韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ25~26話

ホジュン伝説の心医あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
ホジュン~伝説の心医~
さっそく25~26話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、ホジュン~伝説の心医~・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ25~26話

朝タヒが食事の準備をしようとしたが、米がなかった。
私は食事をしたから、お母さんご飯を食べて下さい、
私はハマンテクの家に行ってくると言う。
米がないのを見て、自分は食べたから食事をするようにとホジュンに差し出すソン氏。
お腹が空いて水を飲むソン氏を見て驚くホジュン。
隠れて泣くホジュン。

山に行って水を汲んでくるホジュン。
何をやっているんだという薬草人達。
プサンポ兄さんはどこに行ったんだろうと言う。

オグンは患者を診て、ホジュンが入ってくるのを見て処方をしてみろと言う。
イテが診て、針について聞くと、答えるホジュン。
その後を続けるドジ。
それでいいかと聞くイテに、本にはそう書いてあるが、
患者の状態を診ながら判断しなければと言うホジュン。
何を言うのかと言うドジ。
本はそのまま知識にはならず、読んでからよく考えなければならないと言うイテ。
ホジュンを睨むドジ。
ヤンテがホジュンを呼びに来る。

タヒが連れて行かれて叩かれていると言う。
絹を盗んでどこに隠したのかと聞く。
盗んでいませんと答えるタヒ。
あの服は元々持っていた私の服です。
ホジュンが入って来る。
何をしているのかと怒る。
ホジュンを叩きのめす下働きの男達。
止めるソン氏。
泣き叫ぶタヒ。

タヒを背負って帰るホジュン。
眠るタヒを見つめる。
泣くホジュンとソン氏。

ホジュンがユ医院に出勤しない。
イルソが昨日起こったことをオグンに話す。
それを聞いた薬草人達は喜ぶ。

イテはホジュンがいないのを見てどうしたのかと聞く。
オグンが説明すると、どういうことか調べてみろと言う。

ミンセが急病人をユ医院につれて来た。
医者も顔をそらすほど状態がひどい。

ソン氏はタヒにお粥を食べさせる。
ホジュンはユ医院を辞めると言う。
驚くソン氏とタヒ。
家族にご飯も食べさせることができないのに、意味がないと言う。
ここで諦めるのは、親不孝だと言うソン氏。
お母さんのおっしゃる通りにしてくださいと言うタヒ。

重病の患者に針を刺すイテ。
ホジュンを連れて来ると言うオグン。
伝染する患者を連れてくると、噂になって患者が来なくなると言うドジ。
患者を医院に連れて来なかったらどこに連れて行くのかと怒るイテ。

位の高い代官がイテを待っていた。
母が病気だから一緒に来いと言う。
行けないと言うイテ。
この方が誰か知っているのかと言う付き人。
重患者達がいるから、私は行けないので、ホジュンを送りますという。
驚くホジュンと回りの人々。
イテをつれて来いと言われて来たと言う息子。
患者が女性と言うことなので、イェジンも一緒に行くようにと言う。
ホジュンは戸惑う。
ドジはホジュンを睨む。

ホジュンとイェジンはウサン代官の家に行く。

それを知ったヤンテはソン氏とタヒに報告して喜ぶ。

ドジではなくなぜホジュンを送ったのかと問い詰めるオ氏。
息子が成功するように父なら助けてやらなければと言う。
お前もそう思うのかと聞くイテに、今回はお父さんが間違っていると答えるドジ。
自分には伝染病患者を診ろという、と答えるドジ。
伝染病患者が医院にいるのかと驚くオ氏。

ホジュンとイェジンが代官の家に到着した。
イテじゃないのかと腹を立てる代官。
さっさと帰れと言う代官に、私も医者ですと堂々と答えるホジュン。
その堂々とした態度に、患者を診るように言う代官。
何かあったらイテもホジュンもただではおかないと言う。

患者を診て治療をはじめるホジュンとイェジン。
処方をするとイェジンが準備すると言う。
朝山から水を汲んで来るホジュンに腹を立てる代官と息子。
声を小さくして欲しい、患者がやっと眠ったと言うホジュン。
この水は患者の薬となる水でだと言う。
何もいえない代官と息子。

イルソは薬草人の前で、ホジュンは普通ではない。
いつドジを超えて名医になるかわからないというのを、横で聞くドジ。
腹を立てる。

薬を処方するホジュンに、お前が処方したのかと怒る代官。
イテが処方したのではないのか、イテはいつ来るのかと言う。
私が患者を診たのだから、私が処方して針も刺しますと言うホジュン。
病状が良くならなければお前は生きてはいられない、と言う代官の息子。
死ぬのは怖くないと答える。

夜も寝ないで患者を診ているホジュン。
一時代官の妻の病気が悪化する。
針を打たなければならないというホジュン、イテを待てという代官。
そのまえに亡くなるかもしれませんと答えるホジュン。
気を失う患者。
生かせることができるのかと聞く代官に、精一杯努力すると答えるホジュン。
針を打て、と言う代官。

ホジュンは自分が失敗してイテの迷惑にならないか心配する。
イテはホジュンを信頼できる医者だと言ったではないか、と答えるイェジン。
私も信じています。

患者に針を刺すホジュン。
頭に針をさそうとするホジュンは、イテの言葉を思い出す。
肉眼ではなく、心眼で診る。
針を刺しはじめる。
針を刺すために、胸を開けてくれというホジュン、開けるようにいう言う代官。
腹部も開けろと言う。恥ずかしくて命を失う患者が多いと伝えるホジュン。
皆部屋を出て行くように命じる代官。
針を刺し続けるホジュン。

針治療が終わった。
お疲れ様でしたというイェジン。

部屋を出てくるホジュン。
大丈夫か、と尋ねる代官に、見守らなければならないと答える。
ご苦労だった、と言う代官の息子。

一人涙を流すホジュン。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ホジュン~伝説の心医~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ