韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ19話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく19話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ19話

夫のキス現場を目撃したヘジュは、衝撃のあまり気絶する。

“シェフになった医師”というコンセプトを聞き、これはオリバー・チャンにそっくりだと感動したドチは、彼に料理の手ほどきを受けようと弟子入りする。

チャンの指導は、食材の切り方から入り、なかなか地味な努力を要するものだったが、努力の男ク・ドチは、見事に期待に応え、短時間で食材切りをマスターする。

そこへ、お騒がせ女ハン・ソラが自殺したとの連絡が入り、ドチは慌てて彼女の病室に向かう。

幸い発見が早かった彼女は命に別状はなかったが「あなたを失うくらいなら死んでやる」と思い詰めており「両親のいない者同士、家族をつくって幸せになろうよ」とソラは痛いところを付いてくる。

それでもドチは、無駄な期待を抱かせたくないと彼女を拒絶し、別れを告げる。

一度は病院をあとにしたドチだが、自殺までした彼女をほっておけず、再び病室に戻ると、ドチが帰ったと思っていたソラは、テレビを見て食事をがっついていた。

「やっぱり、飢えてる時の芝居は最高ね!」と、傷のない手首に巻いていた包帯をほどき、あぐらをかいていたハン・ソラ。

ソラの本性を知ったドチは、「心を痛めた僕がバカだった」と最後通告を述べ、現場を見たジウォンもソラを見捨てる。

意識を失ったヘジュはストレス性のものだと診断され、最近異常な行動をする娘をジウォンも被害妄想だと決めつける。

ヨリを見たと言って信じてもらえないヘジュは、自分で見つけ出すと言って会社に押しかけ「ここでヨリとキスをしていたでしょう」とムヨルを睨み付ける。

ヨリの指紋や、髪の毛、痕跡が何かあるはずだと妄想にとらわれたヘジュは、ムヨルのデスクを荒らし、社内で騒ぎ立てるヘジュを見たク会長は「夫婦ゲンカなら家でやれ」とヘジュに怒り、連れ帰るようにムヨルに命じる。

半狂乱になったヘジュは、ムヨルがヨリとキスをしていたと言ってきかず、ムヨルの浮気を疑ったク会長は「お前が信用できないからヘジュが変なことを言い出すんだ」と彼を責める。

監視カメラのことを黙っていたジウォンは、ヘジュが夫の車にカメラを付けるほど病的だと教え、ムヨルは潔白だと彼をかばう。

ドチに捨てられたハン・ソラは、このまま一人だけ損をしてなるものかとジウォンを呼び出し、黒幕だとバラしていいのかとジウォンを脅すが、未成年で子どもを産み、姉に押しつけていることで逆に脅迫される。

スポンサーリンク

ジウォンとの会話を録画したハン・ソラは、ユン・ソル弁護士に巨額の報酬を約束しジウォンからカネを巻き上げるように頼むが、子どもを捨てるという身勝手なソラをヨリは許さず、「今度ク・ドチに近づいたら芸能界から抹殺してやるわよ」と8ミリカメラごとソラから取り上げる。

ヘジュの頭からはヨリが離れず、娘が幻覚を見ていると思っているジウォンは、ヘジュを騙して神経精神科につれていく。

閑静な住宅街のオシャレな家に案内されたヘジュは、そこが診察室だとは気づかず、医者の話を聞いてようやく自分が病人扱いされていると知る。

発狂したヘジュは、幻覚じゃないと言い張り、治療を拒絶して家に帰る。

オリバー・チャンから高齢者扱いされたエノクは、彼に近づく方法として、学生募集のアルバイトに娘のヨルメを行かせる。

ドチに捨てられる情けない女優よりも、自分が主役になろうと考えたハン・ソラは、記者会見を開き、ク・ドチと別れたのは、彼がウィドグループの御曹司だと分かったからだとドチの秘密をバラす。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←18話     20話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃