韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ133~134話

ホジュン伝説の心医あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
ホジュン~伝説の心医~
さっそく133~134話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ホジュン~伝説の心医~・あらすじです!

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ133~134話

ホジュン~伝説の心医~

『ホジュン~伝説の心医~』はHuluで配信中です!
2週間のお試し期間もあり(^^♪

ホジュンがハニャンからの人々と会って、病気の患者を治療していたことを知る使道は、ウヌクと役人を罰する。
ハニャンにもその知らせが届いた。
医学書編成のためだろうという内医院の代官達

ホジュンは医学書編成を終えた。
東医宝鑑と名前をつける。

ホジュンと接触したという罪で、マンギョンとオグン、サンファは捕らえられる。

ホジュンの家に役人が来て、編集した東医宝鑑を持って行く。

東医宝鑑を読むクァンヘグンは感嘆する。

クァンヘグンはインチョル達上官に、東医宝鑑を見せる。
ホジュンとドジたちが苦労して完成した医学書だという。
私は長期間苦労して医学書を完成させたホジュン達の功労を称えて、ホジュンを呼び戻すという。

ドジは医者、医女達に、ホジュンが戻って来ることを伝える。
喜ぶ医者、医女たち。

使道は捕らえられたウヌクをハニャンに送る。
内医院の医女にするという。

オグンはイルソとヤンテに、東医宝鑑編成の功労により、ホジュンはハニャンに戻って来ると伝える。
喜ぶイルソとヤンテ。

クァンヘグンはホジュンを呼ぶ。
苦労したようだという。
私を許して欲しいという。
二度と私の傍を離れないで欲しいというクァンヘグン。
ホジュンは御医を辞めて、残りの余生を患者達を治療して生きて生きたいという。
クァンヘグンは、ホジュンを傍に置いておきたいのは医術のためだけでないという。
私は今でも覚えています。
私と兄を守ると、ホジュンは私の母と約束したではないですか。
申し訳ありませんが、私は師匠様の墓の前で、貧しい患者を放置しないと約束したという。
今になってやっと、その約束を守れる方法を見つけたというホジュン。
私の傍で師匠様との約束を守ることはできませんかというクァンヘグン。
申し訳ありませんというホジュン。
分かりました、私が会いたい時にはすぐ来てくれますかというクァンヘグンに、もちろんですと答えるホジュン。

ホジュンを喜んで迎える医者、医女達。
ドジはホジュンに席を譲る。
いつから内医院に出勤されるかと聞くドジ。
微笑むホジュン。

ホジュンは家に戻って来る。
タヒを呼ぶ。
二人は抱き合う。
ソン氏を探すホジュンに、タヒがソン氏の病状を伝える。
ホジュンはソン氏の部屋に入る。
ソン氏は干し柿を食べている。
お母さんと呼ぶホジュンに、誰ですかと聞くソン氏。
ホジュンですと近寄ると、逃げるソン氏。
泣くホジュン。

ホジュンはサヌムに帰ると言う。
ヤンテとオグンもサヌムに帰るという。
イルソもサヌムに帰るという。
反対するハマンテク。

ホジュンに会いにオグン、ヤンテが来た。
ホジュンと一緒にサヌムに行くと言う。
ヤンテは、自分が先に行って準備しているから、ゆっくり来てくださいという。

ヤンテとオグンは、昔のユ医院を買い取ってホジュンを待っている。
ホジュン一家がサヌムのユ医院に到着した。
ホンチュンはすぐ必要な薬材を準備したという。
オグンは薬草人をホジュンに紹介する。
昔ユ医院で仕事していた薬草人コクセもいた。

ホジュンは昔イテが使っていた部屋に入る。
イテの遺品がそのままだ。
イテの言葉を思い出すホジュン。
師匠様、私は死ぬまで心医の道を歩みます。見守って下さい。

クァンヘグンは東医宝鑑の編成に関わった医者達を褒める。
東医宝鑑を全国に発行する予算も頂いたという。
クァンヘグンは医者と医女達に食事を振舞う。

スポンサーリンク

サンファが大変だという。
恵民署に庶民達が集まっている。
東医宝鑑に書いてある内容通りにしたら病状がひどくなったという。
東医宝鑑は今やっと編成されたのに、東医宝鑑通りの処方とはどういうことかという。
患者に聞くと、薬屋で東医宝鑑通りに処方したと聞いたと言う。
捕盗庁に報告して、薬屋にある東医宝鑑の本を押収してくる。
内医院の医者という者が、東医宝鑑を取引したという。

クァンヘグンの耳にも入る。
東医宝鑑通りに処方して、逆に死にかけている患者もいるという。
東医宝鑑の発行は止めた方がいいという。

ソヒョンはドジに、内医院の薬材倉庫で東医宝鑑を持ち出すのを見たと言う。
その男を捕まえるドジ。

クァンヘグンはドジを呼ぶ。
東医宝鑑の発行を中断しろという話がある。
ドジは、薬材倉庫にいる男が東医宝鑑の内容を移し替えて売ったが、必要な部分が抜けているのを確認しましたという。
クァンヘグンは、偽物の東医宝鑑を没収して焼いて、東医宝鑑の発行を急ぐように命じる。

イルソはホジュンとヤンテ、オグンがサヌムに行ってから元気がない。
そんなイルソを見てため息をつくハマンテク。
オニョンと婿を呼ぶハマンテク。
私達もサヌムに帰るという。
反対するオニョンと婿。
私もサヌムが懐かしいという。

ホジュンは昔のユ医院で患者の治療をする。
トルセがホジュンを呼びに来る。
ソン氏の状態が悪い。
ソン氏はタヒをつかんで、私にご飯をくれないのかという。
ホジュンがソン氏に会いに行くと、私を許して下さいというソン氏。

自分は昔、どんな病気でも治せると思っていたというホジュン。
ソン氏の今の病状は、私の傲慢さを教えようとしているのだろうという。
これからもっとソン氏の病状は悪化するだろうという。

ホ医院にイルソとハマンテクが到着する。
ヤンテとユウォルも喜ぶ。

お金のない患者が薬を下さいと集まる。
ヤンテは、お金がないならお米でも持って来るのが道理ではないかという。
ホジュンは薬を与えろという。
ヤンテはホジュンに、このままではやりくりができないという。

オグンはヤンテに、そうでなくても大変なホジュンにお金のことをいうなという。
今になってオ氏の気持ちが分かるという。
いい考えがあるというオグン。

オグンはホンチュンとユウォルに話をする。
今ホ医院のやりくりが大変だ。
オグンはホンチュンに、あなたが金持ちの奥さん達を訪問して病気を治療したらどうかという。
それでホ医院の経営が持続できるならそうしますという。

ホジュンは遠い村の患者達を治療しに行くという。
そこで幼い子供が亡くなって運ばれるのを見る。
餓死したという。
ある家から大声が聞こえる。
ホジュンが入る。
子供が意識がない。

餓死ではないというホジュン。
疫病だという。

スポンサーリンク

ここまであらすじを読んでくれてありがとうございます!
えっ、「あらすじじゃ満足できない・・・動画が見たいんだ!」って?
わかりました!次は『ホジュン~伝説の心医~』の動画情報です(。・ω・。)

ホジュン~伝説の心医~ 動画情報

『ホジュン~伝説の心医~』はHuluで見放題です!
2週間お試し期間があるので、もしサービスに納得できなければ簡単に解約できますよ(^^♪
気になる方は、Hulu韓国ドラマ特集ページをチェックしてみてくださいね(^o^)

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

それでは、あらすじの続きはこちらからお楽しみください(^^)

ホジュン~伝説の心医~ あらすじの続き 一覧

「ホジュン~伝説の心医~」前後のお話はこちらから

「ホジュン~伝説の心医~」各話の一覧はこちらから

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ全話

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ