韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ30話

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ30話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく30話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ30話

個人的な問題でリゾートを騒がせているムンヒョクを連れていこうとするテジュン。
マネージャーはムンヒョクをかばい、グムボクが彼の部屋に侵入して誘惑したんだと説明する。
このままでは二人の関係が既成事実になってしまうと恐れたイエリョンは、会長の話に割って入り、グムボクの無実を訴える。

バスルームの清掃中に知らずに入ってきたムンヒョク。驚いたグムボクがびしょ濡れになってしまい常務がYシャツを貸してあげたという事細かい説明に、イエリョンは自分もその場にいたと証言する。

落ち着いて息子の話を聞く気になったテジュンは、グムボクが妻を助けてくれた女性で、しかもムンヒョクの昔からの知り合いだったと聞き誤解を解く。

グムボクを助けたイエリョンは、あくまでも彼女の味方であるフリをし、ウンシルおばさんと同じ仕事をするなんてと涙を浮かべてグムボクを不憫に思う。

グムボクを誤解してしまったテジュンは、恩人に失礼なことをしてしまったと彼女にに謝罪し、彼女がウンシルの丘で見かけた女性だと気付く。
グムボクは優しいおじさんがTSの会長と知り、声を出して驚き、ムンヒョクがその息子と知ると二度びっくり。

事実でなくても噂が広まってしまえば息子の人生が台なしになると恐れたカン家では、誤解が解けたと言われても気は収まらない。
ジェシカが気を遣って息子を助けてくれたと思ったミヨンは、ムンヒョクを狙った清掃員をこのままにしておくつもりなのかと夫を責める。

もともとミヨンが騒動を大きくし、リゾート中に話が広がってしまったテジュンは、思い込みで清掃員を疑い、しかもそれが自分を助けてくれた女性と知っておきながら処罰しようとする妻に激怒する。

グムボクは一晩たっても帰らず、状況が分からないマルジャは、リヒャンに電話をかけイエリョンが大騒ぎしていないか探りを入れる。

騒ぎを起こしてもお咎めなしのグムボクを、本当に彼女は常務にツテがあるのではと思ったマネジャーは態度を翻す。

グムボクをリゾートから追い出そうとしても聞き入れてもらえなかったイエリョンは、血を分けた姉妹のようなグムボクがウンシルおばさんと同じ清掃員をやっているなんて耐えられないと、思いやりいっぱいの女性を演じムンヒョクに訴える。

彼女の演技とは知らずイエリョンの言葉を偶然耳にしたグムボクは、イエリョンへの誤解を解き、彼女を介抱する。
グムボクを完全に信じ込ませたいイエリョンは、行かないでと彼女の手を握りグムボクと一緒にベッドで眠る。
大学へまでも行かせてくれたウンシルおばさんに感謝してるというイエリョンは、あまりにも辛すぎてグムボクには嘘をついていたと話し、母と一緒にウンシルおばさんを捜索をしているんだとグムボクを言いくるめる。
イエリョン母娘を疑っていたグムボクは自分を責め、泣きじゃくるイエリョンを抱きしめる。

スポンサーリンク

いっぽう、衝撃的な経験をしたムンヒョクの頭からは元気なグムボクの映像が離れず、彼女の外泊を知ったイヌは、眠ることさえできなかった。

飲み過ぎたイエリョンは、吐き気をもよおしトイレに駆け込むと、その間にリヒャンおばさんから電話があり、グムボクは彼女の代わりに出てしまう。
2日間もイエリョンと電話がつながらずやきもきしていたリヒャンは、一方的に話しはじめ、「キム・テスは母さんが見つけ出して味方につけるから、ウンシルのことは疑われないようにしなさい」と勢いよく話し続ける。

イエリョンの行動が全て演技だと知ったグムボクは、彼女を問い詰める元気もなく、優しくすりよるイエリョンに背を向け、寝たふりをする。
彼女が寝息をたてて眠りに落ちると、グムボクは静かに起き出し、イエリョンの携帯を持ってバスルームに逃げ込む。
イエリョンとリヒャンのメールのやり取りを確かめたグムボクは、二人の裏工作に気づく。
そこへ、グムボクがいないことに気付いたイエリョンがバスルームに入り、携帯を盗み見ているグムボクを問い詰める。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←29話     31話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ