韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ76話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく76話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ76話

死んだはずのソン・ジュホおじさんが生きているだけでなく、そのことで母が脅迫されており、ヘジュはいったい母がどこまで罪を犯しているのかと怖くなる。

ヘジュの説得よりも、今はマヤを見つけることのほうが先決。

ジウォンは、GPSやカード使用でヨリの居場所を見つけようとする。

カヤを助けようとするとマヤを犠牲にするしかなく、マヤを守ろうとするとカヤが死んでしまう。

ヨリを裏切ってしまったエノクは自己嫌悪に陥り、「誰も私の気持ちなんか分かってくれない」と落ち込んでいる彼女を、オリバー・チャンが慰める。

外周りのついでに母の店にやってきたヨルメは、「孫が大変なときに恋愛なんかしてるの?」と憤慨し帰ってしまう。

ク家の事件を聞いたチャングは、ちょっとでもヨルメの力になりたいと採血を志願し、ビラを配って全社員にも声を掛けると提案してくれる。

チャングがシャツの袖をめくり腕を見せると、意外にも筋肉隆々な手にヨルメは見とれる。

パク秘書がヨリの居場所を見つけると、ホン・ジウォンはヘジュを連れて江南ホテルに向かうが、ヨリが泊まっているという705号室は清掃が入り、彼女はチェックアウトしたあとだった。

ホン・ジウォンが想像もつかないような隠れ場所。

ヨリは、父が育った愛の保育院にボムを連れていき、変わらずずっと勤めていた院長先生に、ソン・ジュホの娘ソン・ヨリだと挨拶をする。

幼いヨリに数回会っただけの院長先生は、なかなか思い出してくれなかったが、「あのヨリか」と古い記憶をたどり、ようやくヨリに気付いてくれる。

カヤの容体は予断を許さないのに、マヤは見つからない。

怖がるヘジュにジウォンは、「ヨリを殺してでもマヤを連れてくる」と約束し、ソン・ジュホを隠したのも、手術に反対した彼を黙らせるためにやったことだと目的は必ずやり遂げる覚悟をみせる。

車が炎上したあと、ソン・ジュホの生死を確かめに自宅を訪ねたジウォン。

九死に一生を得たソン・ジュホのことを家族に知らせようとやってきたオ・ギソプ刑事と会い、ジウォンは親戚だと偽り、彼の居場所を突き止める。

ウィドグループを守るためにも、彼が生きていては困ると判断したジウォンは、今まで隠し通してきた自分の犯行を正当化する。

保育院に入ってようやく安心したヨリは、母に居場所を知らせようと少しの間だけ携帯の電源を入れ、母と話をする。

ヨリの居場所に検討がつかないヘジュは、母のようにソン・ジュホを利用すればいいと考え、母を脅しているオ・ギソプを使う。

“ソン・ジュホの詳細を知りたければ4時にソウルホテルに来い“

知らない相手からメールが届き、ヨリはボムを連れてソウルに戻るのは危険だと考え、院長先生にボムを任せる。

尾行に気付いたドチは、指示したムヨルを責め、我が子を誘拐するような卑劣なことをしてと彼の胸ぐらをつかむが、カヤの症状が一刻を争う深刻な状態と聞き驚く。

スポンサーリンク

仕事を頼まれたオ・ギソプは、ヨリをソウルに呼び出したあと、事故に遭ったと言って待ち合わせをキャンセルする。

騙されたと思ったヨリは、ボムが誘拐されたのではと慌てて保育院に戻り、ジウォンに居場所をかぎつかれてしまう。

保育院に戻ると幸いボムはサッカーをして遊んでいたが、二人で歩いているところをヘジュに見つかる。

親権者変更前だから私に権利があるというヘジュは、乱暴にマヤを取り戻そうとするが、ヨリはボムを後ろに隠し、院長先生のところに行ってなさいとヘジュを阻止する。

二手に分かれてマヤを捜していたムヨルは、建物に入ってきたマヤを苦労なく見つけ、「カヤが会いたがっているよ」と病床の彼と電話をつなぐ。

脅しの効果があったのか、ホン・ジウォンは約束の3億ウォンを振り込み、お金を手にしたオ・ギソプは「ソンさんみたいな財宝に会えてラッキーだよ」と車椅子状態のソン・ジュホに話しかける。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←75話     77話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ