韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ42話

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ42話

鳴かない鳥

今回の韓国ドラマはこちら!
鳴かない鳥
さっそく42話をご覧ください
鳴かない鳥・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ42話

ハニにぞっこんな息子の気持ちを変えさせることができないハギョンは、ミジャとの約束もそこそこに息子の気持ちまでは自由にならないと優柔不断。
大きな犠牲を払いハギョンを社長に祭り上げたミジャは、約束を反故にするなら社長の座を下りてもらうしかないと彼女を脅す。

母からランチに誘われたテヒョンは、待っていたユミ母娘に気分を害し食事するだけでも嫌だと帰ってしまう。
ハニのことしか眼中にない彼は、自分のせいで障がいを負ったユミに同情すらせず今まで優しくしてきたのはハニの妹だったからだとユミを傷つける。

引き裂こうとすればするほどハニカップルの絆は深まり、後戻りできなくなったユミは、ハニがミン・ハギョンのために用意していたインタビュー原稿を盗み自分の手柄にしてハギョンに渡す。

テヒョンと食事に行って出遅れたハニは、ハギョンが呼んでいると言われ社長室に行ってみると新社長インタビューの真っ最中。
ハニを見た記者は亡き社長の娘として彼女に興味津々、ハギョンのインタビューは中断する。
頼まなくてもサポートするユミに比べ、インタビューの邪魔をするハニに愚痴るハギョン。
自分が用意した原稿を盗られたハニはユミに食ってかかり、これは私が用意したものよとユミはしらを切り通す。

病院に一度も見舞いに来なかったハニ祖母は、ユミが家出してはじめて彼女の苦しみに気づき、「いつでも帰ってきなさい」と怪我をした彼女の右手をつかむ。今さら優しくされても元に戻れないユミ。

ロビーに来ていたハニ祖母を見つけたハギョンは、殺人事件のあったような家とは親戚になれないと破談を告げる。

会社名を一掃しイメージ転換をはかるハギョン。大企業のはずなのに雑務を担当する人がいないのか、受付デスクに貼り付けられた”スヨン化粧品”のロゴをハニが自らへらで一つずつ剥がしとる。。

破談になればハニ家族を養う義務などないハギョンは、マンションリフォームに取りかかり、予告なく荷物を運び出されたハニ祖母は動揺する。
ミンジを連れて帰ってきたミンギはエレベーターホールで真っ青になっているハニ祖母を見つけ水を与えて介抱する。

死刑宣告を受けたナムギュに最後のお別れを言うミジャ。全てが彼女の犯行だと感付いているナムギュは、何としてもミジャの企みを暴いてみせると闘志を燃やす。

スポンサーリンク

20をとっくに過ぎた子供たちがいても、いつまでもラブラブなパク夫妻。
国会議員パク・トジュンのラブラブぶりに聞き耳を立てていた運転手は、前方不注意で人をひきかける。

面会が終わり拘置所から出てきたミジャは車に轢かれそうになり、平身低頭頭を下げる人物から名刺を受け取る。
国会議員パク・トジュン、思いがけず大物と知り合ったミジャは、使えそうな議員の名刺を大切に保管する。

無罪を主張するナムギュなら当然控訴するものと思っていたソンスは、カン弁護士から控訴しないと言われ、腑に落ちない。
妹の事務所に行ったソンスは、裁判資料を見せてもらい証拠品のニッパーについて疑問を抱く。
ナムギュが控訴しないと聞き、ハニに会うソンス。父を尊敬し無実を信じていると言っていたハニは、豹変し、ナムギュを軽蔑し恨んでいた。

マンションから追い出されたハニ祖母はドアの前でうずくまり孫の帰りを待つ。
今はまだ破談を秘密にしてほしいとハギョンから言われたハニ祖母は、自分がリフォームのことを言い忘れていたとハギョンをかばう。

スタイル自慢のスティーブは短パンをまくし上げ、太ももの筋肉を自慢する。
露出狂のスティーブと一緒にサウナに来たスチャンは、恥ずかしくて逃げだそうとするが、サウナ生活しているハニに驚き柱に隠れる。

ハニがマンションを追い出されたと知ったテヒョンは既成事実を作ろうと、ハニを車に乗せ、尻込みする彼女をホテルに連れ込む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「鳴かない鳥」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←41話     43話→

鳴かない鳥 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ