韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ67~68話

みんなキムチあらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
みんなキムチ
さっそく67~68話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、みんなキムチ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ67話

ヒョンジたちは大人しく立ち去れと言われてもハウンの店の前を動こうとせず、
会長はテギョンを手招きし、迷惑をかけたユ・ハウンさんに渡して欲しいと
封筒を託して帰る。

空気を読まないヒョンジは食堂に入り、浴びせられる嫌みも無視。
ハウンの作った卵焼きにキムチチゲを完食。
ダユルに厳しい事を言いながらも、ハウン手作りのワンピースをダユルに着せ、
ハウン特製ダユルお誕生日スープも食べる事を許可する。

ドンジュンはダユルを利用してまでヒョンジがテギョンに何か企んでる事を追求するが、
ヒョンジのガードは硬い。

パク会長は妻の嘘を責め、ヒョンジと二人して、
なぜテギョンを自分から遠ざけようとするのか叱責する。

「チョン・ミラン。」 テギョンの母親の名前を口にしたソニョンは、
会長の心に、まだこの女性が居座っていると夫を責め、
テギョンへの嫌がらせは全て嫉妬心からだと説明する。

店の後片付けを手伝いにきたテギョンは、会長から預かった封筒をハウンに渡す。
当然受け取ろうとしないハウンだったが、「会長の気持ちだから。」との説得に折れる。
帰るテギョンを見送るハウンは初めて「テギョンさん。」と彼を名前で呼び、
有頂天のテギョンはハウンを抱き締める。

そこへ、現れたヒョンジは抱擁する二人を見て、身を隠し、
獲物を見つけた狐のように二人を監視する。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ68話

ハウンが会長に告げ口した事を責めにきたヒョンジだったが、親密なお二人さんを見て、
「どこでも好きな所へ行って幸せに暮らせば。」っとハウンをあざ笑う。

パク会長は長年苦しんだ妻の気持ちを初めて知り、自分が悪かったとソニョンと仲直りする。

ダユルのお誕生日祝いをせがまれたスジンは、自分の携帯でハウンとお話させてあげる。
豪邸なのに扉が薄いのか、部屋の外に漏れ聞こえる会話から、
ダユルに自分の許可なく電話をさせた、と怒ったヒョンジは、
「給料をもらってる身なら言う事を聞きなさい。」とスジンを説教する。

隠し事ばかりでドンジュンの事をバカにするヒョンジに、ドンジュンの不満は膨れあがる。
なぜ義母と二人して、テギョンにばかり執着するのか。
妻を追求すると、ハウンとテギョンが付き合ってる、と馬鹿げた事を聞かされる。

ハウン達が親密である事を母に話したヒョンジは、
「二人のうちどちらか一人を遠ざければ、もう片方はくっついて行く、
とまるで動物か何かのように簡単に考える。」

ハウンはテギョンにお休みコールをして、二人の関係がヒョンジにバレてしまった事を
報告するが、彼は、「隠す必要もなく、かえって知られて良かった」と爽やかに答える。

会長から頂いた金額があまりに大金だったので、
ハウンは受け取れないと会長に返しにやってきた。
彼女に「心の借りを返したかった。」と言う会長。
ヒョンジの事やダユルの事、今までの辛かった出来事をひとつひとつ会長が
理解してくれただけでハウンは救われた気持ちになる。

母の言う通りに工場の敷地権を父に渡したヒョンジは、
父とハウンが自分に隠れて何か話していた、と母に電話する。

いつもは緑の服に緑のバッグ、青の服に青のバッグと、
同色のバッグしか持たないソニョンだが、ヒョンジの連絡を受け、
珍しくグレーのワンピースに、ピンクのバッグを持って出掛ける。

ヒョンジから呼び出されたセチャンは、テギョンに嘘をついて半休を貰う。

ハウンがテギョンと付き合っていると聞いたドンジュンは我慢できず、テギョンを尋ねる。
ハウンの事を思って別れろと言っても、テギョンは自分がハウンを守ると偉そうに反論し、
ドンジュンは白菜ヤローに腹をたてる。

ハウンが会長にややこしい話をしたせいで、
自分の立場は悪くなったと彼女を責めるドンジュンは、
「ダユルの母親のくせに男と付き合うな。」と支離滅裂、ハウンの肩をつかみ、
責め寄っているところへ、ソニョンが現れる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「みんなキムチ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

みんなキムチ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ