韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ23話

魔女の法廷

今回の韓国ドラマはこちら!
魔女の法廷
さっそく23話をご覧ください
魔女の法廷 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ23話

チョ・ガプスは義兄アン会長に泣きつくが、妹を殺されかけた会長は離婚届を突きつけ、ソリムにされたことをそのまま仕返ししてやると 法務チーム長ホ・ユンギョンに命じる。

クァク・ヨンシル殺人教唆事件。

チョ・ガプスの逮捕は秒読み段階に入り、イドゥムは、やっとお母さんの事件を追及するときが来たと喜ぶが、彼女は被害者の家族であり報復に値すると担当を許されず、加害者の息子であるヨ・ジヌクが担当を任される。

自首を拒否した母とはあれ依頼会っていなかったジヌクは、母を自宅に呼び出す。

寝る間も惜しんで事件にかかりきりになっていたジヌクの部屋は、イドゥムのようにゴミ屋敷になり、母を迎えるために、少しはましな状態にしようと、急いで掃除を始める。

自首を拒んでいたコ・ジェスクは、犯罪者の息子として生きることになっても大丈夫なのかとジヌクを心配し、法廷に立つ覚悟を決める。

特検チームは職権乱用 業務妨害 私文書偽造 斡旋収賄 贈賄などの容疑でチョ市長の勾留状を請求、マ・イドゥムの記者会見を見ていたクァク・ヨンシルはなぜか涙をこぼし、限界を感じたチェ看護師は、マ・イドゥム検事が生き別れたヨンシルの娘だと教える。

市庁には暴徒がつめかけ、市長を辞任しろとチョ・ガプスの胸ぐらをつかみ、彼は逃げるように車に乗り込む。

母が生きていると知らされたマ・イドゥムはジェスクの病院に向かうが、ギョンジャの妹ではないと言われたヨンシルは動揺し、娘が会いにくるというので、恐る恐るチャイムのなった扉を開ける。

そこにはマ検事ではなく、見知らぬ中年男性が立っていた。

追い詰められたチョ・ガプスは、自分のことを覚えていないヨンシルを拉致し、イドゥムに脅迫メールを送る。

母と交換に手帳を要求されたイドゥムは、冷静さを失い手帳を持ち出そうとするが、ミン・ジスクは「手帳を渡しても、チョ・ガプスが素直に要求に応じるはずがない」とイドゥムを止める。

チョ・ガプスが指示してきた場所は、ヨンパ山。

携帯の発信記録はチュヨン洞だった。

イドゥムは母が見つかるまでの間、時間稼ぎをするからとミン・ジスクを説得し、チョ・ガプスの要求に応じる。

チョ・ガプスに会ったイドゥムは、20年前の暴行拉致事件の証拠を取ろうと小細工するが、最初からヨンシルを渡す気などなかったガプスは、倉庫内に捕らわれたヨンシルの動画を見せ、合図一つでガソリンに火を付けるぞと脅す。

スポンサーリンク

動揺したイドゥムは、時間稼ぎする余裕もなく手帳を投げ捨て、「お母さんは、どこなのよ!」と叫ぶが、ガプスは、「始末しろ」と携帯に向かって叫び、車に乗って逃走する。

山の斜面から燃えさかる倉庫が目に入り、イドゥムは現場に向かうが、炎に包まれた倉庫は熱されて触ることもできず、何もできずにおろおろと泣き叫ぶ。

鉄扉を破壊しようと道具を探していたジヌクが、入口を壊しヨンシルを助けだす。

病院で目を覚ましたヨンシルは、「お母さん」と呼ばれても実感が湧かず、思い出すことができないとイドゥムに謝る。

20年ぶりの親子対面にチェ看護師はもらい泣きするが、母を守るためとはいえ、プジン島に行ったときにも黙っていたチェ看護師に、イドゥムとしては怒りがこみ上げる。

ゴボウ茶ごときで、罪滅ぼしなんてできない。

素直になれないイドゥムは彼女を睨み付けるが、本当に妹だと思って暮らしてきたと言われると、「母さんを守ってくれて、ありがと」と、ぶっきらぼうに宙を向いて礼を言う。

20年ぶりに、やっとクァク・ヨンシルに会うことができたミン部長は、生きていてくれて感謝しますと涙ぐみ、彼女にまだ会ってはいないはずのヨンシルは、どこかで見た気がすると記憶の奥を探る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「魔女の法廷」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     最終回→

魔女の法廷 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「魔女の法廷」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

魔女の法廷 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃