韓国ドラマ 適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ55話

お父さんが変

今回の韓国ドラマはこちら!
適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変
さっそく55話をご覧ください
適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ55話

ヘヨンは、1億ウォンのマンション契約詐欺に遭った義父を迎えにいくが、「俺のカネだ、迷惑はかけないだろ」とプライドが高い義父は素直に帰ろうとせず、「犬のためにもストレスはよくないですよ。38年間連れ添った妻への人道主義的行動だと考えましょうよ」と上手に誘導し、義父を連れてかえる。

親友の墓参りの帰りにジュンヒにお土産を届けようと、マンションを訪ねたハンス。

扉を開けたジュンヒの顔は真っ青で、部屋の中は食器が割れ荒れ放題だった。

ハンスの正体を知ったジュンヒは、彼のことを「イ・ユンソクさん」と呼び、偽父ハンスは、言葉を失う。

4カ月も騙し、同居したのは犯罪を隠すためだったのか。

恋しい父が亡くなったことを今日知ったジュンヒは、騙されたショックと父がもういないという現実に、二重の苦しみを味わう。

ジュンヒにバレたことでハンスは自首する覚悟を決めるが、明後日は彼の誕生日。

ヨンシルは、子どもたちみんなに話してから警察署に行ってほしいと夫を引き止める。

ボクニョは、夫が戻ってきてくれたので、ここぞとばかりに豪華朝食で機嫌をとろうとするが、食事を食べても卒婚したいという意思は変わらないらしく、ギュテクは相変わらず妻に冷たい。

地球が自分中心に回っていると思っているボクニョは、嫁が出勤前だろうがお構いなし。

話があるから外で会う時間をつくってほしいと強引に頼み、忙しいヘヨンを惑わす。

翌朝起きられず、インタビューに遅刻したジュンヒは超機嫌が悪く、実父との同居が演技力の助けになったかとの質問に、他人の私生活がそんなに気になるのかと言い返し、記者の心証を悪くする。

会社でもなかなか会えないジュンヒが出社しているというので、ミヨンは、彼と話をしようとジュンヒを追いかけるが、ジュンヒには部長が一緒で声を掛けるわけにいかなかった。

彼を切なく見ている姿をチン・ソンジュンに見られてしまい「先輩のことが好きなんだね」と言われて、ミヨンは、自分の抱いてる感情が恋だと気付き、恐ろしくなる。

ラヨンがバイトしている健康食品会社では、この度、バイトにまでノルマが課せられることになり、パク会長はラヨンにだけ人より高いノルマを与える。

試飲するだけでなく実際に高価な健康食品を買ってもらうのは、なかなか厳しい。

逆境に負けるものかと打たれ強く頑張っていると、会長ご一行さまが通り、ラヨンは取引先企業のお偉方にセールストークも軽やかに試飲を勧める。

おじさんたちの評判は上場、調子づいたパク・ホンイク会長は、皆さんに1箱ずつプレゼントしますと宣言し、ラヨンは、「会長が自腹で払ってこそ商品の値打ちが上がる」と力説すると、取引先もご納得で、パク会長は自分のカードでご精算。

スポンサーリンク

ラヨンをいじめようとノルマを課しても、結局彼女のペースにはまり、苦々しい思いをしているところに、ラヨンが購入者プレゼントの景品を持ってくる。

いつも、ふくれっ面の会長は「お疲れで、顔がむくんでいらっしゃるから」とむくみ取り飲料を渡され、ラヨンへの怒りよりも、膨れた顔のほうが気になる。

キム・ユジュの後がまを狙っていたイムチーム長は、流産で復帰した彼女を疎ましく思っていたが、自分が予定外の妊娠をしてしまい休職に追い込まれる。

もう職場復帰できないかもしれない。

それでも、彼女はお腹の子を守るほうが先決だと、苦しい決断をユジュに聞かせる。

新婚部屋のクローゼットの中には、サプライズプレゼントとして用意してあった子ども靴と体温計、ベビー用品セットが入っていた。

忙しい妻のために、来年は育休をとり、全面的に子育てをサポートすると誓うジュニョンの手紙。

子どもを亡くしたことで、仕事を諦めなくてすんだユジュは、ショックに目を背けていたが、現実に赤ちゃんを失ったんだという事実に目を向けさせられ号泣する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変!?」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←54話     56話→

適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「適齢期惑々(わくわく)ロマンス~お父さんが変!?」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

wowowオンライン 適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー