情だった。

おカネ持ちが通う塾だから、みんなお菓子が欲しくてスリをしたわけじゃないのよね。
でも、こんなことをして親は気付くかな。

翌日キム先生はSKYキャッスルにやってくるが、彼女が訪ねたのはチャ教授の家。

ソジンから届けられたお弁当は、まったく手を付けずチョ先生を通して突き返される。

当然賄賂のゴールドバーもそのまま。

チャ家のスタディールームは完全遮光、完全防音。

集中力を高めるためにと作った自慢の部屋は、教育でなく飼育だとキム先生は一刀両断。

「子どもの気持ちを萎縮させ脳の働きを鈍くする」と全否定する。

今日は自宅を下見しただけ、まだ双子を引き受けるかどうかは決まっておらず、スンヘは先生に子どもたちを預けたいと心の底から願い、いい返事がもらえるものと期待する。

「殺人教唆、あんたのせいでミョンジュさんは死んだのよ」と数々の暴言、暴行を働いたソジンは許してもらえず、キム先生をスンヘに取られると焦ると、事務所に乗り込み、拒絶されてもキム先生の部屋に乱入する。

土下座し、謝り倒すと、それまで完全無視を貫いていたキム先生は、万が一不幸が起きても、ヨンジェの家のような悲劇が起きても受け入れられるかと警告しソジンを許す。

えー、そんなに双子君たちは駄目なのかしら。
でも、キム先生に選ばれないほうが安全でいいけど。

土下座一つ、1銭のお金も使わず念願成就したソジンは涙を拭き、あっけらかんと帰ろうとするが、お母さんを亡くしたヨンジェがキム先生を殺しにきた。

先生にけしかけられたせいでお母さんが死んでしまったとヨンジェはナイフを振りかざすが、ミョンジュが自殺したのは、息子が大学に行かなかったことではなく息子に捨てられたからだとソジンがかばい、先生の代わりに腕をケガする。

ヨンジェは逃げてしまい、キム先生は、彼をかばって通報せず、冷酷人間かと思っていた先生の意外な一面を知ったソジンは、本当に失礼なことをしてしまったと平身低頭謝る。

この場合、通報するならキム先生ではなくケガをしたソジンでは?

集団万引きを目撃したスイムは、そのまま子どもたちに会わずに帰る。

屋上で騒いでいたイェビンたちは夕食休憩をすぎてしまい、塾の時間に10分も遅刻してしまう。

二人をお迎えにいったジニは、遅刻の理由を厳しく追及し、ママ大好きのスハンは、スイムおばさんが来なかったせいだと、取材の件を話してしまう。

7話の感想

子どもたちは中学生だから、親に内緒で勝手にインタビューはよくないね。
ジョギングのときとか、普段の何気ない会話で聞き出せばいいのに。

SKYキャッスル あらすじ8話

子どもたちにインタビューすることを隠していたスイムはソジンに呼び出され、思慮が足りなかったと謝る。

二人だけのこの時に、イェビンの万引きのことを相談しようとしたが、幼なじみであることを知られたくないソジンは、自分の用件だけ済ませると「うちの子に関心持たないで」と怒り、帰ってしまう。

スイムがポロっと昔のことを話せばソジンは恥ずかしく外歩けない状態なのに、よくもまあこんなデカイ態度がとれるもんだ。

スポンサーリンク

キム先生はイェソとの契約を再開すると、彼女に集中するためにスンヘには断りの電話を入れる。

顧客マッチングのときに、イェソ以外にもう一人生徒を選んでいたから、確かにスンヘの双子を見るのは人数オーバー。

脊椎手術の達人と呼ばれたカン教授は、最近ファン教授のせいで集中できず、本来うまくいくはずの手術もミスが続く。

ファン教授はインターンが大きなミスをしても36時間ぶっ続けて働かせていた病院側に問題があると部下を守り、スタッフが手を焼くような暴力的な家族が暴れても、勇敢に取り押さえ、話をよく聞き、たった一人で解決してしまう。

他の先生はインターンに仕事を押しつけてばかりなのにと、ファン教授の人気は上がるばかり。

理性的だと尊敬されていたカン教授の存在は、ますます薄くなる。

カン教授も部下思いだったはずだけど。どうして、こうも左回りになっちゃうのかしら。

キムコーデに断られると、彼女に闘志を燃やしたチャ教授が勢いづき、このままでは、子どもたちが萎縮するばかりだと、スンヘはスイムに相談にいく。

「子どもたちを守るために、あなたができることから、やればいいのよ。」

スイムは我が子のように双子を心配し、母として子どもたちを保護するようにスンヘを励ます。

もうちょっと具体的なアドバイスをしてくれないと、これなら元気なジニさんにでもできる。
言うだけなら簡単よ。

スンヘは、夫が出勤した後に業者を呼びスタディールームをぶっ潰す。

SKYキャッスルに銃弾のような鈍い音が何度も響き、真っ暗だった地獄の部屋に太陽の光が差し込む。

明るい日差しだけど、期待したほどの澄み切った青空ではなかった。
この先訪れる暗雲を予言しているのかしら。

スポンサーリンク

子どもたちと事前に打ち合わせするためにスンヘは外食し、スタディールームをつぶしたことを伝えると、お父さんの言いなりになるのではなく、ちゃんと嫌なものは嫌だと本心を伝えるように約束させる。

チャ教授の夕食はスンヘお手製カニの醤油漬け。

スタディールームの模様替えをしたというメモ書きがあり、見にいってみると、完璧に造られたはずの防音ルームは開け放たれ、お気に入りのメトロノームがゆっくりと大きな音を立てていた。

ピラミッドメトロノームはゼンマイ仕掛け、こんな長い時間動いてないよ。

お母さんを心配してお父さんに服従してきた双子は、話せばきっとお父さんなら分かってくれるという母の説得に応じ、雷を覚悟して家に帰る。

玄関を開けるなり怒鳴り声が響くかと覚悟していた3人。

意外にもチャ教授は静かに遅い食事を取っていた。

張り詰めた空間にカニをしゃぶるぺちゃぺちゃとした音が異様な雰囲気をかもしだす。

怒りを通り越し、どうすれば家族を服従させられるかと頭を使った教授は、妻がなんの相談もなく暴挙に出られるのは自由になるおカネがあるからだと考え、スンヘに渡してあるカードをすべて切り刻み、今後生活費は実費支給。

なくなったらその都度、家計簿を見せるようにとスンヘの自由を奪う。

8話の感想

スンヘのお父さんは議員に立候補するぐらいの人。
夫におカネなんかもらわなくても自由になる財産があるんじゃないかな。
でもこの偏屈おやじ、変身していいお父さんになるところを見てみたい。

SKYキャッスル あらすじの続き 一覧

「SKYキャッスル」前後のお話はこちらから

←5~6話     9~10話→

「SKYキャッスル」各話の一覧はこちらから

【『SKYキャッスル』各話のあらすじ】SKYキャッスル徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「SKYキャッスル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

SKYキャッスル ドラマ公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 韓国ドラマ「金持ちの息子」