韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ119話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく119話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ119話

早朝にチャンミから電話がかかると、不吉な予感に怖くて出られないホン女史。
義父に促され震える手で電話に出た彼女は、テジャが意識を取り戻したと明るい知らせに声をあげて喜ぶ。

目覚めたテジャは意識もしっかり。「生きててくれるだけで何も望まないわ。」と感謝する母に、「俺の嫌がることは強要しないでくれ。」とちゃっかり取引する。
心配していた脳への影響も問題なく、検査でも無事が確認されるテジャ。

ホン女史に再調査をやめさせるため、親友のテヒなら使えると考えたミンジュだったが、動画事件の犯人がミンジュと知らなかったテヒは驚き、反省もせず頼みごとにやってきたミンジュを軽蔑する。
「あなたの本性に気づかなかった自分自身に腹が立つわ。」

自分の家族の事しか頭にないチェ・ガンヒは、テジャの意識が戻らない今だからこそ弱気になっているホン女史につけこみ再調査取りやめや借金帳消しを頼もうと考える。
チャンミに補償金を返さなかったから病院が潰れたんだと反省するミンチョルは、また今度もあさましい事をすればもっと恐ろしいことになると母を諭すが・・・。

テヒの元へテジャの意識が戻ったと電話が来ると、横で聞いていたミンジュは彼女の後を追いかけテジャの病室に入り込む。
息子を苦しめたミンジュが許せないホン女史は、「一目だけでもテジャさんに会いたい。」とすがりつくミンジュを叩き出し、テジャの容体が落ち着き次第動画再調査を依頼すると念を押す。

父が片思いしていると思ったジュニョクは、ヨンジュに会い気持ちを聞き出そうとするが、二人は、すでに両思いの仲で自分のために再婚を諦めたと知り「今は、友達の関係に戻ったわ。」と明るく言われると、周りの人を傷つけていたのかと自己嫌悪。

ミンジュがホン女史に突き飛ばされると、「あんな人だと思わなかった。」と憤慨するガンヒだが、「母さんもチャンミさんに同じことをしてた。」と冷静なミンチョルは身から出たサビだと母を嘆く。

チャンミへの気持ちを整理し、元のようなあしながおじさんの存在に戻りたいというジュニョクは、父たちの気持ちをチャンミに知らせ、子供たちの為に別れた二人を応援したいと相談する。

スポンサーリンク

テジャのためにバラ餅を作ったチャンミは”このまま一生 別れない”とメッサージを贈り自分からプロポーズする。
「これから先 どんなことがあっても決して離れず私と一緒にいてくれる?」

テジャから邪魔だと病室を追い出された会長は、暇つぶしにビョンムン宅へやってくる。
子供たちに交際がバレた二人は気まずく、ちぢみを作ったヨンジュはそそくさと帰ってしまう。

一方、ジュニョクが後悔しようが動き出した反発勢力は止められず、「タイミングが大事だ。」とイ社長は計画をどんどん進めていく。
大株主の意図に別の思惑を感じ取るジュニョクは、大株主イ・ヨンソクを秘密裏に調査する。

アラさんのために父親を説得しようと田舎に帰っていたポンシェフは、ボコボコに殴られて痛々しい顔で出勤する。
楽しみだった式が出来ないと知りポン父は寝込んでしまい、気がとがめるアラさん。
でも、そこまで思ってくれるポンシェフに感謝し、チャンミの目を盗み、キスをプレゼント。

地方病院の採用が決まり、仕方なく統営までバスで行こうとしていたミンチョルは、見合い相手ハン・ユリに遭遇し無理やり車に乗せられる。
地方までの長距離を乗せてくれる彼女にまだ未練が残っているのかと期待するミンチョルだったが、相変わらずストレートなユリは「あの時 別れておいて正解だったわ。」と遠慮せず、人助けのつもりで車に乗せてあげたの、と哀れみをかける。

大株主イ・ヨンソクが乗っ取り屋だと知ったジュニョクは、ファン家に行き、自分の犯した罪を打ち明け、「会社が危険な状態です。」と会長に報告する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←118話     120話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー