韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ69~70話

みんなキムチあらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
みんなキムチ
さっそく69~70話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、みんなキムチ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ69話

ハウンを黙らせようとやってきたソニョンだが、
「自分のした事は自分に必ず戻ってくる。」と冷静な彼女に言われ、心中穏やかでない。
頼りにならないドンジュンに嫌味を言って店を出る。

その頃、セチャンを騙して念書を書かせたヒョンジは、脅迫して彼に仕事を頼む。

ハウンと付き合う事をヨンソクに話したテギョンは、
両親の「パク会長の所へ行け。」との遺言を、ハウンの為に無視するのかと怒られる。

ドンジュンの複雑な嫉妬心は、子供のようにハウンを責める。

ジウンは毎日朝晩用もないのにやってくるテギョンがハウンの顔を見てデレデレ状態に、
二人の関係を勘ぐる。

ハウンが脅しに動じないと感じたソニョンは
「ダユルを引き渡して縁を切りなさい。」娘を説得するが、
「ダユルは私の子よ!」と言って、どうしてもヒョンジは聞き入れない。

お遊戯会があり、ダユルは
「一生懸命練習したからパパとママ両方に見て欲しい。」とスジンにねだるが、
昨日ヒョンジに口答えしたスジンは、立場が悪く頼み事ができない。

ハウンの様子が暗かったので、テギョンはジウンに事情を聞く。
姉の事を特別に気にかけるテギョンに、二人の関係を察知したジウンは
「義兄さん!姉をあの人たちから守ってね」と呼びかけ、
「義兄さん。」と呼ばれたテギョンは気恥ずかしい。

ヒョンジに脅されたセチャンは、真夜中に工場に侵入し、自動温度調整装置の電源を切り、
貯蔵庫の扉を開けっ放しにして帰る。

ヒョンジは朝から超ご機嫌、父におかずを取り分け、ダユルにも珍しく満面の笑みで接する。
ご機嫌なヒョンジは鼻歌を歌い、ドンジュンに愛らしい笑顔を向ける。

セチャンはテギョンに会わせる顔がなく、しかし
「欠勤しては疑われる。」と朝からイェソル相手にお悩み相談。

朝から追加注文も入り気分のいいテギョンだったが、
貯蔵庫の電源が切れていたとの報告を受け、工場に走る。
貯蔵庫の温度は上昇し、キムチは使い物にならない状態に・・・。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ70話

貯蔵庫のキムチは全て売り物にならず、テギョンたちは出荷キャンセルの対応に追われる。

自動温度調整機に異常はなく、防犯カメラから男の侵入者を確認したテギョンは警察に通報し、
セチャンは怖くなって逃げる。

事件を知った会長は「テギョンの力になりたい。」とテガンの名を伏せ、
売り物にならなくなったキムチをボランティアで使うよう、ドンジュンに指示をだす。

テギョンの尻拭いを言いつけられた、と愚痴をこぼすドンジュンに、
何もするな、とヒョンジは怒り、
「実の息子でもここまでしないよな」と口を滑らした彼に
「うるさい!!!」と怒号を浴びせ、ビックリたまげたドンジュンは腰をぬかしそうになる。

ああ怖い。

防犯カメラの映像は不鮮明で犯人を捕まえられるかわからない。
例え犯人が捕まったとしても、商品は売り物にならず大損だとヨンソクは嘆く。

ヒョンジはテギョンだけ特別扱いしないで、と会長に指示の撤回を要求するが、
ドンジュンに出した指示が駄々漏れな事に会長は怒り、
「今後情報が漏れるような事があればドンジュンに責任を問う。」とヒョンジを牽制する。

セチャンが会社に問題が起きたと言って早退し、ハウンはテギョンが心配になる。

ハウンの行動次第でテギョンに迷惑がかかる。
テギョンの人生を壊したくなかったら諦めろ。
ヒョンジやドンジュンの言葉を思い出したハウンは、事件の犯人は彼らだと思い、
ドンジュンのところへ行って彼を問い詰める。
騒ぎ立てるハウンにヒョンジも加わり、「責任転嫁しないで。」とハウンを怒るが、
理性のなくなったハウンはもう黙っていない。
ヒョンジが自分の策略のために、ドンジュンとの赤ちゃんまで利用した事をバラしてしまう。

ハウンは嘘をつくような女ではない。
思い返せばマタニティードレスをプレゼントした時も、ヒョンジは迷惑そうな反応だった。
ドンジュンの中にヒョンジへの疑いが凝りとなって残る。

自らの罪に耐えきれなくなったセチャンは、
「警察へ自首したい。」とヒョンジに電話するが、
赤ちゃんもろとも路頭に迷っていいのか、と脅され困り果てる。

テギョンは自力でボランティア施設を探し、そこへ彼を心配したハウンがやって来る。
虫が泣き、のどかな初夏の夜なのに、いつも明るいテギョンは辛さで冷たくこおり、
ハウンは何も言わず自分の温かな手をさしのべる。
「そばにいる事しか何もできない。」非力なハウンは、精一杯テギョンを励まそうとする。
二人の手と手を合わせ、しっかり握りしめると、この困難な状況でも
何とか堪え忍ぶ事ができる。

会長の指示に従うドンジュンの仕事を無視して、ヒョンジは
「テギョンの件は自分で方をつける。」と出ていく。

警察に行けなくても、せめてテギョンに謝ろうとセチャンは夜道をとぼとぼ歩き、
彼を見つけたヒョンジは、彼を脅して黙らせようとする。
いくらお金を積まれても、もうヒョンジの脅しには屈っしないと
二人が押し問答しているところへ、ハウンたちが帰ってきた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「みんなキムチ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

みんなキムチ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ