韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ23話

キム課長とソ理事

今回の韓国ドラマはこちら!
キム課長とソ理事
さっそく23話をご覧ください
キム課長とソ理事 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ23話

イ・ウンソク前課長が残した鍵でロッカーを開け、中に入っていた本”流通の神”に目を通すハギョンたち。

下線が引いてある場所をいくら眺めても、謎解きの答えは見つからず、経理部全員で知恵を絞ってみるが、何も思いつかない。

「すかした声のパク課長、監査資料を見せてください。」

調査課長になったキム課長は、監査資料を堂々と見れる立場となり、資料を見せろと会計部のパク課長を挑発する。

しかし、既に粉飾決算は終わっており、原本は破棄済み。

用意された資料をいくら眺めようが、不正の証拠は見つからない。

そこでキム課長は、書類上でごまかしがきかない部分、倉庫や不動産の実査へと乗り出す。

「経理の資格は持ってなくても、運転免許ぐらいは持ってるよな?」

資料を調べる経理部のメンバーたちとは別に、資格を持っていないミョンソクを運転手として付き添わせるキム課長。

さっそく自社ブランドPLP倉庫にやってきたキム課長は、「TQグループ倉庫管理賞の受賞候補になりました。」とわけのわからない嘘で倉庫の所長に取り入り、副賞でプーケット旅行がついてくると聞いた所長は、浮かれてキム課長の言葉を信じ込む。

その頃、立ち入り禁止区域にあっさりと侵入したミョンソクは、倉庫の中に在庫がないか探して回る。
(この倉庫は、建て前上、新商品しか保管してないことになっているらしい。)

賞味期限切れの在庫を発見したミョンソクは、それを証拠に収めようと携帯でパシャパシャ写真を撮る。

すると、従業員がやってきて、奇抜すぎる彼の身なりのせいか、ミョンソクは泥棒だと勘違いされる。笑

従業員の誤解を解いて、倉庫を後にしたキム課長とミョンソク。

車に乗り込んだミョンソクは、さっそく先ほどの写真をキム課長に見せ、大手柄だと褒められる。
(あるはずのない在庫を売ることで、金銭的に操作していたようです。隠し在庫は立派な違反らしい。)

一方、書類を調べていた経理部のメンバーたちは、実査できるもう一つの候補、不動産に目をつける。

会社が保有している不動産を数か所回ってみるが、どれも名ばかりの不動産で、名義は既にほかの企業に変わっていたり、寮という名目のはずが廃墟だったりと、虚偽の報告である動かぬ証拠を押さえる。

これでソ理事に攻撃できると浮かれていたキム課長だったが、そこはソ理事もなかなかの切れ者。

相手の出方を想定していたソ理事は、すぐに在庫の処分と不動産の処理に動き出す。

不動産を処理し、他の資金で穴埋めしなければならず、「タイパンス銀行の金を使わせてほしい」とパク会長に提案するソ理事。

冷静な口調で、「会社の未来のために、これは使うことができない」とパク会長は断るが、一人になった途端に、「俺の金に手を出そうとは・・・絶対に許さん。」と苛立つ。

キム課長をはじめとした経理部のメンバーたちと、初めて生き生きとした仕事をしているミョンソクは、残業で遅くなり帰宅する。

「お疲れ様。早く休みなさい。」

チャン社長は息子を労い、ミョンソクはいつものように「はい」と自室に向かおうとする。

何か思い立ったように立ち止まったミョンソクは、母の方へくるっと振り返り、「ねぇ母さん、父さんは詐欺師なの?やることなす事嘘ばっかりだ。恥ずかしいよ。」と呆れた様子で母に愚痴をもらす。

キム課長のおかげで成長した息子の姿に、母のチャン社長は表情がほころぶ。

監査の状況を報告しようと、ハン検事をピザ屋に変装させて経理部に招いたキム課長。笑

「また何かあったら報告してください。」

経理部の外で、キム課長とコソコソ話をするハン検事は、何か役立つかもしれないと、チョ常務と結託している役員リストを手渡す。

スポンサーリンク

最初は潜入捜査官としてキム課長を監視していたガウン。

しかし、途中からは彼の人柄を信頼し、個人的に協力してきた。

その気持ちに嘘はないと、自分の素性を洗いざらい明かす。

どんな反応が返ってくるのか心配だったガウンは、「ん?捜査官でしょ?わかってたよ?盗聴器とかも。」とあっけらかんとしたキム課長に拍子抜けする。

ソ理事は、在庫を処分し、不動産も整理。

手札を失ったキム課長は、ただ監査中の人々を邪魔するだけでは、「まるで雨の日の洗車をしているみたいだ。」とモヤモヤし、「粉飾をしてない書類で監査をやり直すチャンスをやる。」とソ理事にけしかける。

もちろんソ理事は納得するはずもなく、キム課長を始末しようと作戦を企てているようだ。

夜な夜な経理部に忍び込んだ会計部のパク課長は、キム課長のデスクに札束を仕込み、パソコンを開いて資料の数字を改ざんする。

ガウンからキム課長に情報が流れている事がバレてしまい、それに気づいた会計部のカン代理は、「この書類、処分しておいて」と重要な書類をガウンに手渡す。

短期保有有価証券の書類が丁度欲しかったキム課長は、ガウンから資料をもらい喜ぶが、そこに会社の警備員らしき男たちが現れ、「重要な書類を外部に持ち出した」として二人は連れて行かれてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「キム課長とソ理事」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

キム課長とソ理事 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「キム課長とソ理事」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

キム課長とソ理事 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃