韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ6話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく6話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ6話

目覚めたヨリを部屋に残し、ホン・ジウォンに引き渡したムヨルは、彼女が妊娠していると聞き、ヨリを助けようとはするが、世界をあっと言わせたいという野心を持つ彼は、ヘジュの誘惑に負けヨリとの人生を捨てる。

「俺は、その子を望まない。父親のいない子どもを産んで、どうやって育てるんだ。」

ムヨルに拒絶されたヨリは絶望し、放心状態の彼女をホン・ジウォンは拉致同然に連れ去る。

女性に気を取られてカメラのことを忘れていたク・ドチは、泥棒を捕まえようと自宅に戻る。

2階の部屋にはヨリが監禁されており、ドチ叔父さんに見つからないよう、ヘジュは彼女を解雇したと説明し、ヘソンの再発で両親は気が立っているから、目に付かないうちに帰ったほうがいいとドチを追い返す。

ヨリを裏切ったムヨルは自暴自棄になり、高級クラブでやけ酒を飲む。

学生時代の同期から、貧乏人が来るところじゃないと絡まれると、こんな人でなしの人間は殴られて当然だと相手にケンカをふっかけ、殴られるままに身を任せる。

知らせをうけたヘジュは彼を助けにいくが、ヨリのためにボロボロになっている彼を見て腹が立ち、私のところへ来るのなら、彼女への未練をきっぱり断ち切ってから来てちょうだい、と抱きしめようとするムヨルを突き放す。

幼い息子を助けるためなら、どんな非情な人間にもなれる。

ジウォンは心を鬼にしてヨリを監禁し、手術のために彼女の体力をキープしようと食事を届ける。

抵抗するよりも、まずは屋敷を脱出することが先決だと考えたヨリは、移植をすると言ってジウォンを騙し、おとなしく観念したように見せかける。

ヨリが手術を受けるというと、ジウォンの態度もコロッと変わり、手術が終わればヘジュを説得しムヨルをあなたの元へ帰すわ、と約束する。

ジウォンを油断させたヨリは、ヘソンの写真が見たいから携帯を返してほしいと頼み、先日助けてくれた男性なら、今度も協力してくれるかもしれないとク・ドチに連絡を取る。

病院に向かうためジウォンの車に乗ると、ヨリは逃げるタイミングを見計らい、車が赤信号で止まった瞬間逃走する。

ヘジュの機嫌を損ねてしまったムヨルは、彼女をつなぎとめるために関係を持ち、ムヨルを手に入れたヘジュは、最高に幸せだと、心ここにあらずの彼に抱きつく。

カメラを返すと言ってグ・ドチを呼び出したヨリだが、2度も騙されてなるものかと思ったドチは、ヘジュに待ち合わせの場所を教え、警察に通報するよう連絡を入れる。

スポンサーリンク

彼が助けてくれると思って待っていたヨリは、ジウォンの姿を見て驚き、行き先も分からず、高速バスに飛び乗る。

お父さんの保険金をムヨルの母に渡してしまったヨリの口座には、わずかなお金しか残っていなかった。

ヘソンの容態は悪化し、このまま手術を受けなければ死んでしまう。

ジウォンはどんな手を使ってでもヨリを見つけようと、弱みのある部下を脅迫し、ヨリを連れ戻すよう命じる。

お金もないのに民宿に泊まっていたヨリは、半月間の滞納を責められ宿を追い出される。

ATM機の使用からヨリの居場所に検討をつけたチンピラは彼女を捜し、食べ物を物色しているヨリを発見する。

体力の弱っていたヨリは、赤ちゃんのためにも必死で生き延びなければと逃げ、ビルの屋上に隠れるが、吐き気をもよおし、身動きした瞬間、足元にあった空き瓶に触れ、音が鳴ってしまう。

チンピラはヨリを追い詰め彼女を捕らえようとするが、足が滑り、屋上から宙づりになる。

ヨリはおじさんを助けようと手を差し伸べるが、大人の男性を彼女の力だけで引き上げることはできず、男はそのまま落下する。

その頃、危篤状態となっていたヘソンは息を引き取る。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←5話     7話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃