韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ62話

韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ62話

家族なのにどうして

今回の韓国ドラマはこちら!
家族なのにどうして
さっそく62話をご覧ください
家族なのにどうして・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ62話

豆腐屋を継ぎたいダルボンは、父が他人に店を譲ることを認めたくない。
何度も説得を試みるが息子の気持ちは伝わらず、「いつものように楽な道を選びたいだけだろ」とスンボンは勘違い。

「父さんの一番大切なものは、店ではなくお前たち子供だ。」
息子に自分と同じ苦労をかけたくないスンボンは店の譲渡を断固拒否し、父に気持ちが通じずバカにされた気分になるダルボンは激怒。
豆腐をひっくり返しそのまま家出してしまう。

大きな音に驚いたスングム達がすぐに駆けつけ、ひっくり返った豆腐とフラフラ状態のスンボンを見て驚く。
そのままスンボンは気絶してしまうが、ガンジェが帰ってきてたためすぐに処置を受け事なきを得る。

兄が突然倒れてしまい、気が動転するスングム。家の中はプチパニック状態。

スンボンからもガンジェからもバカにされ、自分の本心をわかってもらえないダルボンは、ゲームセンターで遊びほうける。

ソウルは自分を責め、夜の街を探し回るが一向にダルボンは見つからない。
困った彼女は自然とウノに助けを求め、話を聞いたウノも一緒に夜の街を捜索。
しかし、それでもダルボンは見つからない・・・。

体の弱いソウルを気づかうウノは、「またぜんそくがでたら大変だ。後は俺が探すから」と促すも、気が気じゃないソウルはいう事を聞かない。

約束通りウナンと食事に来たヤングム。
先日までの険悪な雰囲気は嘘のように、仲良く一緒に酒を飲む。
夫からの電話を切ったつもりが通話状態のままだと気づかず、「まるで口うるさいオバサン いびきがうるさいし口も臭い 医院長になれたのは実力ではなく私のおかげ」と悪口を連発。笑
電話越しに自分の悪口に耳を澄ませる医院長は、「くそぉぉ・・・絶対許さん!」と一人でヒートアップ。

子供じゃないんだからそのうち戻ってくるとダルボンを放置する家族。
家の外にガンジェを連れ出したガンシムは、「そろそろあいつにも教えたほうがいいんじゃない?」と相談。
豆腐屋の前で座り込み家に入れずにいたダルボンは、こっそりと二人の後を追う。

医者になり、たくさんの人を救ってきたが、自分の父はどうする事も出来ない。
「いったい俺は何のために医者になったのか・・・」と苦悩を明かすガンジェ。

「俺に何を隠してるんだ!?」
ダルボンが乱入し、真実を打ち明けるガンジェ。
「そう長くない命だ」と言われたダルボンは気が動転し、何故今まで教えてくれなかったのかと逆上。

「姉さんと兄さんだけじゃない、俺の父さんでもあるんだぞ!!」
今回もまた自分だけのけ者扱い、卑屈になるダルボンをなだめるわけではなく、あえて厳しく接するガンジェ。
「今知ったからには、父さんの残り少ない時間、ごねてないで少しでもまともになったところを見せてやれ。」

スポンサーリンク

現実を受け入れられずダルボンは夜の街を徘徊。

一方、泥酔したヤングムを家までウナンが送り届けるも、絶好調のヤングムは「二次会をしましょう!二次会!」と絡み続け、寝ずに待っていた医院長にクダをまく。
怒鳴り散らしてやるつもり満々だった医院長だが、ウナンが一緒に帰ってきたことで書斎にこもり、一人で「くっそぉ・・・」と怒りをこらえる。笑

翌朝。
結局ダルボンは帰ってこず、朝の食卓に重苦しい空気が流れる。
今日はテジュを夕食に招待するはずだったが、それどころではないと判断したガンシムは「また今度にしましょうか?」と父を促す。
しかしスンボンは強行姿勢。「ダルボンはいつもの事だから気にするな。予定通り招待しなさい。」

口では心配してないそぶりを見せながらも、一睡もできなかったスンボン。
元気のない父をガンシムたちは気に掛け、早くダルボンが戻ってきてくれることを願う。

出社してきたウノは、社長室で眠るダルボンを発見。
連絡を受けたソウルと共に、ガンジェとガンシムも店まで駆けつける。

怒りを爆発させるガンジェは、ダルボンの頭に水をぶっかけ「いますぐ家に帰れ!」と激怒。
ケンカしてる場合じゃないと二人をガンシムが止めに入るが、ガンジェの怒りは収まらない。
ダルボンの事をぶん殴り「お前たちは出て行け!」と怒声を上げ、ソウル達を部屋から追い出す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「家族なのにどうして」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←61話     63話→

家族なのにどうして あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ