韓国ドラマ パーフェクトカップル あらすじ44話

パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~

今回の韓国ドラマはこちら!
パーフェクトカップル
さっそく44話をご覧ください
パーフェクトカップル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ パーフェクトカップル あらすじ44話

清掃業を立派な仕事だと受け止められないカプドルは「今のままでは母さんに紹介できない」と、カプスンのことを恥じ、親の期待を裏切れない俺の気持ちも分かってくれと、カプスンに自分の都合を押しつける。

グムシクの状況が屋上部屋に住むほど逼迫してると知ったネシムは、早く縁を切りなさいと離婚を勧め、チョロンたちに食事を作ったと聞き怒る。

カプスンにジャージャー麺を配達しにきたダルドンは、全面的にカプドルの味方をし、清掃業なんか始めたのは、金持ち男の気を引くためかと彼女を責める。

カプドルがダルドンを仕向けたかと思ったカプスンは、区庁に行くついでにカプドルに文句を言い、その足で建物の中に入っていくと、カプドルは職場で恥をかかされるのかと焦る。

起業支援制度を聞きたかったカプスンが受付で話をしていると、カプドルの先輩キム・ヨンランが彼女に気が付き、「カプドルはもてるから気を抜かないほうがいいわよ」と彼に一目惚れしたことを宣言する。

カプスンの仕事ぶりを見た父は、根を上げず頑張っている娘に感心し、インテリア関係の仕事も手がけたいという娘を応援するようになる。

束草で少々お金が入った彼は、カプスンのためにコートを買ってあげる。

お金を取られたアヨンは、ダルパと一緒に被害届けを出しにいくが、変な男に騙されたと言うと、「いつも同じタイプに騙されるのはお前に問題がある」と言われ、ぶち切れる。

財閥と結婚すると言ってSNSで自慢していたアヨンは、姪っ子チョロン、ダロンの写真をアップしており、気が付いた同級生たちは、嘘つき叔母さんや、倒産して間借りしているんでしょうと心ない言葉で傷つける。

娘の状況を知らないダヘは、クリスマスプレゼントにと可愛い服を送ってくるが、こんな物着ていく場所もないとチョロンは怒り、叔母さんのせいで学校に行けなくなったとアヨンが騙されたことをパパに教える。

細心の注意を払ってギジャと交際している会長だが、家に誰もいないと思い彼女と仲良く焼き芋を食べていると、静かに入ってきたコンジュに気づかず、二人の関係を見られてしまう。

チョロンから“会いたい”と連絡がくると、断りきれずに家に行ってしまうジェスン。

娘たちにプルコギを作った彼女は、もうここには来れないと二人を抱きしめ、連絡もしないで欲しいと最後のお別れをする。

スポンサーリンク

お昼に家の様子を見に帰ってくるグムシクは、やっとジェスンに会うことができ、本当は帰ってきてほしいけど、それは都合が良すぎると自分を戒め、ジェスンには幸せになってほしいと離婚を承諾する。

コンジュから話を聞いたシネは、父がまさか使用人とできてるはずがないと本人に確認し、「びんぼう人に弱みを握られたら財産を取られるわよ」と、父にきつく説教する。

慣れない夫がキッチンを使うと時間がかかり、ネシムが食べたいときに場所が空かない。

結局外に出てコンビニご飯を買うことになり、わびしいランチになる。

運転の仕方をハスに教えてもらい、お礼にお昼をご馳走しようとジャージャー麺の店にやってきたカプスン。

ランチにやってきたカプドルと一緒になり気分最悪。

彼女もちのカプドルを奪おうとしているキム・ヨンランは、結婚するには同じ水準の人に限ると両親が教師であることを自慢し、自分も同業の人と結婚したいとカプドルを意識する。

年金自慢されたカプスンは、お金を稼ぐには事業が一番だと「事務所構えて社員を雇う」とおおぼらふくが、話を聞いたチェ・ハスは大真面目。

度胸のあるカプスンを格好いいと褒める。

チェ・ハスがスマートに支払いを済ませ二人が先に帰ると「彼女のくせに二股かけてるの?」とキム・ヨンランは嫌悪し、基本的な常識があれば、あんなことはしないとカプスンのことを軽蔑する。

先輩に同調したカプドルは、あの男と二股かけているのかとカプスンに怒りをぶつけるが、以前は母親の愚痴、今度は先輩女性と一緒になって悪口を言われたカプスンは、卑怯な男だと言い返し、二人のためになんの努力もしたことがないとカプドルに怒る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「パーフェクトカップル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←43話     45話→

パーフェクトカップル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~ BS朝日

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー