韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ80話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく80話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ80話

ホン・ジウォンの罪まで着せられると思ったオ・ギソプは、ソン・ジュホが生きていることを白状し、彼を施設に入れた経緯を説明する。

平澤の事故の翌日 現場付近で意識不明状態で発見されたソン・ジュホ。

生きていたことを家族に知らせにいくと、ソン・ジュホと親しいというホン・ジウォンから介護施設に入れるよう指示され、彼の世話を条件に施設がもらえると言われた彼は、ちょうど投資に失敗し退職を迫られていたため誘惑に負ける。

ソン・ジュホは、どうせ記憶もないし、歩くこともできない。

施設に引き取り、誰にも会わせずソン・ジュホの世話をしてきた彼は、ホン・ジウォンの指示で別荘に逃げたあと、ソン・ジュホがいなくなったと証言する。

ソン・ヨリがママの娘だというジュホおじさんの話は唐突すぎて、どうせ記憶がないのだからと聞き逃そうとしたヘジュだが、母が施設育ちだということを思い出した彼女は、万が一にもヨリが娘だということがあるのかと不安になり母の過去を調べる。

ホン・ジウォンが父を連れ去ったと思ったヨリは彼女を尾行し、慌てて出ていくジウォンの車を追いかけるが、ジウォンが向かった先はホテルのカフェ、チェ・ミヒとの待ち合わせだった。

いつも連絡係でやってきたホン秘書に声をかけられると、チェ・ミヒは態度の大きくなった彼女を見下し、「許可なく座らないで」と使用人扱いする。

ジウォンに邪魔されて娘に会えなかったミヒは、これ以上後悔しないためにもヘジュに会うと言ってきかず、母親面するジウォンに「ク会長に冷遇されてるくせに、何様よ」と、会長夫人になった今でもジウォンを見下し、ヘジュがいなければ会長夫人の座も危ういと、夫婦仲の悪いジウォンを追い詰める。

母が育った愛の保育院 院長はちょうど健康診断のためにソウルを訪れていた。

ヘジュは彼と連絡を取り、ソウルのカフェで待ち合わせする。

院長は、ホン・ジウォンのことをママと呼ぶヘジュを、生き別れた娘だと勘違いし、ちゃんと再会できたのかと喜ぶ。

「ママに生き別れた娘がいるんですか」とヘジュが驚くと、口を滑らせてしまった院長は焦り、ジウォンの娘死んだんだと、慌てて言い訳をしタクシーに乗って逃げる。

ソン・ジュホおじさんを運転手として雇い入れたのはママ。

二人が親しい仲であれば、ヨリがママの娘だということもあり得る。

ヘジュは、恐ろしい考えを打ち消したいと母のブラシを持ち出し、ヨリとソン・ジュホ二人の歯ブラシを手に入れ、3人分の親子鑑定を依頼する。

チェ・ミヒに監視を付けていたク・ドヨンは、ジウォンが彼女に会ったことを知り、勝手なことをするなと激怒する。

チェ・ミヒがカヤのドナーだと聞いたジウォンは、ヘジュを取り戻しにきた、ミヒを追い返したせいでカヤが助からなかったのかもと話は飛躍し、こんなことをヘジュに知られては大変だと妨害策を練る。

スポンサーリンク

ソン・ジュホの現在の写真を見た警察は、失踪事件だと認め捜査を開始する。

ヨリと敵対はしていても、子どもを亡くしたムヨル夫婦を気の毒に思ったオリバー・チャンは、精のつく料理を作ってあげてほしいとエノクに豚肉を差し入れる。

エコファッションの先駆者アンジェラ・チェは表舞台に立つことはなく、顔のないデザイナーとして有名だった。

彼女がちょうど韓国に来ているというので、ヨリは新企画ブランドを彼女とコラボしたいと提案する。

ウィドファッションからの提案が憎むべきク・ドヨンではなく義弟のドチからだと知ると、アンジェラ・チェは快く引き受け、ウィド潜入に成功する。

鑑定結果が気になって仕事に集中できないヘジュは、企画会議を早退し、結果を届けにきた男に会いにいく。

鑑定結果は、まずソン・ヨリとソン・ジュホとの間に血縁関係は否定され、親子だと思っていた二人が他人と分かる。

もう一枚の鑑定結果には、ソン・ヨリとホン・ジウォンの親子鑑定が記されており、二人は99.9%親子に違いないと証明される。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←79話     81話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ