韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ46話

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ46話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく46話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ46話

ガンヒから版画をもらったホン女史は、ミンジュにお礼だと言って自分のコレクションの中から彼女に似合いそうな指輪をプレゼントする。

海苔巻きとトッポギを昼休憩に食べるテジャは、食事そっちのけでチャンミの顔をマジマジと見つめ、落ち着かない彼女が後ろを向くと、「いや~後ろ姿もセクシーだね。」とチャンミをからかう。

ミンジュは、ホン女史からもらった指輪が失くなったと騒ぎたて、どういうわけかヨンジュのバッグから指輪が見つかり、騒動を起こされたくなければ大人しくしていろとヨンジュの弱みを握る。

週末温泉スパをヨンジュ母娘のために予約したテジャであったが、ヨンジュは指輪がなぜ自分のバッグから出てきたのかと心配でスパに行く気になれず「車もないのにどうやって行くのよ。」と苛立つ。

ミンジュは家政婦に指輪をネコババされた話をテヒにバラし、その家政婦がチャンミの母親だと説明する。

ヨンジュのために、さっぱりした鴨肉を食べに行こうとしたテジャだが、食事も断られ、チャンミと二人、週末デートを何にするか久しぶりにクジで決めることに。
 ”児童養護施設に行く”チャンミの願いで養護施設に行くことになった二人は、旧正月を前に子供たちへのプレゼントを用意する。
子供の為に餅を作るチャンミは全員の名前を覚えており、彼女の父からの教えにテジャは感動する。

施設では「おじさん。」と呼ばれるテジャだったが、懐いてくる可愛い子どもたちに進んで施設の仕事を買ってでる。
慈善事業など全く縁の無かったテジャは、親をなくし寂しい思いをしている子供たちに寄り添うことが出来、今までにない充実感を味わえたのはチャンミのお陰だと感謝する。

塞ぎこんでいたヨンジュはビョンムンに誘われ久しぶりに柔道教室へ。
護身術として背負い投げを教わるビョンムンは、密着度の高い技に及び腰。
先生の教えにやる気の出てきたミンジョンは、鼻息荒くビョンムンの胸ぐらを掴み勢い良く投げ飛ばす。
隙ありあり のビョンムンは柔道着がはだけ、たるんだ胸が丸見えで赤面。

身体を動かしてスッキリしたヨンジュは、ファン家であった盗みの一件をビョンムンに相談する。
ミンジュをよく知るビョンムンは、彼女が嘘をつく必要がないと首を傾げ、問題が大きくなる前に早く家事代行を辞めるべきだと忠告するが、「今辞めれば盗みを認めることになるわ。」とヨンジュは機会を逃してしまう。

スポンサーリンク

ファン会長の治療は功を奏し、症状も安定してきたと医者に言われるのだが、胸の苦しみは相変わらずで咳に悩まされる。
健康診断で病院に来ていたジュニョクは、会長が秘書も連れず一人で風邪薬をもらいに来たと話し、苦しそうに胸をおさえるのがどうも気になってキム秘書に会長の体調を確認する。

以前チャンスに暴行を受けて依頼、彼を見ると身体が拒絶反応を起こしていたミンチョルだったが、告訴を示談にしたことでエレベーターでチャンスに会っても強気で注意することが出来、過去のトラウマからやっと脱出。

テヒをダシに使いテジャをランチに呼び出したミンジュ。
兄妹喧嘩中のテヒは、テジャの顔を見るや帰ってしまう。
計算通りにテジャと二人っきりのランチを楽しめるはずのミンジュだったが、テジャは口を開けばチャンミチャンミ。
ミンジュとランチしていてもチャンミに持ち帰るメニューを気にし、車で送るというミンジュの誘いもチャンミに悪いからとタクシーで帰ってしまう。

チャンミの為にピザをデリバリーしたテジャは、美味しそうに食べる彼女を見ているだけで満腹。

テジャがチャンミを愛せば愛すほどミンジュは、どんどん彼に執着し、チャンミを苦しめたいミンジュはヨンジュの窃盗騒ぎをホン女史に報告する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←45話     47話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ