韓国ドラマ・ミセン・あらすじ2話

韓国ドラマ・ミセン・あらすじ2話

ミセン -未生-

今回の韓国ドラマはこちら!
ミセン -未生-
さっそく2話をご覧ください
ミセン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ミセン・あらすじ2話

初日の仕事を終えたグレは、今日一日の事を思い出しながら一人家路につく。

学歴もなければ、外国語も話せない。そんな彼の事をインターン生たちは皆、口をそろえてバカにし「なんであいつと同じ扱いなんだ。イライラするな。」と、悪口を言われていたのを、グレは陰で聞いてしまった。

居酒屋はにぎわいを見せる時間帯で、仕事仲間と仲良く酒を飲む知らない人々。
孤独を感じるグレは帰宅して早々に、自分を”能無し”に仕立て上げる原因を作った囲碁版を投げ捨てる。

若かりし頃。
プロ棋士を目指していたグレは、毎日のように囲碁に明け暮れる。
病気の父に変わり、稼ぎを出さなければいけなかった彼は、バイトを辞めるわけにいかない。

グレの師匠は、プロ試験には合格しないものの、彼には才能があると見抜き手をかけてきた。
「凡ミスを重ねてしまうのは、バイトで集中力を欠いているからだ。」と、やめるように促されるグレだったが、やめるわけにいかず、プロ棋士を諦めたくもない。
人より努力する事に長けているグレは、バイト中も囲碁の勉強を重ね将来を夢見ていた。
しかし、突然の父の死。彼は夢を諦めざるを得なかった。

出勤二日目。
息子にスーツを買ってくると約束していたグレ母。
万引き(たぶん)したスーツを手渡すには気が引け、「ごめん。まだスーツを買ってない。」と、謝罪する。

追記
管理人の勘違いでした。万引きじゃなくて激安のスーツ買った設定みたいです!
通りすがりさん、ありがとうございましたm(__)m

人より早く出勤したグレは、自分に何ができるのか考えを巡らせる。
ふと目に入った社内連絡網を暗記し、どこにでもすぐに電話を掛けられるようになる。

クライアントとの重要な約束を控え、海外出張から帰国した営業2課のオ課長は、渋滞に巻き込まれる。
少なく見積もっても30分は遅刻・・・
「場を繋いでおけ!」と、オ課長に指示されたドンシク代理だったが、別の案件があるため行く事ができない。
高麗ニンジンをお土産に持たせ「お前が行って、場を繋いでおけ!」と、グレに無茶ブリ。

外国語を話すことができないグレ。
クライアントは外国人で、絶望的な状況に立たされる。

やっと待ち合わせのホテルに到着したオ課長。
「遅れてしまってすみませんでした」と、クライアントのヘンリーに謝罪する。
怒っているのかと思いきや、満面の笑みを見せるヘンリー。
「彼のおかげで楽しめたよ。」と、グレの事を褒める。
言葉はろくに通じないものの、囲碁を通じてその場を繋いでいたのだった。

会社に戻る車内。
学歴がないグレに「今まで何をやっていたんだ?」と、予想通りの質問を始めるオ課長。
自分を売り込む材料を考えた結果、「努力ならだれにも負けません。」と、アピールするグレ。

ここは会社であって、学校ではない。大人な意見を言い返すオ課長は「努力だけで認められるのは、学生までだ。結果を残せ。」と、洗礼を浴びせる。

会社に戻ったオ課長は、ヨンイのメモを見て彼女を気に入る。
グレと比較し、ヨンイの方が能力に長けると考える課長は「インターンが終わったら、うちの部署を希望してくれ。」と、声をかける。

会社にモマレ、元気がない息子を気に掛けるグレ母。
なけなしの金をかき集め、高級スーツを買い、ワン・インターナショナルへと向かう。
母にもらった新品のスーツに袖を通し、気持ちも新たに仕事に戻るグレ。

スポンサーリンク

また新たに問題が発生。
塩辛を輸出する予定だったが、”ベイカ”というイカが混じってしまった。
塩辛にふさわしくないベイカは、異物扱いとなってしまい、検品のため工場へと向かうインターンたち。

工場へ着いたインターン生たちは、作業着に着替え検品を開始。
突然のトラブルのため、人数分作業着を準備できなかった工場側。
母にもらった新品のスーツのまま、汚さぬように気をつけながら作業を始めるグレ。

二人一組で作業を進めるインターンたちだったが、グレと組みたがる者はだれ一人いない。
一人虚しく冷凍車に乗り込んだグレは、黙々と作業を進めていく。

課長からの電話に出ようとしたグレは、検品中の塩辛の海に携帯をドボン。
新品のスーツという事も忘れ、塩辛の海に思わず腕を突っ込んでしまう。

スーツはボロボロ、電話は故障。
グレと連絡のつかないオ課長は、ベッキに電話をかけ、返品になった旨を伝える。

「無駄な作業になってしまった代わりに、一杯おごってやる。」
検品作業を引き上げ、居酒屋に向かうインターンたち。

「中止になったことを、グレにも伝えてくれ。」と、インターン仲間のサンヒョンに頼むベッキ。
グレの事を気に入らないサンヒョンは、わざと聞こえないくらいの小声で「引き上げるぞ~。課長が酒をおごってくれるってよ~。」と、呟きその場を離れる。

一緒にいた仲間は「酷すぎないか?」と、後ろめたさを口にするが、性格の悪いサンヒョンは「洗礼だよ、洗礼。」と、ほくそ笑む。

会社まで戻ってきたインターンたち。しかし、そこにグレの姿はない。
サンヒョンが”洗礼”と、理由をつけ、グレに意地悪したと知ったベッキは「酷すぎる。工場に電話する。」と、サンヒョンをぶった切る。

工場の人から中止の旨を聞いたグレ。やっと自分がのけ者にされたと気が付く。
黙々と作業に集中していた彼は、身も心もボロボロ。
複雑な心境を抱えながらも会社に戻った彼は、残業で残っていたヨンイと出くわす。

タイミングよくベッキから電話がかかってきたヨンイ。
グレが戻ってきたことを伝える。

グレは「すまない。サンヒョンがふざけたみたいなんだ。」と、謝罪されるが、電話の向こうで「やっと戻ってきたのか ヒャッハー」と、罵るインターン仲間の声が聞こえる。

バカにされ黙ってられないグレは、「片をつける」と、塩辛のにおいが染みついた体で居酒屋へと向かう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ミセン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←1話     3話→

ミセン あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

2 Responses to “韓国ドラマ・ミセン・あらすじ2話”

  1. 通りすがり より:

    グレ母はスーツを万引きしたわけではなく、市場の激安スーツ買いました。 最新デザインでもない激安物を息子の初出勤に渡すのが気が引けたが公式の設定です。

    • た坊助 より:

      通りすがりさん☆
      (゜o゜)!!
      勘違いしてました~(^_^;)ご指摘ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ