韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ11話

魔女の法廷

今回の韓国ドラマはこちら!
魔女の法廷
さっそく11話をご覧ください
魔女の法廷 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 魔女の法廷 あらすじ11話

チョ・ガプスは自分の身代わりとなって刑務所にまで入ってくれたペク室長を家族以上に大切にし、彼の弟ペク・ミノをインターンとしてヒョンジェ弁護士事務所に受け入れる。

女子高生コン・スアの家に行ったイドゥムたちは、彼女の犯行には触れず、ゴミ屋敷のような家を掃除し、お孫さんに美味しい物でも作ってあげてほしいとお金を置いて帰った。

祖母は、孫の行いがいいからいい人が来てくれると思い、神様のおぼしめしだと感謝する。

両親はおらず、貧乏でいじめに遭い、苦しい時も誰にも言えず、年老いた祖母に心配かけまいと、自分の力で生きてきたコン・スアは、売春を環境のせいにするが、彼女以上に苦しい環境で育ったイドゥムは、容赦なく犯人の情報を話さなければ祖母に援交をバラすわよとスアを脅す。

まだ大人になりきっていないのに強がるコン・スアは痛々しく、口ではキツイことを言ってもほっておけないイドゥムは、傷だらけの足をしているスアのために、「家に余っていた」とウソをつき、コンビニで買った靴下をプレゼントする。

キム・ムンソン候補は自虐寸前、ホ・ジョンヨプ候補を引きずり降ろしたチョ・ガプスの勝利は目前。

彼は力になってくれた検察関係者を接待するためヒョンジェホテルにやってくると、素行の悪いアン・テギュに会い、生意気な甥に殴る蹴るの暴行を加える。

コン・スアが口を割り、電話番号がバレてしまった売春斡旋業者の社長“ウナギ”は、彼女の自宅に行き、祖母を脅迫して、スアに電話をかける。

一方、昔の携帯にならキム・ミジョンおばさんの診療記録が残っていると思い出したジヌクは、実家の物置にあった携帯を捜し、キム・ミジョンの住民番号で居場所を調べる。

当然キム・ミジョンの事情を知っているはずの母が、どうしてウソをつくのか疑問に思った彼は、イドゥムの見舞いにきた母の監視カメラを確認し、母が男から名刺を受け取るところを目撃する。

お母さんのことを捜し足りなかったのかと後悔したイドゥムは、もう一度小学校の同級生セナのお父さんに、手がかりはないかと連絡を取る。

セナのお父さんファン刑事は、ミン・ジスク検事の名刺を持っており、「その人がおまえの母さんを捜していた」とイドゥムに名刺を渡してくれる。

母は何かの情報提供者だったらしいが、ファン刑事はイドゥムがまだ子どもだったので難しいことは伝えられず、今になって何かの役に立てばと教えてくれたのだった。

スポンサーリンク

大金が入る仕事があるからとウナギ社長から強制的に仕事をさせられたコン・スアは、術後のまだ体調が悪い状態でヒョンジェホテルに送られる。

キム・ミジョンおばさんの住民番号を調べていると、彼女の家は、市長候補のチョ・ガプスの家、釜山鎮区田浦洞と判明し、名前も住所も別人だったと分かる。

ミン・ジスク部長に事情を聞こうと地検に戻ると、彼女は席を外しており、部屋の中のスクリーンには、市長候補チョ・ガプスを中心とするヒョンジェグループの組織図と、性的暴行事件と書かれた女性陣の中に母の写真があった。

イドゥムの母クァク・ヨンシルは、ヒョンジェ工場事件で唯一所在の分からない被害者だった。

20年前、チョ・ガプスの犯行証言テープを持っていると電話をかけてきた女性がクァク・ヨンシルだと確信したミン部長は、彼女との待ち合わせの場所で、退院するチョ・ガプスに遭遇する。

証拠を持つクァク・ヨンシルが、同じ時刻、加害者のチョ・ガプと同じ場所にいた。

底抜けに明るい母が性的暴行の被害者なんて到底信じられないと反論するイドゥムだったが、暴行事件の調書には、顔面うっけつ、腟裂傷、そして直腸破裂という悲惨な診断結果が書かれており、母が暴行を受けた証拠が残されていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「魔女の法廷」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←10話     12話→

魔女の法廷 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「魔女の法廷」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

魔女の法廷 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー