韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ58話

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ58話

いとしのクム・サウォル

今回の韓国ドラマはこちら!
いとしのクムサウォル
さっそく58話をご覧ください
いとしのクムサウォル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ58話

サウォルから遺言メールを受け取ったチャンビンは農場に駆けつけ、チャンビンを助けにきたサウォルは彼の無事な姿を見て安心する。
偽のメールを送りつけたカン・マヌは、チャンビンたちが倉庫に入るのを確認すると扉を施錠し二人に愛の時間を提供する。

セフンと初夜を迎えたヘサンは、オウォルの亡霊に苦しみ、彼女が呼吸する屋敷からパジャマ姿のまま外へ脱出する。

翌朝セフンが目を覚ますとヘサンの姿はなく、彼女は実家のベッドで寝ていた。
父との同居生活で彼女が気を遣い過ぎたと思ったセフンは、ヘサンの実家で新婚生活を送りたいと義父母にお願いする。

いっぽう、シン・ジサンの生死が分からないカン・マヌは、安心して眠ることができず、ドゥゲの行動を監視して義父の居場所を必死に捜す。

ホンドの死でサウォルが約束の場所に来られなかったと知ったチャンビンは、サウォルと仲直りしダンボールの上でサウォルを温め夜を明かす。

朝になり倉庫の扉が開くと、たくさんのフラッシュライトと共に記者たちが詰めかけ、二人は復縁したのかと質問責めに合う。
チャンビンは記者たちを倉庫に閉じ込めサウォルを助け出すと、ソウルで会おうと約束し、彼女を先に避難させる。
一人で記者の質問に応じたチャンビンは、臆測で記事を書いたら名誉毀損で訴えるぞと警告する。

明日の会長就任式にそなえ、スピーチ練習していたマリは、本妻に返り咲くのも時間の問題だとドゥゲの寝室を占領し、我が物顔で振る舞う。

マリに脅されたドゥゲは、カン・マヌのアリバイ作りに協力した彼女を責め、法廷に立たすこともできるのよとマリを本宅からたたき出す。

どんなに努力してもチャンビンと別れられないサウォルは、このまま彼と付き合うことが罪ではないのかと苦しんでいた。
チャンビンは加害者である父の息子としてサウォルと結婚することを許してほしいとクム園長の眠る慰霊碑公園にやってくる。

自分の選択が間違っていないか確信がもてないサウォルは、天国のクム園長に見守っていてほしいと願いチャンビンの手を取る。
二人の恋が成就するのを見届けたカン・マヌは、サウォルの知らない実母との劇的再会に向けてシナリオを進める。

ドゥゲの宝飾品を鑑定にかけたマリは、結婚指輪さえ換金されていたのよとカン・マヌに報告し、ドゥゲへの疑いを増長させる。
シン・ジサンを隔離していた療養所の監視チームを疑ったマヌは、ドゥゲが出入りしていた証拠をつかむと、支援を打ち切り、療養所を廃業に追い込む。

スポンサーリンク

オ・ミノが出した100万ウォンで家を建てるという課題に、サウォルは低所得者層向けの温室ハウスを考案し、内装までお金を掛けられない分、敷地に畑を用意し、野菜収穫などの生計の足しにと考える。
ヘサンは家は家でも終の棲家である棺を考え、100万ウォンの高級棺を考える。

ヘサンの哲学的ともいえるアイデアに感心するオ・ミノだが、サウォルの考えた家は100万ウォン以上の価値があると評価し、1回戦はサウォルに軍配があがる。

サウォルのコンペを心配して待っていたチャンビンは、小さい体でよくやったと彼女を抱き上げ、人目も気にせずいちゃつく。

クム・サウォルを手に入れたカン・マヌはヘザー・シンに連絡を取り、捜していた娘さんが見つかりましたよと、車の中から仲良しチャンビンカップルを見せる。

24年ぶりに娘と再会できたというヘザー・シンは、サウォルを驚かせないためにも時間をかけて娘に会いたいと願い、カン会長に感謝する。

サウォルの彼氏がカン会長の息子と知ったヘザー・シンは、人柄のいいチャンビンを気に入り、カン・マヌは順調な滑り出しに満足する。

夫の不倫疑惑が拭えないジヘは、あの二人に償いをさせましょう、というカン・マヌの誘い心が揺れる。

証拠不十分で釈放されたイム・シロは、夫と待ち合わせしているヘサンの前に現れ、ホンドの車を運転していたのは、おまえだろと彼女を脅す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「いとしのクムサウォル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←57話     59話→

いとしのクムサウォル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「いとしのクム・サウォル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
いとしのクム・サウォル DVD公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ