韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ57話

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ57話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく57話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ57話

公演を見ていない事をチャンミがバラしたと思った女史は、親子の仲を裂くチャンミに憎悪を感じる。

手強いチャンミに閉口する女史は、彼女のせいでテジャに初めて暴言を吐かれたとミンジュに相談し、何としても二人を引き裂くようけしかける。

自分の子供の事しか考えていない女史がミンジュを本当に受け入れたのか疑問なテヒは、「お母さんの事を信じないで。」とミンジュを心配する。

日増しに酷くなる女史の誤解に、さすがのチャンミも落ち込むが、「今日はすごく君が恋しい ごめん そしてありがとう。愛しているよ」とテジャからのメールに、彼の為にも自分がもっと努力しなければいけないんだと奮起する。

本部長になって初めて役員会議に出席したテジャだが、会議の内容など全く興味がなく暇を持て余しチャンミからの「私も愛しているわ。」という返信に声を上げて喜ぶ。
重役たちの前で恥をかかされた会長は、母親を泣かせ仕事にも目を向けないテジャに、「これではチャンミとの事を協力できない。」と警告し、会長の怒りはテジャをしっかり教育しないジュニョクに向けられる。

ビョンムンは、翌日になっても不機嫌なヨンジュに「僕は頭の固い人間なので許してください。」と素直に謝り、買い物に行く彼女に車を出して一緒についていく。

一生懸命働くチャンスの仕事ぶりは常連客の評判がよく、生徒が増えてボーナスが期待できそうだと上司に褒められる。
スンワンに自慢しようとしたチャンスだが、仕事中だというのに彼の姿が見当たらず。

大企業に勤めるお姉さま狙いのスンワンは、チャンスにお昼をご馳走にきたチャンディを横取りし二人っきりで昼食に行く。
イケメンスンワンに恋人立候補されたチャンディは、不覚にも彼のペースに巻き込まれてしまう。

何をやってもテジャの母とうまくいかないチャンミは、経験豊かなアラさんに相談する。
義理の両親と上手くいかず離婚したというアラさんだが、真心は必ず通じると話し、冷たくされても懲りずに会いに行き得意な料理をふるまったらどうかとチャンミに勧める。

「彼を育ててくれた人だから、嫌われても尽くしたい。」というチャンミは、母に女史の好物を聞き、ファン家に食事を作りにいく。

家政婦仲間のおばさんは、裏表のないチャンミの人柄を気に入り彼女を迎えいれて女史の夕食を一緒に作る。

しかし、家に勝手に張り込み、嫁面して作られた料理など女史が口にするわけがなく、彼女は新鮮な魚介で作ったという真心こもったチャンミの料理を彼女の見ている前で流しに捨てる。
母の大声に驚いたテヒは、ここまで非情な事をする母が許せず、チャンミを追いかけ車で送ろうとするが、自分のせいで女史を怒らせてしまったチャンミは惨めさと自己嫌悪でテヒの顔が見れず「テジャさんに話さないで。」と彼を気遣いファン家を出て行く。

チャンミが来ていたとは知らなかったテジャは、テヒから事情を聞き、傷ついたチャンミを追いかける。
「俺が守る。」と言っておきながら、知らないところでこんなにもチャンミを泣かせていたと知ったテジャは、壊れてしまいそうなボロボロのチャンミをしっかりと抱きしめる。

「今私に出来る事は耐えることだけなの。」女史が考えなおすと言ってくれただけで十分なチャンミは、どんなに嫌な事が会っても父が亡くなった時よりはマシだと、必死でこらえ「あなたは、絶対お母さんの味方をしてね。決してお母さんを責めたりしないで。」とテジャたちの母息子関係が壊れないように、心配する。

スポンサーリンク

また、今日もカン家にやってきたユリは、お酒を飲むにはまだそこまでの関係ではないとヨンホに言われ、相手の人格を見るには花札が一番だといきなり賭け事を始める。
あぐらをかいてヤクザっぽいユリにミンチョル一家は三人共歯が立たず、掛け金をごっそり持っていかれる。

チャンミをいじめた事がテヒの口から漏れたと知った女史は、息子にどう向い合っていいか分からず訪ねてきたテジャに落ち着かない。
しかし、「不眠症に効くラベンダーティーを飲んで。」と以外にもテジャが優しく、しかもテジャは「昨日は言いすぎた。」と自分の非を謝り、息子の爆発を予測していた女史は、拍子抜け。

ミンジュが考えた新商品のパッケージデザインは原色で、よく目立ち印象的だったが チャンミが派手すぎるのではと意見を述べると、ミンジュは「目立たないと広告効果も期待できません」と彼女をバカにする。
しかし、商品に自信を持っているチャンミは、パッケージはあくまでも引き立て役だと主張しテジャやジュニョクまでもチャンミの意見に賛同する。

デザインの事など何も分かっていないチャンミに意見されたミンジュは、彼女の嫌がらせだと思い公私混同するチャンミに難癖をつける。

帰社するテジャを捕まえチャンミとの邪魔をしたいミンジュは、妹モードで近づき、チャンミたちに手料理をご馳走するというテジャに「私が手伝ってあげる。」と強引に車に乗り込む。
買い物して疲れたテジャは風邪気味でミンジュの買ってきた薬を飲み、眠くなった彼はミンジュに運転を代わってもらい助手席で寝てしまう。

珍しくテジャからの連絡が遅いので気になったチャンミが電話をかけるとミンジュがテジャの電話に出て「彼は隣で寝ているわ。」とチャンミに意地悪する。
ミンジュの嫌がらせだと思ったチャンミは「彼を起こして。」とミンジュに怒り、薬を飲んで熟睡していたテジャは起こされても目を覚まさず「眠いんだ、寝かせてくれ。」という彼の声がチャンミに聞こえてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←56話     58話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ