韓国ドラマ 一緒に暮らしませんか あらすじ23話+24話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は一緒に暮らしませんかのあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 23話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 24話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美たぼ美

ここからは、たぼ美がレビューしていきます!
それではさっそく23話のあらすじからお楽しみください!

一緒に暮らしませんか あらすじ23話

マ社長はイ・ミヨンに借金チャラの件を断り、少しずつでも自力で返済していくと約束する。

そして、二人が駄目になったことは残念がり、ヒョソプが酒浸りになっている状態だと教える。

暗い部屋に一人で戻りたくないと言っていたミヨンのことを思うと、気持ちは張り裂けそうにつらい。

老いた体にハートだけ若返ってしまったヒョソプは、父として生きていかなければいけないんだと、深夜の2時に子どもたちの好物を買ってきて大騒ぎし、熟睡していた家族をたたき起こす。

たぼ美2

お父さんが出かけたことも知らず、家族は寝ていたのか。

孝行息子になってお母さんを安心させてあげてほしいというソナの願いどおりギョンスは母に反抗せず、断食もやめて普通に食事し、普通に出勤して見合い話も断らなかった。

あまりにも息子が素直すぎるので、何か魂胆があるのではと母は疑う。

コ・チーム長はサプライズでソナたちを祝福しようと、課のみんなに結婚のことを話してしまったが★祝 結婚★のケーキを出されたソナは戸惑い、ギョンスは片思いしている俺が勝手に流した噂だと謝る。

たぼ美2

これだから社内恋愛は難しい。

コ・チーム長は、二人が別れた原因はギョンスの母親だと見ぬき、女性がいがみ合うのは男が悪いからだと、頼りないギョンスを責める。

ムンシクは、ヨン・ダヨンが見合い目的で入ってきたこと知り、まったく好みではないと率直な感想をぶつける。

ダヨンもまったく関心はないと言いつつ、契約満了まで辞めないと言い張り、辞めないということは気があるのかとムンシクは誤解する。

たぼ美2

ムンシクの周りには、こういうややこしい駆け引きをする女性がいっぱいいたんでしょうね。

ミヨンは健診で2日ほど入院することになり、ぬいぐるみを自宅に忘れしまった彼女は、イルスンに持ってきてほしいと頼んだ。

お母さんが、アイラブユーとしゃべる ぬいぐるみを大事にしているのは変だとムンシクは気付き、お母さんのことに関しては、すべて僕に報告してほしいと、イルスンにボーナスを約束する。

たぼ美2

ミヨンに従うか、ムンシクに従うか、判断を誤れば、解雇になるわよ。

美術館ソ館長は契約の段階になって特約事項を入れたいと条件を追加してきた。

チョン・ウンテ教授 単独記者会見という宣伝を見て、そのことに気付いたウンテは、サインを待ってほしいと取引現場にやってくるが、館長の機嫌を損ねれば支援金は出なくなってしまう。

ユハは、大丈夫だからとウンテを制し、サインに応じる。

たぼ美2

どれほど大変なことか、ユハは気付いていないんでしょうね。

支援金がもらえなくなると、もう病院車は発注しており、支払うことができなくなる。

ウンテは、1度くらいは、広報に協力しなければならないとはらをくくるが、想像しただけでも体が震えるのに、乗り越えることができるのかと不安がる。

ウンテの不安障害がカメラフラッシュによるものだと後から知ったユハは、特約条項を外せないかと館長に掛け合ったが、すでに宣伝はされており、今さら取りやめることなんてできないと憤慨される。

たぼ美2

フラッシュを浴びる練習とかしても駄目なのかな。

ユハは、治療をすればマシになるかもしれないと勧めてみるが、原因は、お母さんが亡くなったことに関係すると言われ、軽はずみなことを言ってしまったと後悔する。

ウンテの症状が深刻なものと知ったユハは、インタビューは中止になったとウソをついてウンテを安心させる。

展示会開催日の早朝、へア物産会長が亡くなったとアメリカから電話が入る。

理事長は葬儀に参列できるようユハに恩を売ろうとしたが、ユハは会長の死を知らず、義父は闘病中だと答えてしまう。

23話の感想

たぼ美たぼ美

元夫もおかしいよ。
離婚を隠したいなら、公の場にはユハを連れていかないと怪しまれるのに。
葬儀なんて特にそう。
ユハに頼めば参列ぐらいしてくれるわよ。

一緒に暮らしませんか あらすじ24話

ウンテにカメラを壊された記者が、記者会見では私に最初に質問させてくれと言ってきた。

記者会見が中止になったと思っていたウンテは、ユハ一人でごまかせる問題ではないと美術館に向かう。

ウンテは大勢集まった記者たちの前に姿を現し、父、チョン・ドクヒョン博士の話や、なぜ今まで記者会見に応じなかったのかなど、もっとも話したくない内容を質問される。

彼は脂汗をかきながら、父の名声を利用するのが嫌だった。

そんな私を後押ししれくれたのがソ館長だったと館長に花を持たせ気力だけで持ちこたえる。

“人類愛”と題して行われる展示会の目玉であるチョン・ドクヒョン博士の治療姿が大きく映し出されると、ウンテは懐かしい父の姿を見て心を静めるようとしたが、フィルムには母が亡くなったあの日の映像も入っていた。

ウンテは立っていることもできなくなり、いち早く異変に気付いたユハが場内の明かりを消す。

ウンテはその場に座り込み、ユハが外に連れだそうとするが、流れてくる父の声に耳を傾け、世界中の人を救うために家族を犠牲にするしかなかった父の後悔を知る。

たぼ美疑

お父さんのことを恨んでいたのに、どうして医者になり、海外支援に出たんだろうか。

あの時は、とにかくお母さんを失ったショックで恐怖しか残っていなかったが、大人になった今冷静に父の言葉を聞くことができたウンテは、一歩乗り越えることができた。

ウンテは再びしっかりと立つと 医療と芸術は人を癒やすことができるとマイクに向かい、ソ館長が満足する記者会見となる。

たぼ美2

ウンテが来てくれなければ、損害賠償、請求されていたかもしれないよ。

イ・ミヨンの健診結果に問題があり、いったんは帰宅を許されたが、再度精密検査を受けることになっていた。

このことを知っているのは家政婦をやっているイルスンだけ。

マ社長は、ミヨンが健診結果に落ち込んでいると聞き、ヒョソプに状況を伝える。

たぼ美2

ミヨンは、どうして息子のムンシクに話さないのかな。
隠せば隠すほど、彼は傷つくよ。

ダヨンは叔父さんのパソコンを使って遅くまで仕事していたため、翌日はUSBを間違って持っていってしまう。

姉さんから見合い相手を探ってほしいと言われていたウンテは、ダヨンの忘れ物を届にいき、チェ・チーム長を探す。

勘の鋭いダヨンは、叔父さんを早いとこ追い返そうとするが、タイミング悪くチーム長が通りかかり、叔父さんに紹介するはめになる。

たぼ美2

お互い、その気はないんだから、ありのままを報告してもらったほうが、お母さんを安心させられる。

チェ・ムンシクの冷たい態度。

彼と挨拶を交しただけで、ダヨンにまったく気がないことは分かり、ウンテはおとなしく帰る。

職場に戻ったダヨンは、ジェヒョンがケーキの買い出しにいったと聞き、叔父さんがカフェに寄ってかえると言ったのを思いだした。

叔父さんはジェヒョンの顔を知っており見付かったら大変。

急いで叔父さんを探しにいくが、気付いたのが遅かった。

見覚えのある青年を見かけたウンテは、「パク・ジェヒョンだ!」と名前を思い出し、見知らぬ男性に呼び捨てられたジェヒョンはびっくりする。

たぼ美2

ダヨンが、ジェヒョンは変わってしまったと嘆いた時も、ウンテは、環境が変わったんじゃないかとジェヒョンをかばってたんじゃなかったかな。

チェ会長の葬儀は家族葬で行われ、公には会長が亡くなったことは伏せられていた。

チェ・ヒギョン本部長から連絡を受けたヨン理事長は、抜け目なく、大変だったでしょうとお悔やみを伝える。

へア物産のチェ・ヒギョン本部長とイ・ミヨンは、事業家として面識のある仲だった。

チャハン病院のヨン理事長から提案を受けたヒギョンは、まず、投資を断ったイ・ミヨンに会い、この事業に問題があるのではと探りを入れた。

ミヨンは、別に投資する事業があり、そちらを優先したと説明し、ヒギョンはヨン理事長の企画に、問題はないと判断する。

24話の感想

たぼ美たぼ美

離婚してチェ・ヒギョンとも縁が切れたと思っていたのに、また現われた!
この人が関わってくると、簡単にはいかないのよね。
汚いことを仕掛けてくるだろうな。

一緒に暮らしませんか あらすじの続き 一覧

「一緒に暮らしませんか」前後のお話はこちらから

←21~22話     25~26話→

「一緒に暮らしませんか」各話の一覧はこちらから

『一緒に暮らしませんか』各話のあらすじ

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「一緒に暮らしませんか」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

一緒に暮らしませんか amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆