韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ35話+36話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 35話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 36話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく35話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ35話

飲酒運転で事故を起こしたシネは、娘のファヨンに助けを求める。

被害者は病院へ運ばれるが、大事には至らずに意識を回復する。

妹を陥れるチャンスとばかりにミエがしゃしゃり出てきて、ヨンイン日報の記者にこの件を書かせようとするが、被害者の女性が「私は轢かれてない。具合が悪くて倒れこんだところを助けてもらったんだ」と証言する。

た坊助2

この被害女性は!
間違いなくヘウォンだ!
しばらく登場がなかったので忘れかけてましたが、チャンギの妻で、スヒョン(ドルモク)の実母。
現在はミン・ジョンへと名前を変えて生活しているようです。

一方、人命よりも地図が優先のジュンテ。

パンスにお見舞いするふりをして部屋まで通してもらった彼は、「戸籍謄本の改ざんについて調べはついてるんだ」とすごみ、「ドルモクが本当の息子でないと知ったらどう思うかな?」と脅す。

スヒョンであることを伏せる代わりに、見返りとして地図を要求するジュンテ。

ジュンテの要望を断れば、スヒョンだと言う事がバラされ、挙句の果てにJとして逮捕されてしまう。

息子を守るか地図を守るか天秤にかけたパンスは、ジュンテが持ってきた偽物の地図と本物の地図をすり替え、スンチョンたちに気づかれぬよう本物を持ち出す。

スポンサーリンク

父のお見舞いにやってきたジュニは、見知らぬ男に父が紙袋を渡している瞬間を目撃する。

た坊助2

パンスが地図を渡してしまいました。
ジュンテが本性を出してきましたね。
一番性根が悪い奴だ。
さすがはファヨンの父って感じ。

拉致されたスンチョンを助けようと、犯人からの着信を逆探知しようとするソンシク達。

しかし簡単に逆探知はできず、スンチョンの居場所を特定することはできない。

「地図と交換だ」と犯人から連絡があり、スンチョンの無事を確認するドルモク。

「私は充分生きた。日の当たるところで元気に暮らしなさい。お前は私の自慢の甥だよ。」

最後を覚悟したような口ぶりのスンチョンに、「かならず助け出すから」と約束するドルモク。

地図を持って犯人に指定された場所へ向かうドルモクは、交差点に立つと、複数のバイクに狙われ、持ってきた地図を奪われてしまう。

ビルの地下駐車場にスンチョンがいるとわかったジュニ達は、サイレンを鳴らして車を飛ばす。

駐車場にやってきたジュニは、血だらけで倒れているスンチョンを発見し、すぐに病院へ連れて行く。

しかし、スンチョンはそのまま息を引き取ってしまう。

遅れて病院へやってきたドルモクは、スンチョンの死を受け入れられず泣き崩れる。

35話の感想

た坊助た坊助

スンチョンは殺されたのではなく、地図を守るために自殺してしまいました。
「朝鮮時代でもあるまい」とホン会長も驚くほどのやり方、かんざしで自殺・・・。
ドルモクたちの事を信じて、自殺なんてしないで欲しかった。。。
結局、本物の地図はジュンテが確保しました。
パンスがまたしばらく悪に利用されてしまう予感・・・。

恋する泥棒 あらすじ36話

スヒョンと言う名前に聞き覚えがあるドルモク。

昔より発作は大きくなり、目からは涙が滝のように溢れてくるが、何故なのか理由が自分でもわからない。

た坊助2

まだ思い出せないようですが、時期に思い出してしまいますねこれは・・・。
たとえ血が繋がっていなくても、お前はパンスの息子だぞ!

キム・チャンギ、ミン・ヘウォン、スヒョン。

聞き覚えのある名前だが、頭の中がモヤモヤしてすっきりと思い出せない。

調べる必要があるとドルモクは考え、息子の様子を見たパンスは過去を隠そうと焦る。

スポンサーリンク

一方、父を拷問したホン会長を絶対に許せないジュニ。

そのためにはチェ部長を取り調べし罪を認めさせたいが、認めたら認めたでこちらとしては都合の悪い事が。

もしチェ部長が拉致とホン会長に身柄を引き渡したと認めたとしても、そうなるとパンスがJとして捕まっていたことがバレてしまう。

父を庇ってチェ部長だけを始末したいジュニは、珍しく興奮して声を荒げてジュンテに抗議。

チェ部長に罪を認めさせるが、その後はパンスを模倣犯としてすぐに釈放するシナリオを立てる。

た坊助2

ドルモクに「冷静になれ」とよく口酸っぱく伝えていますが、珍しくジュニも熱くなっていました。
そりゃ、冷静になれって弟に話してても、実際は自分だって同じ気持ちでいっぱいいっぱいだよね。

ドルモク=スヒョンだと言う事を何としても隠したいパンス。

父(ソンイル)が生前残した捜査資料がソジュの家にあるとわかり、忍び込んで養子縁組の資料を盗む。

しかし、タイミングよくソジュとドルモクが帰ってきてしまった。

とっさに寝室に身を隠したパンスは、息を潜めて部屋の隅っこに。

危うくバレそうになるが、ソジュの電話が鳴って二人はすぐに家を出ていく。

た坊助焦

あっぶねー!(;^ω^)
パンスここで見つかっちゃったら変態と思われてもおかしくなかったよ。笑

当時チャンギの遺体を解剖した解剖医の男と接触するドルモクとソジュ。

「あの事件はどうもおかしいんだ。確かに私が解剖したが、調書は別の人間がねつ造したんだ。」

解剖医の話で次々と浮かび上がる真実。

首を吊って自殺した事になっているチャンギ。

しかし実際は、誰かに一度ベルトで首を絞められて殺され、その後偽装のために別のベルトで自殺に見せかけられた。

た坊助2

ジュンテは自分のベルトでチャンギを絞め殺し、その後自殺に見せかけるためチャンギのベルトで首を吊らせて偽装した。

記憶がところどころフラッシュバックするドルモクは、激しい頭痛と体調不良に襲われる。

うなされるドルモクを必死に看病するソジュ。

ドルモクが目覚めた時、あの日のようなシチュエーションで目の前にはソジュの顔が。

ドキドキしながら彼女をベッドに運ぼうとするが、途中でソジュが目覚めてしまう。

た坊助2

いやぁー、付き合えば?笑

ソジュの部屋から過去の資料を盗み出したパンスは、人目につかない路地で火をつけ燃やしてしまう。

た坊助焦

これで養子縁組の資料はなくなりましたが、また調べればわかる事ですよね?
パンスとしてはソワソワしてたまらんだろうな。

スポンサーリンク

飲酒運転をして人を轢き、挙句嘘の証言を頼み、さらにはわずかなお金で誠意を見せようとした自分が恥ずかしいシネ。

ジョンへ(ヘウォンの改名した現在の名前)に対してせめてもの罪滅ぼしと、彼女を自宅へ招き同居しようと誘う。

シネのごり押しで仕方なく同居することにしたジョンへ。

少ない荷物を整理する彼女は、箱の中から亡くなった夫チャンギの使っていたベルトを取り出しバックルを磨く・・・。

チェ部長は検事を辞めるとホン会長に報告し、今まで献身してきた分、見返りとして海外支社の社長にしてほしいとお願いする。

「あの男は多くを知り過ぎた」とホン会長はチェ部長をロシアで銃殺するつもりのようだ・・・。

一方、ソンジンをスパイとして情報を得ていたミエ。

養子縁組の改ざんをした男を呼び出して当時の話を聞き、改ざんが事実だったと知る。

スヒョン=ドルモクであるとわかったミエだったが、ジュンテが何故ドルモクに関心を置くのか、まだそこまではわからない。

36話の感想

た坊助た坊助

うわぁ・・・多分これが自殺の偽装に使われたチャンギのベルトだよね。
ジョンへはこの一家に対して因縁があることに気づいていますが、シネは全く気づいていません。
ジュンテは気まずそうに目をそらすので、多分気づいているかと思われます。
自分が殺した男の妻と同居・・・考えただけでも怖ろしい(+_+)
ミエはだんだん探偵みたいに推理してるシーンが多くなりましたね。
なんかウケる。笑

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←33~34話     37~38話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆