韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ3話

キム課長とソ理事

今回の韓国ドラマはこちら!
キム課長とソ理事
さっそく3話をご覧ください
キム課長とソ理事 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ キム課長とソ理事 あらすじ3話

朝っぱらからコンビニで、おにぎりの取り合いをしたソンニョンとハギョン。笑

ハギョンは、コンビニを出ても後をついてくる彼を不審者扱いし、「もう・・・しつこい男ね」と冷たい視線を送る。笑

会社のロビーで、警備員の男たちに何やらコソコソ話をしたハギョン。

お陰で、不審者扱いされたソンニョンは、出社初日でIDもなく、「人事部に確認してくれ」と言っても聞いてもらえず、両脇を抱えられ退場処分。笑

しつこいソンニョンに、やっと人事部に確認を取った警備員の男は、目の前のうさんくさい男が新しい経理課長だと知り、「・・・。申し訳ございません。」と苦笑いで謝罪する。

やっとゲートを通ることができたソンニョンは、役員専用のエレベーターに乗ろうとするが、IDを持たぬ彼が乗れるわけもなく・・・。笑

そんな彼を横目に、財務理事に就任したソ・ユルは、初日から顔パス状態で悠々と役員専用エレベーターに乗り込む。

経理部に到着したソンニョンは、「はじめまして」と挨拶した瞬間、デスクに向かう女性の顔を見て「あっ!」と声をあげる。

同じ会社だけではなく、まさかの同じ部署。

ソンニョンとハギョンは、お互い顔を見合わせて驚く。

口では歓迎すると言うチュ・ナムホ経理部長だが、彼をはじめとして経理部の全員がソンニョンに冷たい態度でお出迎え。

経理の業務を進めるにあたっての注意事項を受けたソンニョンは、普通は覚えるのに一苦労しそうな組織図を、ものの一瞬で暗記してしまう。

「今後は、会計と投資関連の業務は、ソ理事に担当してもらう。」

役員会議を開いたパク会長は、新しく就任した財務理事ソ・ユルを紹介する。

さっそく傲慢っぷりを発揮するソ理事(ユル)は、直属の部下たちに「俺の命令は絶対だ。」と強要し、机を叩いて権力を誇示する。

「はい、かしこまりました。」

口では了承したという部下たちだが、誰もソ理事の顔を見ずうつむいたままだ。

一方、経理部の仕事ぶりを見ていたキム課長(ソンニョン)は、会社の中でいいように利用されている経理部の立ち位置を理解する。

財務部長ソ理事の元に挨拶に来たキム課長。

ソ理事は、食べていたお菓子をキム課長の顔めがけて投げつけ、「横領は見逃すが、経理部の誰にもバレないよう、ある業務を行え」と命令する。

「詳細は会計部長に聞け」と言われたキム課長は、会計部にやってくる。

経理部とはまるで違うオフィスに格差を感じながら、「意味は分かるな?」といかにも怪しげなUSBを渡される。

中身を確認したキム課長は、一瞬でそれが裏帳簿だと感づき、今ニュースで報道されている事件の真相に気がつく。
(以前の経理課長が自殺を強要されたというニュース。)

キム課長が自ら進んで歓迎会を開いてくれと催促しても、お店に来てくれたのはサンテただ一人。

経理部の中でも一番の若手の彼は、キム課長に女の子を紹介してもらい、一夜にして印象が”意外にいい人”に変わる。笑
(ちなみに、紹介した女の子は、ドクポ興業の後輩グァンスクです。笑)

スポンサーリンク

二人が酒を飲んでいる頃、別の店で酒を飲んでいたハギョンとチュ・ナムホ経理部長。

”部下には「厳しく精査しろ」と言いながらも、自分はずさんな申請を受理している。”

真面目なハギョンは、もっとやりがいがある仕事がしたいと、目を潤ませながら悔しさをにじませる。

一方、夫が自殺し、しかもその理由として、横領や違法賭博の疑いをかけられた妻のスジン。
(自殺したイ課長の妻)

「治療費なんていりません!真実を話してください!」

出社してきたパク会長に詰め寄るが、警備員に取り押さえられてしまう。

”このまま泣き寝入りしては、夫の無念を晴らせない。”

残された妻のスジンは、夫の無念を晴らすべく、「夫は自殺を強要された」とプラカードを持ち、会社の前に集まった記者たちの前で悲痛の叫びを訴える。

一方、インターンとして入社したホン・ガウンは、やる気はあるがおっちょこちょい。

床にこぼしてしまったコーヒーを拭こうと、モップでゴシゴシしていたところ、後方から近づいてきたキム課長に気づかず、柄の先っぽがキム課長の股間に命中。笑

彼女がインターンだと知り、キム課長は「うんうん、インターンか、気をつけろよ。」と寛大な男を演じるが、痛みで変な歩き方に。笑

TQグループの裏帳簿と莫大な裏金に気づいたキム課長は、「面倒くさい事はごめんだ。さっさと横領だけ済ませて逃げよう」と考えるが、「今までお前がしてきたことを俺が調べれば、7年は服役確定だ。」とソ理事に脅される。

パク会長の妻に突然呼び出されたハギョンは、「私に変わって、間違いを正して欲しい。」と唐突なお願いをされる。

会社の前で抗議するスジンに、いち早く気づいて駆け寄り、涙する彼女を抱きしめるハギョンを目撃していたパク会長の妻は、「あなたならできるわ。」とハギョンの正義感を信じ、会社の更生を託す。
(パク会長の妻は、不正を働く者たちのせいで、会社がダメになっていると感じているようです。夫である会長とも、表面上は仲良くしているように見えますが、それはあくまでも表面上であって、不正を正したいと裏で動いているようです。)

ソ理事に脅されたキム課長は、「俺がビビるとでも思ったのか」とイラつきながら会社を後にする。

会社の前で、夫の無念を訴え続けるスジンの元に、一台の車が急発進。

偶然足元が滑ってスジンを押しのける形になったキム課長は、その車に轢かれて宙を舞う。笑

意図せぬ形で人助けをしたキム課長は、何食わぬ顔で一度は立ち上がるが、「あれ、これはカクテキの汁かな・・・?」と頭から大胆に流れる血に気がつき、気を失う。笑

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「キム課長とソ理事」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←2話     4話→

キム課長とソ理事 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「キム課長とソ理事」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

キム課長とソ理事 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー