韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ43話

家族なのにどうして

今回の韓国ドラマはこちら!
家族なのにどうして
さっそく43話をご覧ください
家族なのにどうして・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・家族なのにどうして・あらすじ43話

子供たちは観念し(ガンジェ以外)スンボンとの和解が成立。
居間に集まった子供たちは、条件の履行について確認を求められ「もし約束を破り、条件を満たさなければ、訴えは取り下げない」と、ウタクにクギを刺される。

設けられた期間は3か月で「何故3か月なのか?」と、ふと疑問に思う子供たち。
「1か月では短いし、2か月では中途半端、特に意味はないが3か月だ。」と、理由を述べるスンボン。
本当は病気の事が関係してそうな気もしますが・・・。真相はまだわかりません。

その頃、ヒョジン宅では家出した娘を連れ戻せと大騒ぎ。
今まで一度もはむいた事無い娘が、突然言う事を聞かなくなったのはお前のせいだとガンジェを責めたてる医院長夫妻は非常に機嫌が悪い。
「あなたの家族と娘が同居なんて信じられない。今すぐ連れ戻しなさい!」と、激怒する。

ヒョジンを連れ戻すために実家に戻ってきたガンジェ。
初めて自分の意志で決め、スンボン家にやってきた彼女は、ガンジェに褒められると思っていたのに責められ「なんで怒るのよ・・・」と、表情が曇る。

何度も説得するガンジェだが、いう事を聞かないヒョジン。
ヨンソルとスングムに助けを求め、ガンシムの部屋に逃げ込む。
仕方なくひとまず諦めたガンジェは「申し訳ありません。夜にもう一度説得します。」と、ヤングムに報告し、仕事へと向かう。

ガンシムが和解したと知ったテジュ。
和解=10回のお見合い。
「僕以外の男とお見合いなんて絶対ダメだ! そんなの耐えられない!」と、まるで子供の様にだだをこねる。笑

虎視眈々と名誉理事の座を狙うソリは、ご機嫌な様子で会長室にやってきた。
「良く考えてみたが、やっぱりダメだ。公私は区別するべき。」と、家族だからと言って無条件で役職を与えたくない会長は、キッパリと妻の頼みを断る。
「何か意義のあることができると思ったから結婚したのに。」と、結婚を後悔している発言をし、スネるソリはそのまま家出する。

ソリが会社を欲しがっているようだと心配する後輩秘書たちに「会長は公私の区別に厳しい人だから大丈夫。」と、話しながらも、内心不安のガンシム。
このまま引き下がるわけないソリを考えると、今後どうなってしまうのかが怖い。

娘を直々に迎えに来たヤングム。
ウナンが遊びに来ていたスンボンだが「長男の義母が来てしまったからまた今度。」と、ウナンを帰らせ、ヤングムをソ君の店に案内。
帰ろうとしたウナンだったが、見覚えのある顔に足を止め、ヤングムを眺める。

スポンサーリンク

「お母さんがやってきたわよ!」と、大騒ぎのヨンソル。
ヒョジンは「私を連れ戻しにきたに違いない」と、焦り、兄だけでは頼りないと、スングムも援護射撃のためソ君の店に向かう。

本人が帰りたくないと言っているのに、監禁呼ばわりされるスンボンとスングム。
我慢の限界に達したスンボンは「私もヒョジンの事を本当の娘と思っています。同居する権利はあるはずです。」と、ヤングムを追い返す。

車に乗り込もうとしたヤングムを、帰っていなかったウナンが呼び止める。
ウナンの顔を見て「もしかして、ボクチャなの・・・?」と、怯えた様子のヤングム。
どういった知り合いかわかりませんが、過去に何かあった様子。
「今は改名して、ボクチャではなく、コ・ウナンよ。」と、堂々としたウナンに対し、ヤングムは動揺し、逃げるように車に乗り込む。

ダルボンの機嫌を直すため「何かいい方法を教えてください。」と、ウノに相談するソウルは、教えてもらう交換条件として食事に出かける。
「近くにいる時は、ありがたみに気づかないもの。」極端な意見だが、別れてみては?と、提案する。

仕事を終えヒョジンを迎えに来たガンジェ。
何としても居座る決意を崩さないヒョジンは「下着もつけてないのよ。」と、嘘をつき、布団にくるまる。
諦めて帰ると思っていたヒョジンだったが、そのままお姫様抱っこで連行されてしまう。
嫌がる彼女は床に叩きつけられてしまい、服を着ていた事がばれてしまう。

やいのやいのと言い合いが止まらず、騒ぎに気づいたスンボンも豆腐屋から自宅に戻る。
呆れるガンジェは諦めて帰宅するが、案の定、医院長夫妻に罵られ、苛立ちが募る。

まるで戦争のようだった1日をソ君の店で振り返るヒョジンは「1日が100万年に感じた。」と、ガンシム、ヨンソルのコンビに愚痴を漏らす。
何故、期間は3か月なのか、またまた考え始めた3人は、「もしかして3か月後に結婚するつもりなのかしら・・・?」と、勘違いしてしまう。

ソリが家出してしまい、一人で寂しく酒を飲んでいたムン会長。
帰宅したウノは、母がいないことに驚き、電話をかけ説得するが「ホテルに泊まるわ。しばらく別居する。」と、まるで子供のような母に呆れかえる。

翌朝。
願い続けていた家族との朝食ができると、最高の目覚めのスンボン。
前までは「眠い。」「いらない。」と、避け続けていたガンシムとダルボンだが、和解の条件を満たすため、眠たい目をこすりながら何とか起床。

まだ起きてこないヒョジンを起こしに来たソウル。
「低血圧だから朝は苦手なのよ・・・。水ちょうだい。」と、ヒョジンはさっそく弱音を吐く。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「家族なのにどうして」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←42話     44話→

家族なのにどうして あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ