韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ12話

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ12話

雲が描いた月明かり

今回の韓国ドラマはこちら!
雲が描いた月明かり
さっそく12話をご覧ください
雲が描いた月明かり あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ12話

「この世で一人だけ信じるなら、それはお前だ。」
盗賊の仮面がビョンヨンの物だと分かっても、世子は何も尋ねず、ビョンヨンを友として信じる。

慣れない刺繍に精一杯の気持ちを込め書布を作ったハヨン。
彼女から文を添えた贈り物が届くと、世子は、包みも開けずハヨンに突き返す。

何日も徹夜して慣れない刺繍を施したハヨンは、会いたくてたまらないのにと想いを伝え、緑園にいる二人を見たラオンは、美しいハヨンに比べ内官姿の野暮ったい自分に引け目を感じる。

書庫に戻った世子は、ホン内官の視線に気付き、通せん坊してからかうが、世子の本当の気持ちが知りたいラオンは、女人を愛したことがあるのかと世子に聞いてみる。

「まさに今美しい女人を愛している」と世子が答えると、自分はからかわれていると思ったラオンは、世子に苦しみをぶつける。
世子がハヨンに突き返した包みをラオンはハヨンに贈ったプレゼントだと勘違いし、世子の想い人は、あのきれいな女人だと思い込む。

いなくなったラオンが気がかりで旅から戻ってきた養父のサダンペは、10年前に風燈祭で拾ったラオンを捜しているという男(ビョンヨン)から、何も言わず姿を消したほうがいいと言われ、ラオンは無事なのかと心配する。
男の誠実な目を信じたサダンペは、ラオンの名前がホン・サムノムで、彼は宮中に売られたと教える。

世子の行動に一喜一憂し、一日に何度も天地を味わうホン内官。
彼女の思いを察した世子は、先日買った運命の腕輪を彼女にはめる。

空色の腕輪は世子がはめ、桃色の腕輪をホン内官にはめた世子は、美しい女人が付ける装身具だと彼女をたたえる。
「愛している女人は、今目の前にいる。」

ホン内官の嘘に最初は苦しくなって、次は楽しくなって言い出せなかったという世子。
大切な女人につらい思いをさせてきた世子は、「今後は世界で一番尊い女人として扱う」とサムノム(ラオン)の手を握り愛を告白する。

ホン内官が反逆者ホン・ギョンネの娘と知ったビョンヨンは、一刻も早く世子に知らせようとやってくるが、男のサムノムを見破り女人として愛していた世子に驚き、何も言えず出ていく。

男として宮中に上がったラオンは女人となって世子の愛を受ける資格などなく、「いてはならぬところで、してはならぬことをして面目ありません。」と世子の気持ちを拒絶する。

スポンサーリンク

世子の側にいながら彼への思いを断ち切ることなどできないラオンは、担当宮の異動を願うが、今や四面楚歌となっている東宮殿を辞めれば世子さまが責められるんだぞとチャン内官は叱責する。

毎年行われていた式年試(科挙)が世子の改革によって中止になり、夢をかける儒学生たちは宮殿の前に列をつくり王に訴える。
代理執政を行っている世子は試験を受けても結果は不公平なものだと譲らず、このような科挙が機会を与える場とは言えぬと領議政とぶつかる。

政務は頭が痛いことばかりで、ホン内官の姿も見えず、疲れがいっそう重く感じられる世子は外回りの仕事をしていうホン内官を捜しにでかける。

ヨンウン王女さまにお届け物を持ってきたラオンは、かくれんぼうの鬼となり、木陰で目をつぶり小さくなる。

彼女の前に現れた世子は、どうして避けるのかとホン内官を責め、男と偽って生きてきたラオンは、卑しく、王宮の掟を破った者が世子の側にいられるはずがないと涙を浮かべる。

かくれんぼうで遊んでいたヨンウン王女は、領議政の姿を見ると怖がり、彼に見つからないよう物置部屋に隠れるが、仕事を終えた女官が扉を閉めてしまい、ヨンウン王女は行方不明となる。

日が暮れても王女は見つからず、廊下に落ちていた王女の筆を拾ったラオンは、鍵のかかっている物置部屋から聞こえる王女の泣き声に気付き、助け出す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「雲が描いた月明かり」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←11話     13話→

雲が描いた月明かり あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「雲が描いた月明かり」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

雲が描いた月明かり 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ