韓国ドラマ マイヒーリングラブ あらすじ31話+32話 感想とネタバレ

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!

今回はマイヒーリングラブのあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 31話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 32話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

それではさっそく31話のあらすじからお楽しみください!

マイヒーリングラブ あらすじ31話

ジンユはチウだけを車に乗せ、夫にはメールでもすればいいとワンスンを置いていく。

食事会が始まってもワンスンには連絡がつかず、チウは、チェ家の家族に失礼だと板ばさみになる。

その頃、ワンスンは病院にいた。

一線を越えてしまった以上、友達関係に戻ることもできないと彼に別れを告げられたミヒャンは、パニックになり発作を起こす。

意識の戻らない彼女を置き去りにはできず、チウから何度も連絡があるが、ワンスンは電話に出られず困り果てる。

優柔不断男!
病院にはお医者さんも看護師さんもいるから、あなたがついていなくても大丈夫。

スポンサーリンク

普段は料理なんかしないジュチョルが台所に立ち、すべてのメニューを作り上げる。

チウ姉さんに家族が見つかったことは嬉しいことだけど、サムスク母さんにしてみれば娘を失ったようなもの、お母さんが寂しい思いをしているだろうと気遣ってのことだった。

ワンスンは夕食の時間がすっかり終わってから、ようやくチェ家にやってきた。

みんな彼が仕事で遅れたと思っているので、おばあさまも寛容に受け入れてくれるが、ジンユの突き刺さるような冷たい目線にワンスンは見透かされているようで震える。

後ろめたい気持ちがあるからですよ。

団らんも終わり、チウ夫婦が家に戻るので、ジンユが外まで見送りに出たのだが、チウが、忘れ物があると屋敷に戻り、ワンスンと二人きりになったジンユがビルの前で見たことを告げる。

ワンスンはしどろもどろ、あの女性は依頼人だと言い訳し、家庭環境が複雑な人なんだと自分は責任逃れしようとするが、そういう相手の仕事は断ればいいと、ジンユはバシっと言い返し、今後も連絡を取り合うなら容赦しないとキツク言い聞かせる。

依頼人が背中に抱きつきませんよ。
言い寄られて困っているとか、もうちょっとマシな言い訳ないか?

夕食に招待されなかったイボクは、いったい何を食べたのか、どんな歓待を受けたかといちいち詮索する。

ワンスンが遅れてお茶しか飲んでないというと、イボクはピンときた。

ワンスンをジョンスンの部屋に連れていき二人だけになると、“チャン・ミヒャン”彼女の名前を口にし、おどおどするワンスンに「妻が財閥になったのに、あんな子と遊んでる場合じゃないでしょ!」とワンスンのお尻をたたく。

お母さんが知っているなら、離婚になっても文句言えないね。
よし!

おばあさまはチユにアルバムを見せ、彼女を産んですぐに亡くなってしまったミヨン母さんの写真を渡す。

孫を預かっておきながら見失ってしまったおばあさまは、娘が死んでから一度も夢に見ることができなかったが、昨日はチユが見つかって許してくれたのか、24歳の若いままの姿でミヨンがおばあさまの夢に出てきた。

33年ぶりにチユが見つかって、おばあさまの罪悪感が和らいだからじゃないかな。

デザイナー、イム・チウの描いた木の絵がベースとなり、新年限定商品が完成する。

発売日に合わせて慈善バザーも行い、商品の収益金は全額寄付すると聞き、社員はすごい金額になると驚く。

会長の私財が投入されるのは初めてのこと、令嬢が行方不明だと知っている社員たちは、お嬢様が見つかったのかもしれないと推理をきかせる。

そこまで推理するなら、もう一歩。
どうしてイム・チウがチェ家の人と親しいのかなあ。

ウンジュが面接を受けた税理士事務所は未婚、子持ちの女性に対しても偏見なく、ウンジュの能力で判断してくれた。

彼女は事務職に必要な資格をたくさん持っており、「給料は安いですよ」と事務所側のほうが恐縮するぐらい。

面接は1回で決まる。

31話の感想

電算会計1級、電算税務2級、税理士事務所でバイト経験あり 電子税理の計算はお手のもの。
ウンジュさん、ちゃんと自活できる人だったのね。
ジョンスンだけをあてにして子どもを産んだかと思ってました、ごめんなさい。

マイヒーリングラブ あらすじ32話

嫁いびりしているイボクは招待されず、チェ家はチウを大切に育ててくれたサムスク一家を食事に招待する。

迎えにきたのはお抱え運転手に送られてきたチウ。

トランクには、アワビ、メロンなど高級食材がたくさん入っており、宮廷料理が作れそうだとサムスクは喜ぶ。

33年間の食費にもならない。
もっとすごいものくれるかと思った。

スポンサーリンク

チウを育ててくれたサムスクに対してお礼の席を設けた会長は、手放しで喜べる気持ちにはなれなかった。

チユを拾った時に、どうして警察に届けなかったのか。

子どもに恵まれず引き取ったとも考えられず、どういう事情だったのか確かめたいというのが、この席を設けたもう一つの理由だった。

苦しい生活のなかチウを立派に育ててくださったのに、申訳ないとソンジュが言うので、初対面の今日は嫌な話をしないつもりだったが、おばあさまが遊園地で手を離したあの日のことを後悔すると、サムスクはチウが市場で若い女性と一緒だったと、ヨーグルト配達員から聞いた状況を話し、年齢から考えておばあさまであるはずがないと驚く。

ソンジュとチユが一緒にいるところを目撃している人がいるのね。
だったらなんで、家族を見つけられなかったんだろう。

あの時、泣き叫ぶ女の子を見て、迷子かと様子を見ていたヨーグルトの配達員がいた。

女の子が「おばさん」と言って、きれいな女性に抱きつくのを見て、母親に会えたと思ったのだ。

「女優さんと間違うほど、きれいな人だった」と聞いているサムスクは、おばあさまではなく奥さまのほうじゃないかとソンジュに尋ねる。

年齢は分かるけど、それは失礼でしょう。
おばあさまも結構美しいほうよ。

食事が運ばれてきて話はそのままになり、まさかその若い女性がソンジュだとは誰も考えなかった。

あの時、チウは、貧しそうな身なりで赤と緑の服を大事そうに抱えていた。

カバンの中には“大事に育ててください”とメモが入っており、捨てられた子だと思ったのだが、家族が必死で捜していたなら、なぜあんなメモが入っていたのか、サムスクの頭では理解不可能だった。

イユの幸せオーラは隠せず、会社の中でもジュチョルを見るとハートが飛び交う。

恥ずかしいほどメロメロの妹を見てしまったジンユは、簡単に喜ぶわけにいかず、警備員の彼がチェ家に傷つけられるのではと心配する。

イユとジュチョルの交際は、おばあさまも知っており、チユの弟は絶対にダメと、彼女もソンジュも大反対。

ジンユが間に入ってジュチョルと話をしてみるが、ジュチョルの思いは深く「俺が揺らいでしまえば、チーム長を傷つけてしまうことになります」と、イユを大切に考え、チーム長に見合う男になってみせますとジンユに約束する。

パク弁護士とは随分違う。
ジンユとしては許してあげたいだろうな。

スポンサーリンク

お養母さんの話を聞いた後、チウは赤と緑の服を着た自分が女性に抱きつく映像を思い出す。

サムスク養母さんと会った時には、茶色のチェック柄のワンピースを着ていたというのだが、いったいなぜ服が替わっていたのか。

誘拐事件だとすると時効が過ぎているが、おばあさまは、その若い女性を見つけなければとジンユに頼む。

探偵とか使えば見つけられるんじゃないかな?
目撃情報もあるし、ヨーグルト配達員なら、業者に名簿が残っているかも。

サムスクがどこまでの情報を持っているのかと、ソンジュは家をプレゼントする口実を作り彼女に会いにいく。

育ててもらったお礼に家を贈りたいと言われても、そんな高価なものをもらってしまえばチユが肩身が狭くなってしまうとサムスクは断り、捨て子だと思ってしまったのは、チユのカバンに入っていたメモが原因だと事情を話す。

32話の感想

家1軒、手土産状態?笑
話を聞き出すために贈るには随分と高額商品。
ソンジュは、こんなものまで自由に贈ることができるの?

マイヒーリングラブ あらすじの続き 一覧

「マイヒーリングラブ」前後のお話はこちらから

←29~30話     33~34話→

「マイヒーリングラブ」各話の一覧はこちらから

【『マイヒーリングラブ』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「マイヒーリングラブ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

韓流プレミア マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~|テレ東

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆